コラム
» 2018年07月20日 20時30分 公開

どうしてもスマホゲー課金が止まらない! 「意志の力」では課金をやめられない人のためのライフハック

「意志の力で課金をやめる」ではなく、「課金ができなくなる」仕組み作りを。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 「スマートフォンのゲームへの課金が止まらない」――そんな“課金依存”が社会問題になっています。無(理のない)課金で遊んでいるうちは楽しいゲームも、日常生活に支障を来すようなら本末転倒。課金と適切に付き合うライフハックをまとめました。

「ゲーム課金をやめたい、でもやめられない」人に向けたライフハックをご紹介

「意志の力」は難しい

 課金したいという気持ちを抑える方法としてよく紹介されるのは、「クレジットカードと携帯キャリア払いの登録に注意」「毎月の課金予算を決めておく」「自分の身の丈に合った課金をする」など。しかし中には、「それで課金が止められるなら苦労しないんだよ!」と叫びたくなる人もいるのではないでしょうか。

 「どうしても課金してしまう」のレベルは人それぞれ。「意識を変える」「好きなキャラを諦める」「しょせんゲームだと割り切る」といった“自分の意志”に頼るやり方では、課金欲を抑えられない人もいます。

 記者の友人Aさんは「意志の力が弱い」タイプ。さらに不運なことに、Aさんの会社の同僚が月に10万円以上を課金する「重課金兵」だったことで、課金欲を煽られ続けていました。つまり、周りの人が「○○引いたわ〜」という報告をしてくることで、そこまで欲しくないキャラでも「引かなくてはいけない気になっていた」のだとか。

 しまいにはガチャに新規キャラが実装されるたび、平均2万円を「なんとなく課金」していたというAさん。特に深夜や疲れている日はガチャを回すのが止められず、翌朝後悔することも多かったといいます。

 Aさんはまずは「欲しいキャラ以外は課金しない」と意志の力で止めようとしていましたが、あえなく失敗。そこでAさんは記者に「課金欲を抑える術を教えてほしい」と相談。記者も課金欲には弱いタイプなので、Twitterでアンケートを取ったところ、300人超が回答してくれました。

Aさんが選んだ「課金をできなくする仕組み」

 アンケートでは、さまざまな課金対策を教えてもらいました。多かったのは、「ストアアカウントとクレジットカードとの連携を切り、iTunesカードやGoogle Playカード(物理)でのみ課金をする」方法。衝動的な課金を避けることができますし、物理的にカードが残ることで、自分が使った額を目に見える形で実感することもできます。

 Aさんはしばらくこの方法を試してみましたが、これでもダメ。課金は止まりませんでした。「iTunesカードやGoogle Playカードはネットで買えてしまう。さらに定価よりも安く買えることもあるので、むしろ罪悪感が減ってしまった」といいます。

 最終的にAさんがたどり着いたのは、複数の方がオススメしていたiOS・Androidの「機能制限」。パスワードを設定することで、端末からのコンテンツ購入を制限する方法です。

 コンテンツの購入ができないため、iTunesカードやGoogle Playカードからも課金できないのがポイント。Aさんは第三者にパスワードを(Aさんが分からないように)設定してもらい、自分の端末からは課金ができないようにしました。

iOSの場合

  • 「設定」→「一般」→「機能制限」をタップ
  • 「機能制限を設定」をタップ
  • 機能制限のパスコードを作成し、入力して確定する
  • 「App内課金」をオフに

Google Playの場合

  • Google Playストアアプリを起動
  • メニューアイコン→「設定」をタップ
  • 「購入時には認証を必要とする」をタップ
  • 「この端末で Google Play から購入するときは常に」を選択
  • 認証用のパスワードを作成し、入力して「OK」をタップする

 Aさんは機能制限後、数日間はあてずっぽうにパスワードを入力してみることもありましたが、1週間もすれば「課金欲がウソのようになくなった」といいます。機能制限を行ってから1カ月が経過していますが、穏やかに日々を過ごしているそうです。

LINEスタンプなども端末からは購入できなくなります

 なお、「どうしてもこの推しだけは引きたい」という気持ちが生まれてくるのも“あるある”でしょう。その場合は、パスワードを設定した第三者に「このキャラが欲しい理由」をプレゼンして協議の上、制限解除をするかどうか決めるとのこと。

 「どうしてもやめられない」「もうやりたくないのにやめられない」のは、依存症の域に入っています。依存状態に入ると、自分の意志の力でコントロールすることは難しいと言われています。

 「課金をしない意志」ではなく「課金ができなくなる仕組み」によって、課金依存から抜け出してみるのはいかがでしょうか。それでも収まらず、日常に支障を来すようでしたら、プロの手を借りる――保健所や精神科などへの相談を検討してみてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」