ニュース
» 2018年08月15日 19時00分 公開

攻撃力1vs5000兆! 「ポプテピ」クソカードゲームで遊んでみたらほんとクソ

マグマミキサー村田……。

[コンタケねとらぼ]

 8月10日からバンダイがカードダスとして、「ポプテピピッククソカードゲーム」の販売を開始しました(関連記事)「9割がクソ」から「7〜8割がクソ」といつの間にか微妙にうたい文句が改められたこのゲームですが、どれだけクソなのか実際にプレイしてみました。果たして神ゲーなのか、「2度とやらんわ」となるクソゲーなのか!?


ポプテピピック クソカードゲーム バンダイ カードダス クソが全面に押し出された「ポプテピピッククソカードゲーム」の箱

 この商品は、「トレーディングカードゲーム風のバラエティカードゲーム」で、「バトルの間、何が起こってもデザイナー及び発売元は責任を負いません。プレイヤーの自己責任でゲームを行ってください」とまで公式に書かれています。ただし、どんなにクソでも最低限トランプとして使える安心設計です。

 まずは箱を開けて、中身をチェック! 箱の蓋裏部分に「ハイ、カミゲー」の文字が印刷されており、プレイ前から焼却炉に放り込みたくなります。逆側のフタ裏には、「ハイ、クソゲー」の文字も。


ポプテピピック クソカードゲーム バンダイ カードダス ハイ、カミゲー


ポプテピピック クソカードゲーム バンダイ カードダス そしてクソゲー

 箱の中にはカード54枚(ジョーカー2枚)と、“クソ取扱説明書”が1枚入っています。“クソ取扱説明書”にはゲームのストーリーが書かれているのですが、「20XX年、世界はポプテピピックの炎に包まれた。人類は衰退し、唯一破壊を免れた竹書房のみが人類安息の地となった(後略)」とのこと。そうはならんやろ。


ポプテピピック クソカードゲーム バンダイ カードダス なんか壮大な気がするストーリー

 ゲームの概要は、「プレイヤーは竹書房の社員として、ポプテピピックのさまざまな登場人物や重要なシーンを再現し、この世界の覇権を握ることを目指します。他の全ての社員を駆逐し、見事覇権を握ったプレイヤーの勝利となります」とシンプルなルールを血なまぐさく表現。命知らずのデスゲームってやつでしょうか。


ポプテピピック クソカードゲーム バンダイ カードダス 勝利=覇権

 また、ゲームの終了は、「1人をのぞく全てのプレイヤーがゲームから脱落した時にゲームが終了し、そのプレイヤーの勝利となります。勝者は覇権を取ったと思い込むことで、ありとあらゆる欲望をかなえることができます(※自己責任)。もしゲームから全てのプレイヤーが脱落した場合、株式会社バンダイの勝利となります」とのこと。竹(書房)、キング(レコード)の次は(バン)ダイのやつらが調子乗ってきよったでぇ!


ポプテピピック クソカードゲーム バンダイ カードダス 展開次第でバンダイに勝利を持っていかれる謎のルール

 取りあえず、説明書を見ながら実際にカードゲームとして遊んでみました。本来は4人でやるものですが、今回は2人でやってみます。

 遊んでみると、カードによってパワーが1しかないものから1万近いものまであったりと、数字のパワーバランスが小学生レベルで大変潔さを感じます。「覇権」のカードが発動した場合に至っては、パワーが5000兆にまでハイパーインフレするクソカードゲームぶり。


ポプテピピック クソカードゲーム バンダイ カードダス 「PPKP」と「PPMP」2種類のパワーがあります。この2枚は素の状態ではとても弱い


ポプテピピック クソカードゲーム バンダイ カードダス その一方でこれである。分かりやすいイカれっぷり

 しかし、パワーが1しか無いカードは特定の状況で1万まで上昇するなどすさまじい力を発揮することがありますし、パワーが5000兆になっても一部のカードで打ち破れたりと、意外にもちゃんと勝負になります。まあ、どうにもならず一方的になぶり殺しになる展開も十分あり得るとは思いますが……。

 また、場に出ている限り参加者全員「クソ」以外の言葉を発言した瞬間に脱落扱いになるカードなど、まさにクソカードゲームとしか言いようのないものも多数。初プレイでこのカードが出た場合、どうにかして場から排除しないとお互いルール確認すらできなくなり真剣につらいです。


ポプテピピック クソカードゲーム バンダイ カードダス 初心者泣かせ(物理)の「ッダロガケカスゥー!」

 カードのデザインとチョイスは意外なほど良好で、マニアック過ぎる「煮」や「竹書房彦麻呂」「サムーい」など実にツボを抑えたカードがすごく無駄に美しく印刷されています。デザイン目当てで買うのも真剣にアリでしょう。


ポプテピピック クソカードゲーム バンダイ カードダス 個人的に好きな3枚

 そしてもちろん、「ヘルシェイク矢野」と「マグマミキサー村田」のカードもあります。状況次第では、「マグマミキサー村田がヘルシェイク矢野のことを攻撃するも『ごめんヘルシェイク矢野のこと考えてた』が発動し手札に戻るヘルシェイク矢野」というビッグ武道館でヘルがシェイクされそうな状況が生まれることも。


ポプテピピック クソカードゲーム バンダイ カードダス 夢の戦いが実現

 自分で手札を作るタイプのトレーディングカードゲームではなく、あらかじめ用意されたカードを配って遊ぶため、真剣に勝負するというよりもワイワイ遊ぶパーティーゲーム的なカードとなっています。「ポプテピピックデザインのトランプのおまけにカードゲームがついてくる」ぐらいの感覚で買っても良いでしょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」