ニュース
» 2018年07月08日 11時00分 公開

1915年誕生「和文タイプライター」はいまだ現役だった! 日本の印刷を大きく支えた機械と人がつむぐ、103年後の言葉とは(1/5 ページ)

いまでも戸籍や司法書士の関係者には現役で使われています。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 文字を入力する業務用の機器といえば、いまはパソコンが一般的。その前はワープロ。ではその前は……実は国内でその座を長きにわたり保持していたのが、「和文タイプライター」でした。

 アルファベットを打てば用が足りる英文のタイプライターとは違い、「和文タイプライター」では多くの種類の文字を扱います。特に漢字の数は膨大で、2000字をゆうに超える膨大な活字の中から使用する字を探し出して打ち出す、まさに「職人芸」が必要とされました。


和文タイプライター 2000字以上の活字の中から、使用する字を探し出して打ち出す「和文タイプライター」
和文タイプライター 実用邦文タイプライター教科書(竜成社出版部)より

 その和文タイプライターは1915年に活版術改良協会の技術主任だった杉本京太氏により「邦文タイプライター」として発明されたもの。これにより日本語の文書作成は一気に効率化し、1920年代以降の政府公文書や企業の商用文の多くはこれで作成されました。

 日本の特許制度が100周年を迎えた1985年4月18日を記念して特許庁が「日本の発明家十傑」を選定した際には、この杉本氏の和文タイプライターも選ばれたほど。


実は1999年まで製造されていた

 その和文タイプライターも、ワープロが普及する1980年代からは急速に姿を消していったものの、実は少なくとも1999年5月という最近まで生産されていました。その和文タイプを駆逐したワープロがパソコンに押され、わずか4年後の2003年9月に生産終了となったのは皮肉なことです。


和文タイプライター 生産中止の発表を知らせる記事(日刊工業新聞 1999年5月13日号より)

 いわば“前々時代的”とでも言うべき入力機械の和文タイプライターですが、実はまだ使われている場所が少しだけあるのです。


まだ和文タイプライターを使う自治体も残っている!

 例えば全国の役所。戸籍をコンピュータで扱う電算化はかなり進んでいますが、京都府笠置町、北海道夕張市などの役所でまだ和文タイプライターが使用されています※1

【訂正:2018年7月8日18時20分 初出で「新潟県加茂市」としていましたが、京都府笠置町の誤りでした。お詫びして訂正いたします】

 その中の1つである、京都府笠置町役場・戸籍担当の森本さんにお話を伺ったところ、戸籍をいまだ紙で管理していて、戸籍の届け出があったときに和文タイプライターを使うそうです。

※1……既に電算化されている自治体でも、古い戸籍を扱う際には和文タイプライターを使う場合もあるとか。


和文タイプライター 2018年度中に和文タイプライターの使用を終える、京都府笠置町(公式Webサイトより)

 しかし、2018年度中の戸籍の電算化が決まり、和文タイプを使うのはあとわずか。「和文タイプライターは手書きでもコンピュータでもなく、特殊なもの。寂しいとまでは行かないけれども、なくなることは残念やなとは思います」と語っています。


和文タイプライターを多く扱う、極めて希少な一店

 現在、日本で和文タイプライターの灯火を残す最後の砦……かもしれない店が福島にあります。貴重な和文タイプライターを複数台取り扱い、修理および消耗品や本体の販売を行う菅沼タイプライター福島販売さん。そこでこの道50年以上の佐々木直志さんと奥さんにお話を伺いました。


和文タイプライター 現代的な店構え

和文タイプライター 和文タイプライター一筋に50年以上。佐々木直志さん(恥ずかしがり屋の奥さんは撮影と名前NG)

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」