調査リポート
» 2018年08月22日 17時00分 公開

「最近、目の下のクマが悩み」そのクマ、何色ですか? 色ごとに違う“クマの原因”をチェック

そんなクマに悩まされるかクマー。

[宮西瀬名,ねとらぼ]

 カネボウ化粧品は21日、20〜40代女性600人を対象に実施した「アイゾーンの悩み」に関する調査を発表しました。「最近、目の下のクマに悩んでいる」という方、そのクマは「青みを感じるクマ」「黒みを感じるクマ」「茶色みを感じるクマ」のどちらですか? クマの色によって、特徴と原因が異なることを知っているでしょうか。

世代ごとに違うクマの悩み

 同調査では、インターネットやPC・スマホ等に慣れ親しんでいる20〜34歳世代を「デジタルネイティブ世代」、それより上の世代を「非デジタルネイティブ世代」と定義。アイゾーンの悩みや出現しやすいクマの種類を、世代ごとにまとめました。

20〜40代女性の「アイゾーンの悩み」は?

 まず、「悩まされることがある“アイゾーンの悩み”は?」と聞くと、デジタルネイティブ世代は「目の下のクマ」(57%)、「目の周りの乾燥」(34%)、「目じりのシワ」(26%)、「目の周りのむくみ」(26%)と、「目の下のクマ」がダントツ1位になりました。

 非デジタルネイティブ世代は、「目の下のクマ」(48%)、「目じりのシワ」(43%)、「目の下のたるみ」(42%)、「目の周りの乾燥」(32%)という結果に。デジタルネイティブ世代同様、「目の下のクマ」が最多でしたが、非デジタルネイティブ世代は全体的にアイゾーンの悩みを抱えているようですね。デジタルネイティブ世代のような、突出した傾向はなさそうです。

 どの世代でも1位になった目の下のクマについて詳しく聞くと、デジタルネイティブ世代は「青みを感じるクマ(青グマ)」(48%)、「茶色みを感じるクマ(茶グマ)」(41%)、「黒みを感じるクマ(黒グマ)」(27%)となりました。

 非デジタルネイティブ世代は「黒グマ」(45%)、「青グマ」(37%)、「茶グマ」(32%)と回答。デジタルネイティブ世代とは異なり、「黒グマ」が1位になっています。

悩まされるクマは?

 そして、青グマに悩んでいる人に「青グマの原因で思い当たる事象は?」と聞くと、「睡眠不足」(82%)、「体の疲れ」(74%)、「長時間のスマホ画面の見すぎ」(62%)が票を集めました。

青グマの原因は……?

皮膚科医が教える「3種類のクマの特徴」と「青グマの対処法」

 青グマ、黒グマ、茶グマ――これらのクマは何が原因でできるのか。同調査では、皮膚科医の土屋佳奈先生が答えてくれています。

 土屋先生によると、青グマは「眼精疲労や体全体の冷えなどに由来する目の周りの血行不良で引き起こされます」といいます。青グマに悩んでいる人が自覚しているように、スマホを見すぎた結果、眼精疲労になり青グマができてしまう……というループに入り込んでいる人も多そうです。

 青グマの原因になる「眼精疲労」や「ドライアイ」は、PCやスマホから出る「ブルーライト」によって引き起こされることもあるといいます。土屋先生は「就寝の3時間前からメラトニンというホルモンが出るのですが、ブルーライトを見ていると太陽光と勘違いして睡眠時間のバランスが取れなくなってしまいます。スマホを1時間いじったら15分休むのが理想。あるいは、ブルーライト対策のグッズを使った方がよいですね。本当の理想は就寝3時間くらい前から、スマホをいじらないようにすることです」とアドバイスしています。

 ちなみに、茶グマの原因は色素沈着。「お化粧を落とす時にこすりすぎてメラニン色素が沈着してしまったり、アトピー性皮膚炎で掻いてしまったりして、そのまま沈着になってしまうという患者さんもいらっしゃいます」なのだとか。

 そして最後、黒グマについては「ちょっと年齢が上の人に多いですね。年齢を経て目の周りの筋肉が衰えると、目の下の膨らみにある脂肪が飛び出て来て、眼の下にひずみができて、陰影になる。それが“黒グマ”の原因になります」と解説しています。

 「クマ=睡眠不足」というイメージがありますが、実は生活習慣の乱れや体の変化を知らせてくれるサイン。クマの色に合わせて対策やお手入れをしましょう!

(宮西瀬名)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」