コラム
» 2018年07月20日 20時30分 公開

どうしてもスマホゲー課金が止まらない! 「意志の力」では課金をやめられない人のためのライフハック

「意志の力で課金をやめる」ではなく、「課金ができなくなる」仕組み作りを。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 「スマートフォンのゲームへの課金が止まらない」――そんな“課金依存”が社会問題になっています。無(理のない)課金で遊んでいるうちは楽しいゲームも、日常生活に支障を来すようなら本末転倒。課金と適切に付き合うライフハックをまとめました。

「ゲーム課金をやめたい、でもやめられない」人に向けたライフハックをご紹介

「意志の力」は難しい

 課金したいという気持ちを抑える方法としてよく紹介されるのは、「クレジットカードと携帯キャリア払いの登録に注意」「毎月の課金予算を決めておく」「自分の身の丈に合った課金をする」など。しかし中には、「それで課金が止められるなら苦労しないんだよ!」と叫びたくなる人もいるのではないでしょうか。

 「どうしても課金してしまう」のレベルは人それぞれ。「意識を変える」「好きなキャラを諦める」「しょせんゲームだと割り切る」といった“自分の意志”に頼るやり方では、課金欲を抑えられない人もいます。

 記者の友人Aさんは「意志の力が弱い」タイプ。さらに不運なことに、Aさんの会社の同僚が月に10万円以上を課金する「重課金兵」だったことで、課金欲を煽られ続けていました。つまり、周りの人が「○○引いたわ〜」という報告をしてくることで、そこまで欲しくないキャラでも「引かなくてはいけない気になっていた」のだとか。

 しまいにはガチャに新規キャラが実装されるたび、平均2万円を「なんとなく課金」していたというAさん。特に深夜や疲れている日はガチャを回すのが止められず、翌朝後悔することも多かったといいます。

 Aさんはまずは「欲しいキャラ以外は課金しない」と意志の力で止めようとしていましたが、あえなく失敗。そこでAさんは記者に「課金欲を抑える術を教えてほしい」と相談。記者も課金欲には弱いタイプなので、Twitterでアンケートを取ったところ、300人超が回答してくれました。

Aさんが選んだ「課金をできなくする仕組み」

 アンケートでは、さまざまな課金対策を教えてもらいました。多かったのは、「ストアアカウントとクレジットカードとの連携を切り、iTunesカードやGoogle Playカード(物理)でのみ課金をする」方法。衝動的な課金を避けることができますし、物理的にカードが残ることで、自分が使った額を目に見える形で実感することもできます。

 Aさんはしばらくこの方法を試してみましたが、これでもダメ。課金は止まりませんでした。「iTunesカードやGoogle Playカードはネットで買えてしまう。さらに定価よりも安く買えることもあるので、むしろ罪悪感が減ってしまった」といいます。

 最終的にAさんがたどり着いたのは、複数の方がオススメしていたiOS・Androidの「機能制限」。パスワードを設定することで、端末からのコンテンツ購入を制限する方法です。

 コンテンツの購入ができないため、iTunesカードやGoogle Playカードからも課金できないのがポイント。Aさんは第三者にパスワードを(Aさんが分からないように)設定してもらい、自分の端末からは課金ができないようにしました。

iOSの場合

  • 「設定」→「一般」→「機能制限」をタップ
  • 「機能制限を設定」をタップ
  • 機能制限のパスコードを作成し、入力して確定する
  • 「App内課金」をオフに

Google Playの場合

  • Google Playストアアプリを起動
  • メニューアイコン→「設定」をタップ
  • 「購入時には認証を必要とする」をタップ
  • 「この端末で Google Play から購入するときは常に」を選択
  • 認証用のパスワードを作成し、入力して「OK」をタップする

 Aさんは機能制限後、数日間はあてずっぽうにパスワードを入力してみることもありましたが、1週間もすれば「課金欲がウソのようになくなった」といいます。機能制限を行ってから1カ月が経過していますが、穏やかに日々を過ごしているそうです。

LINEスタンプなども端末からは購入できなくなります

 なお、「どうしてもこの推しだけは引きたい」という気持ちが生まれてくるのも“あるある”でしょう。その場合は、パスワードを設定した第三者に「このキャラが欲しい理由」をプレゼンして協議の上、制限解除をするかどうか決めるとのこと。

 「どうしてもやめられない」「もうやりたくないのにやめられない」のは、依存症の域に入っています。依存状態に入ると、自分の意志の力でコントロールすることは難しいと言われています。

 「課金をしない意志」ではなく「課金ができなくなる仕組み」によって、課金依存から抜け出してみるのはいかがでしょうか。それでも収まらず、日常に支障を来すようでしたら、プロの手を借りる――保健所や精神科などへの相談を検討してみてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」