ニュース
» 2018年08月06日 16時20分 公開

注目集まる「アビス・ホライズン」訴訟問題 「艦これAC」は“パクリゲーム訴訟”暗黒の歴史を塗り替えられるか

著作権に詳しい弁護士に、争点について解説してもらいました。

[池谷勇人ねとらぼ]

 既報の通り、セガ・インタラクティブおよびC2プレパラートは去る7月11日、同社の「艦これアーケード(艦これAC)」の権利を侵害しているとして、スマートフォン用ゲーム「アビス・ホライズン」の配信差し止めを求め、東京地方裁判所に対し仮処分命令申し立てを行いました。



艦これAC アビス・ホライズン艦これAC アビス・ホライズン 「艦これAC」(左)と「アビス・ホライズン」(右)

 これまでにも、DeNAの「釣りゲータウン」や、アスキーの「エムブレムサーガ」など、類似ゲーム(いわゆる“パクリ”)を巡る裁判はたびたび話題になってきました。最近でも、バトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)」の運営会社が、「荒野行動」「Rules of Survival」に対し配信差し止めを求める訴訟を起こしたのは記憶に新しいところです(関連記事)。

 「艦これAC」側が今回主張しているのは、「著作権侵害」と「不正競争防止法違反」の2点。しかし「アビス・ホライズン」側は公式サイトで「セガ及びC2の主張には理由がなく、『アビス・ホライズン』に違法な点はないと考えています」とコメントしており、全面的に争う姿勢を見せています。



 ただ、過去の事例を見るかぎり、ゲームに限らず“アイデア”は著作権の保護対象外であるため、ゲームの類似が著作権侵害に認定されることはほぼありませんでした。前述の「釣りゲータウン」を巡る裁判でも、最高裁判所は最終的に、原告であるグリーの訴えを退け、「釣りゲータウン」は著作権侵害にあたらないとの判決を下しています。

 果たして「艦これAC」側は、こうした“暗黒の歴史”を塗り替えられるのか。スマートフォン用アプリの著作権に詳しい、東京フレックス法律事務所の中島博之弁護士(@yukimahiro77)に聞きました。


「アビス・ホライズン」は著作権侵害なのか

―― 今回の訴訟では、著作権法と不正競争防止法の2点が問題視されています。まずは著作権の観点から、「アビス・ホライズン」についてどう見ますか。

中島弁護士:ゲームシステム(特に索敵〜戦闘まで)や、艦隊を擬人化したキャラをモチーフにしている点などは確かに似ていますが、著作権法では単なるアイデアや、創作とまでは言えない表現・ゲームシステムは保護されません。

 一方で、ゲームプログラムのソースコードやキャラクターなどは著作物として保護される傾向にあります。例えば記憶に新しいのが、わずか1日でサービス終了したプラウザゲーム「カオスサーガ」でしょう。これはスクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジーXI」から、キャラクターなどのモデリングデータをそのまま流用しており、データの流用やキャラクターのデッドコピーに基づく著作権侵害を理由に、1日でサービスが終了しました(関連記事)。


艦これAC アビス・ホライズン 「ファイナルファンタジー11」のキャラクターモデリングをそのまま流用していた「カオスサーガ」

 また、最近の海外の事例ですと、ワーナー・ブラザーズがリリースした「Westworld」というスマートフォン用ゲームが、ベセスダの「Fallout Shelter」に酷似していたことから、やはり著作権侵害などを理由に訴訟となっています。ベセスダは「Westworld」が「Fallout Shelter」のソースコードを流用していると主張しており、その根拠として、同じバグまで「Westworld」内で再現できることを挙げています。こちらはまだ係争中ですが、一般的にソースコードは著作物性が認められることが多いため、ベゼスタ社が流用の立証に成功すれば、かなり有利になるのではないかと思います。


艦これAC アビス・ホライズン艦これAC アビス・ホライズン 「Fallout Shelter」(左)と「Westworld」(右)

