コラム
» 2018年07月20日 20時30分 公開

どうしてもスマホゲー課金が止まらない! 「意志の力」では課金をやめられない人のためのライフハック

「意志の力で課金をやめる」ではなく、「課金ができなくなる」仕組み作りを。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 「スマートフォンのゲームへの課金が止まらない」――そんな“課金依存”が社会問題になっています。無(理のない)課金で遊んでいるうちは楽しいゲームも、日常生活に支障を来すようなら本末転倒。課金と適切に付き合うライフハックをまとめました。

「ゲーム課金をやめたい、でもやめられない」人に向けたライフハックをご紹介

「意志の力」は難しい

 課金したいという気持ちを抑える方法としてよく紹介されるのは、「クレジットカードと携帯キャリア払いの登録に注意」「毎月の課金予算を決めておく」「自分の身の丈に合った課金をする」など。しかし中には、「それで課金が止められるなら苦労しないんだよ!」と叫びたくなる人もいるのではないでしょうか。

 「どうしても課金してしまう」のレベルは人それぞれ。「意識を変える」「好きなキャラを諦める」「しょせんゲームだと割り切る」といった“自分の意志”に頼るやり方では、課金欲を抑えられない人もいます。

 記者の友人Aさんは「意志の力が弱い」タイプ。さらに不運なことに、Aさんの会社の同僚が月に10万円以上を課金する「重課金兵」だったことで、課金欲を煽られ続けていました。つまり、周りの人が「○○引いたわ〜」という報告をしてくることで、そこまで欲しくないキャラでも「引かなくてはいけない気になっていた」のだとか。

 しまいにはガチャに新規キャラが実装されるたび、平均2万円を「なんとなく課金」していたというAさん。特に深夜や疲れている日はガチャを回すのが止められず、翌朝後悔することも多かったといいます。

 Aさんはまずは「欲しいキャラ以外は課金しない」と意志の力で止めようとしていましたが、あえなく失敗。そこでAさんは記者に「課金欲を抑える術を教えてほしい」と相談。記者も課金欲には弱いタイプなので、Twitterでアンケートを取ったところ、300人超が回答してくれました。

Aさんが選んだ「課金をできなくする仕組み」

 アンケートでは、さまざまな課金対策を教えてもらいました。多かったのは、「ストアアカウントとクレジットカードとの連携を切り、iTunesカードやGoogle Playカード(物理)でのみ課金をする」方法。衝動的な課金を避けることができますし、物理的にカードが残ることで、自分が使った額を目に見える形で実感することもできます。

 Aさんはしばらくこの方法を試してみましたが、これでもダメ。課金は止まりませんでした。「iTunesカードやGoogle Playカードはネットで買えてしまう。さらに定価よりも安く買えることもあるので、むしろ罪悪感が減ってしまった」といいます。

 最終的にAさんがたどり着いたのは、複数の方がオススメしていたiOS・Androidの「機能制限」。パスワードを設定することで、端末からのコンテンツ購入を制限する方法です。

 コンテンツの購入ができないため、iTunesカードやGoogle Playカードからも課金できないのがポイント。Aさんは第三者にパスワードを(Aさんが分からないように)設定してもらい、自分の端末からは課金ができないようにしました。

iOSの場合

  • 「設定」→「一般」→「機能制限」をタップ
  • 「機能制限を設定」をタップ
  • 機能制限のパスコードを作成し、入力して確定する
  • 「App内課金」をオフに

Google Playの場合

  • Google Playストアアプリを起動
  • メニューアイコン→「設定」をタップ
  • 「購入時には認証を必要とする」をタップ
  • 「この端末で Google Play から購入するときは常に」を選択
  • 認証用のパスワードを作成し、入力して「OK」をタップする

 Aさんは機能制限後、数日間はあてずっぽうにパスワードを入力してみることもありましたが、1週間もすれば「課金欲がウソのようになくなった」といいます。機能制限を行ってから1カ月が経過していますが、穏やかに日々を過ごしているそうです。

LINEスタンプなども端末からは購入できなくなります

 なお、「どうしてもこの推しだけは引きたい」という気持ちが生まれてくるのも“あるある”でしょう。その場合は、パスワードを設定した第三者に「このキャラが欲しい理由」をプレゼンして協議の上、制限解除をするかどうか決めるとのこと。

 「どうしてもやめられない」「もうやりたくないのにやめられない」のは、依存症の域に入っています。依存状態に入ると、自分の意志の力でコントロールすることは難しいと言われています。

 「課金をしない意志」ではなく「課金ができなくなる仕組み」によって、課金依存から抜け出してみるのはいかがでしょうか。それでも収まらず、日常に支障を来すようでしたら、プロの手を借りる――保健所や精神科などへの相談を検討してみてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」