コラム
» 2018年07月16日 11時30分 公開

暗いところで猫の写真を撮ると、目が光る理由

原因は、人間にはない“目の構造物”。

[ねとらぼ]

 夜、暗いところで猫の写真を撮ったら、目がピカピカ光っていた―― こんな現象が起こるのは、猫が“人間の目にはない構造物”を持っているから。一体、どんなものなのでしょうか。

暗いところで猫の写真を撮ると、目が光る理由

 人間がものを見ることができるのは、目に飛び込んできた光に視細胞が反応するから。これは他の生物にも共通している仕組みなのですが、猫などの生物の目には、人間にはない「タペタム」「輝板」と呼ばれる構造物があります。

 タペタムには光を反射するはたらきがあり、視細胞は「目に入ってきた光」「それがタペタムで反射した光」の両方に反応。これにより、弱い光でもものが見えるようになるのだそうです。

 人間の場合、暗い場所でフラッシュ撮影などを行うと、目が赤く写る「赤目現象」が起こることがありますが、この原因は「瞳孔が閉じる間もなく、フラッシュの光が網膜に届き、その血管の色が写真に写ってしまう」ことだそうです。

 暗い場所でフラッシュ撮影をしたとき、猫の目が光る現象も原理的には赤目現象と一緒。しかし、タペタムが反射板のような役割をするため、目が光を放っているような写り方になるのだといいます。









 なお、猫は夜目が利く一方、強い光には弱いといわれており、暗闇でフラッシュ撮影を行うと目に悪影響を及ぼす可能性があるとのこと。ペットなどの写真を撮る際には、気を付けるようにしたいものです。

主要参考文献


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」