ニュース
» 2018年09月07日 20時00分 公開

PTAを退会させてもらえない―― PTA退会を引き留める役員との交渉を描く漫画に理不尽を感じる

運営側もやりたくないのにガマンして参加しているあたりが闇。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 子どもが小学校に進むと親の雑事は増え、特にPTAの活動はけっこうな負担になるものです。参加は任意なのだから、やめる選択もあるのでは? そう思って退会届を出したお母さんの体験漫画がTwitterで話題です。いくら交渉してもやめさせてもらえない理不尽。


1P

 漫画家・イラストレーターのあほすたさん(@AFOSTAR02)が、3年ほど前に体験した出来事。子どもが高学年に進んだころ、PTAに恩恵を感じられなくなったそうです。休校日に自治体のイベントの交通整理を無給でやるといった活動は、自分にとってマイナスでしかないと考え、彼女は退会届を提出しました。

 ところが役員は退会を認めず、「前例がないので困ります」の一点張り。あほすたさんが再度理由を説明すると、「みんなやりたくないけどガマンしてやってるんですよッ!」と返答。つい「自分もそうだ」と本音をもらしてしまいます。それを言ったらおしまいなのでは……。


2P

 それならばあなたもやめてしまえば? とあほすたさんが提案すると、役員は「子どもがいじめられたり自分が陰口たたかれたら嫌じゃないですか!?」と、ムチャな反論をしました。これに対し、あほすたさんは「私は自分の子どもの人間関係が『親の行動を理由にいじめられる』なんて脆弱なものでないと信じている」とバッサリ。問い詰められた役員は、「何のもめ事もなく任期を終えたいので、自分の代で退会者が出るのは困る」と、ついに本音を打ち明けました。

 1件でも退会を認めたら、追随する家庭が続出するのは容易に想像できますし、役員の事情は気の毒ではあります。しかし、あくまでも任意団体である、PTAから抜ける意思を認めぬ理由にはならないでしょう。


3P

 それでも慰留に必死な役員は、「運動会で会費からお菓子が出る」「校内での事故に対応する保険に少額で入れる」「勉強会やサークルに参加できる」など、PTA参加のメリットを思い付く限り列挙します。しかし、あほすたさんにしてみれば、お菓子は欲しければ自分で買うだけですし、保険は既に企業の商品へ加入しています。会合やサークルについても、家庭や仕事をさしおいてまで参加する気はありません。

 説得を諦めた役員は、とうとう「私を助けてください」と懇願。「あほすたさんが入会している体裁だけ保って、PTA活動は免除する」という、「実質的な退会」案を示します。


4P

 それでもあほすたさんのやめる意思は変わりませんでした。しかし、のちに投稿された補足のツイートによると、退会したうえでPTA会費より高額の寄付金を出すと話しても受け入れてもらえなかったとのことです。最終的にこの一件がどう落ち着いたのか、漫画では語られておらず、末尾に「つづく?」とだけ添えられています。結末が気になる……。

 「任意という名の強制が怖い」「子どもがいじめに遭うなどとほのめかす、裏切り者に罰を与えるような考えはおかしい」「横並びを求める姿勢と事なかれ主義は日本の官僚組織そのもの」など、ツイートにはPTAへの厳しい意見が寄せられました。「任意団体にここまで引き留める必要はない。ただ、行政に交渉し学校にエアコンが決まった事例もあるのでPTAの存在意義はある」という、役員経験者の意見もみられます。「PTAの仕組み自体、共働きが普通な現代にそぐわない」との指摘もあり、漫画をきっかけにPTAの在り方があらためて問われています。


アイキャッチ 「みんなやりたくないけど我慢してやってる」――このせりふに問題の全てが凝縮されているような気が

 なお、あほすたさんは毎日の育児話やトンデモ取材をまとめた初の単行本『マショウのあほすたさん』を発売したばかり。以前、Twitter上でも話題となった「娘の友人の“くにおくん”が大河原邦男だった」というエピソード(関連記事)をはじめ、今回のPTAに負けないような濃い話が繰り広げられているようです。


アイキャッチアイキャッチ 『マショウのあほすたさん』書影/「カニみたいになっていた」ということを娘から教わってしまうエピソード

画像提供:あほすたさん(@AFOSTAR02

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる