ニュース
» 2018年10月17日 12時00分 公開

すごく未来っぽい! ロールス・ロイスとインテルが強力タッグ、新世代自動航行船舶を実用化へ

「完全無人化」から「船舶作業員の働き方改革」も想定。

[agar,ねとらぼ]

 英国の大手工業メーカーのロールス・ロイス(ロールス・ロイス・ホールディングス)と米国の半導体大手のインテルが、自動運転船舶の実用化に向けて提携すると発表しました。

自動運転船の実用化に向けて、ロールス・ロイスとインテルが提携 自動運転船の実用化に向けて、ロールス・ロイスとインテルが提携

 船舶は頻繁な交通や進路変更がないことからオートパイロット機能の導入は既に進んでいます。しかし、地上を走る自動運転車ともまた異なる、周囲の状況把握や天候に柔軟に応じた安全性、そしてそのコスト効率を一層高められる高度な新世代システムへの刷新も望まれます。今回の提携はロールス・ロイスが進めてきた研究をベースに、1日当たり数テラバイトになるという膨大な量の入力データを蓄積し、分析し、活用していくためのデータセンターを含めたITシステム面の開発をインテルが支援することで実用化を目指します。

自動運転化されない船にも効果がある取り組みです 自動運転化されない船にも効果がある「海運全般に効果がある取り組み」としています

 自動化の意義としては運航コストの削減や業務効率化とともに、さらなる安全性の向上が重視されています。船舶向けシステムで高いシェアを持つロールス・ロイスは、これまでにも海上トラブルで7〜8割を占めるという人為的ミスによる事故を減らす技術の研究開発を行ってきました。2018年4月には「Intelligent Awareness(IA)」という技術を使って、漁船の行き交う夜間の海峡で周囲の状況を視覚化してフェリーの航行を支援する実証実験も日本で行っています。

 進化型自動航行によって、将来の無人航行を見込みます。これは「人為的ミスを減らして、海運にさらなる安全性をもたらす」とする大きな目的に加えて、遠隔制御で管理できることから多くの作業員が「毎晩家に帰れるシフト勤務制になる」といった新たな働き方を実現できることも期待されています。

IAシステムの実験は日本で行われました 日本でも行われた「IAシステム」の実験

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」