ニュース
» 2018年10月01日 20時45分 公開

ノーベル医学・生理学賞に京大特別教授の本庶佑氏 免疫療法の発展に貢献

1992年にタンパク質「PD-1」を発見し、免疫療法の確立に大きく貢献しました。

[ねとらぼ]

 2018年のノーベル医学・生理学賞に、京都大学の本庶佑特別教授と、米テキサス大学のジェームズ・アリソン博士が選ばれたことが分かりました。




 本庶氏は1992年にタンパク質「PD-1」を発見。同タンパク質ががん細胞に対する免疫を抑制していることを突き止め、これを取り除くことで免疫力を高めてがんを治療する「免疫療法」の確立に大きく貢献しました。





ノーベル賞 本庶佑京都大学特別教授(出典:文部科学省ホームページより)

ノーベル賞 本庶高等研究院副院長・特別教授の略歴等(京都大学ホームページより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.