 これらを踏まえると、本件でも、例えば「アビス・ホライズン」が「艦これAC」のキャラクターやソースコードを流用しているような事情があれば、著作権侵害が認められる可能性はあります。



艦これAC アビス・ホライズン 「連装砲ちゃん」そっくりな敵キャラクター(画像はツイートより抜粋)

―― なるほど、そのあたりが立証できなかった場合はどうでしょう。

中島弁護士:キャラクターやソースコードの流用がなかった場合、前述した「ゲーム中の似通っている点」が争点になってくると思います。

 日本における有名な裁判例では、グリーの「釣り★スタ」が、DeNAの「釣りゲータウン」を訴えた事例があります(こちらも本件と同じく、著作権法と不正競争防止法が主な争点となっています)。

 この裁判では、ゲーム中の「魚の引き寄せ画面や影像が似通っている」として、著作権侵害が争点の1つとなりました。しかし控訴審では、釣りゲームにおける水・魚・釣り糸などの表現は他のゲームでも似通っている表現があること、また実際の水中の表現と比較してもありふれたものであるとして、著作権上保護されない部分の共通性は考慮されず、「釣りゲータウン」は「翻案(著作権侵害)に当たらない」と判断されています。


艦これAC アビス・ホライズン艦これAC アビス・ホライズン グリーの「釣り★スタ」(左)と、DeNAの「釣りゲータウン」(右)

―― 「釣り★スタ」と「釣りゲータウン」は見た目もゲームシステムもかなり似ていましたが、それでも著作権侵害にはならなかったんですね。

中島弁護士:後述する「ファイアーエムブレム訴訟」でも、ゲーム画面・影像の共通性による著作権侵害は認められませんでしたから、ゲームの画面や影像が似ているというだけで著作権侵害を認めさせるにはかなりのハードルがあると考えられます。

 「艦これAC」と「アビス・ホライズン」でも、例えば画面の左右に表示される敵味方のステータス表示などは、ゲーム画面という制約上、画面端に表示せざるを得ないですし、また戦艦をモチーフにしていることから、ダメージの状況を「大破」「中破」などと表示することは「ありふれた表現」と判断されるかもしれません。

―― 著作権侵害が認められるとしたら、どのような流れになるのでしょう。

中島弁護士:まずは「艦これAC」の索敵シーンや戦闘シーンが“著作物”として保護対象であることを認めさせなければなりません。そのうえで、さらに「アビス・ホライズン」における類似シーンが「艦これAC」の表現を模倣していると立証できれば、著作権侵害があると認められる可能性はあります(本記事では依拠性については割愛します)。


艦これAC アビス・ホライズン 「アビス・ホライズン」の戦闘シーン

「不正競争防止法」なら勝てる可能性は?

―― もう1つの争点である「不正競争防止法」についてはいかがですか。

中島弁護士:有名なものとして、先ほど触れた「ファイアーエムブレム訴訟」があります。これは当時アスキーが発売しようとしていた「エムブレムサーガ」に対し、任天堂が販売差し止めを求めていたものです。同社の「ファイアーエムブレム」にタイトルが類似していることから、不正競争防止法2条1項1号の「混同を生じさせる行為」に該当する、というのがその根拠でした(※)。この裁判では任天堂側の主張が認められており、「エムブレムサーガ」は結局、タイトルを「ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記」に変更して発売しています。

※なお、上記判決までには400以上の証拠提出やさまざまな主張・反論が繰り返されており、判決文も100頁を超えますがここでは割愛します


艦これAC アビス・ホライズン 「ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記」。発表段階では「エムブレムサーガ」というタイトルだった(画像はAmazon.co.jpより)

―― ということは、不正競争防止法なら勝てる可能性がある?

中島弁護士:ただ、この裁判で決め手になったのは、タイトルの「エムブレム」の部分でした。この視点で考えると、「艦これAC」と「アビス・ホライズン」ではタイトルが全く異なりますので、同じ理屈で不正競争防止法違反が認められる可能性は低いと考えます。

―― なるほど。ゲーム画面の類似が「混同を生じさせる行為」と判断される可能性はないのでしょうか。

中島弁護士:実はファイアーエムブレム裁判でも、また前述の釣りゲーム裁判でも、ゲームの画面や影像が不正競争防止法における「商品等表示(※)」にあたるかは争点になっていました。しかし結局、判決ではゲームにおける「商品等表示」はあくまでタイトルやロゴなどであるとされ、画面や影像については認められませんでした。

※その商品が何であるかを消費者が判断するための表示

―― それでは「アビス・ホライズン」が不正競争防止法に該当する可能性は全くない……?

中島弁護士:ただ、ファイアーエムブレム裁判ではゲームの影像について、「それ自体が商品の出所表示を本来の目的とするものではない」としつつも、「ゲーム影像及びその変化の態様が商品等表示と認められるには、当該ゲーム影像及びその変化の態様が、ゲームタイトルなどの本来の商品等表示と同等の商品等表示機能を備えるに至り、商品等表示として需要者から認識されることが必要」と判断しています。

―― ええと、ざっくり言うと「ゲームの映像がタイトルやロゴなどと同じように、商品を区別するための表示としてユーザーから認識されていれば、不正競争防止法に該当する可能性もある」ということでしょうか。

中島弁護士:そんなところです。また過去には、「スペースインベーダー」におけるインベーダーの動きやゲーム進行の映像が「商品等表示」に該当するとして、類似ゲームについて不正競争防止法違反を認めた判例もあります。

 例えば「艦これAC」を遊ぶユーザーは、索敵した後、戦闘に入り、敵を倒すことをゲームの主目的の1つとしていると考えられます。従って、似通っていると言われているゲームシステムである索敵〜戦闘シーンが、ユーザーの間で「艦これAC」の“ゲームタイトルと並ぶ主要素である”と広く認識されていることを立証できれば、不正競争防止法違反が認められる可能性があると思います。


艦これAC アビス・ホライズン 「アビス・ホライズン」のゲーム画面。これら一連の映像が、ゲームタイトルを判断するための「商品等表示」に該当するかが分かれ目に

―― 「ゲームタイトルと並ぶ主要素であると認識されている」というのはどうしたら立証できると思いますか。

中島弁護士:「艦これAC」の筐体における表示や、公式サイト・情報誌・広告などでの紹介方法などをとりあげることが考えられます。

―― タイトルだけでなく「ゲーム画面も表示の一部として使われている」というのを立証するわけですね。

中島弁護士:また、極端な例を挙げれば、「『艦これAC』の代名詞である戦闘システムやキャラクターをアーケードに近い状態で移植してくれてうれしいです。おかげで名前は違いましたが『艦これAC』のスマホ版とすぐに分かりました」など、明らかに「艦これAC」と混同しているようなレビューがアプリストア内に多数あったりすれば、ユーザーの誤認を証明することにつながると思います。


艦これAC アビス・ホライズン 「アビス・ホライズン」のレビューの一部。「艦これACのパクリ」といった声もありますが、中島弁護士によれば、「パクリだと指摘しているということは、逆に“本家との違いを認識できている”ということなので、不正競争防止法の観点からはセガ側の立証に不利になる可能性があります」とのこと

もし勝つことがあれば大きな前例になる、が……

 ゲームの類似を巡る裁判はこれまでにもありましたが、基本的には「ゲームのアイデアやシステムに著作権はない」というのが裁判所の判断で、不正競争防止法で勝訴した「ファイアーエムブレム裁判」「スペースインベーダー裁判」などの例外を除いて、いわゆる“オリジナル”側にとっては厳しい結果が続いています。しかしそれだけに、もしも今回「PUBG」や「艦これAC」側が勝つことがあれば、ゲーム業界にとっては大きな前例となるはずです。

 実際の結果が分かるのはまだかなり先になりますが、果たして裁判所がどのような判断を下すのか、注目の裁判となりそうです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」