コラム
» 2018年07月24日 11時00分 公開

【マンガ】夏の甲子園、留年しまくれば“超高校級”の選手になれるのか

高校球児(22歳)とかダメなの?

[ねとらぼ]

 今年もやってきた、夏の甲子園。例年、超高校級の選手に注目が集まりますが、こんなことを考えたことはありませんか?

 「留年を繰り返して何度も甲子園に出場すれば、いろいろな意味で“超高校級”になれるのではないか」。

 高校4年生、5年生……と年齢を重ねれば練習できる期間が伸びますから、実力的にも有利なはず。しかし、このような選手を見掛けないのはなぜなのでしょうか。

解説

 春の甲子園(選抜高等学校野球大会)、夏の甲子園(全国高校野球選手権大会)に出場できる選手は、大まかに言うと高校生。ですが、参加者資格を見ると、以下のようなさらに細かい規定が設けられています。

  • 開催年4月2日時点で満18歳以下のもの
  • 高等学校在籍3年以下のもの(学年ではなく、高校やそれに準ずる学校に在籍していた年数が問題になる)

※一部例外も設けられていますが、基本的には「15〜18歳の高校3年間」が対象となる。

 つまり、1回留年して“高校4年生(19歳)”になった場合は、たとえ高校球児だとしてもダメというわけです。ちなみに、こういった規定は後から用意されたもので、かつては大学野球経験者が出場したこともあったといいます。

おまけマンガ



主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」