「年間40万円台」でヨットは維持できるキャプテンながはまの100万円で「船長」になる(5)(1/2 ページ)

コンパクトカーの維持費と大きくは変わらないのです。

» 2018年10月26日 15時30分 公開
[長浜和也ねとらぼ]

(前回に戻る)

 「本当は船に乗りたいけれど、大金が掛かるから」と諦めていた人に、「いえいえ、国産コンパクトカーを買い、維持するくらいの費用で船が持てますよ」という事実を伝えたいこの連載。

 これまで、船の買い方・選び方マリーナ事情と選び方船舶免許の取り方ヨットの動かし方をクリアし、めでたく「船長」として船で暮らしたり、船で旅をしたりできる身分となりました。

photo 筆者所有のヨット「阿武隈」

 そうなって気になるのも、やはりオカネですかね。「買ったはいいけれど、ヨット趣味を維持するのに一体いくらかかるのか」ということですね。今回は筆者のヨット維持費を例に「かかる費用」をひもといて解説します。

最も多くを占める「係留費」

 港に船を泊めておく係留費については第2回目「月2万円台でマリーナに船を係留できる」で紹介しました。

 念のため費用をおさらいしましょう。老舗の名門マリーナは、25〜26フィート(7.5〜8メートル)クラスの船で年間100万〜200万円。第三セクターの横浜ベイサイドマリーナならば、年間42万円で月額3万円台、漁港併設のみうら宮川フィッシャリーナならば、年間32万4000円で月額2万円台です。係留費は、クルマ維持費における月極駐車場代に相当します。

 なお、海上係留と比べて安くなるはずの陸置きマリーナですが、関東近辺のマリーナでは2018年現在、横浜ベイサイドマリーナやみうら宮川フィッシャリーナよりも高額なところばかりなのが現状です。また、陸置きマリーナは海に降ろしたり、帰港して海から揚げたりするのに必要なクレーンの費用が毎回かかります。

 とにもかくにも、ヨット趣味の維持費で最も多くを占めるのが係留代です。

年イチ発生「船底掃除/船底塗装費」

 本連載で勧める「海上係留マリーナ」は、船底やスクリュープロペラに海藻や貝などの海生生物がどうしても付着します。これが増えると抵抗になって、船が進まなくなります。そのため、最低でも年に1回は陸上に船を上げて、付着した海藻や海生生物をそぎ落として、ペンキを塗り直すメンテナンスが必要です。

海上係留する船は、年に1回、船を陸に揚げて船底塗装を行うメンテナンスが必要

 このときに併せて、船を電蝕から守るための部品「亜鉛ブロック」も交換します。これらのメンテナンスを「船底掃除」「船底塗装」といいます。海上係留の船は避けては通れません。

海藻や海生生物が船底やスクリュープロペラに付着する
そこで年に1回、船底の付着物をそぎ落として、ペンキを塗り直すメンテナンスが必要

 参考費用は、船をマリーナの整備エリアや造船所に引き上げる「クレーン代」、陸上に船を置いておくために一時的に借りる「台」の費用、新たに塗る船底用とスクリュープロペラそれぞれの「ペンキ代」、交換用の「亜鉛ブロック」の部品代で、約8万円です。

 クレーン代と船を置く台の費用はマリーナや造船所によって異なります。そして「付着物の除去」「ペンキ塗り」「亜鉛ブロックの交換」などを業者に依頼するならば、その分の作業工賃がかかります。その費用は2万円ほど。自分でやるならば発生しません。

年間1万円くらい ヨットだから抑えられる「燃料費」

 エンジンで航行するボートに対して、ヨットは風の力を使って航行できます。帆走を主体とするならば、エンジンを使うのは帆をしまった状態で走る出港の30分、同じく帰港の30分の約1時間程度で済みます。

 本連載で勧めている25〜26フィートクラスのヨットは、ほとんどがヤンマー製の「1GM」というディーゼルエンジンを搭載しています。このエンジンは(もちろん整備状態や航行状況によって差はあるものの)「1時間動かすと燃料の軽油を約1リットル消費」します。

 一例として、月に4回出港するならば、出港と帰港でエンジンを1時間使うので12カ月×4回で年間48リットル。それに加えて、年に2回だけ片道12時間かかる港まで遠出し、それを全てエンジンを使う航海だとすると、エンジン使用時間が1回24時間×2の48時間で約48リットル。ということでざっくりと年間100リットル、燃料費は年間約1万3000円くらいです。

クルマの車検に当たるが、意外と安価な「船舶検査費」

 船にもクルマの車検と同様の「定期検査=船舶検査」があります。本検査は6年に1回、本検査と本検査の中間(本検査から3年後)に中間検査を受けることが義務付けられています。

関東近隣の港を母港した小型船舶で「限定沿海」を取得すると、伊豆諸島の御蔵島まで航海できる

 搭載している安全関連設備によって、ヨットを含めた小型船舶は航行できる海域が定められています。「遠洋」「近海」「沿海」「限定沿海」「沿岸」など、幾つか種類がありますが、ほとんどのヨットは「限定沿海」を選択しています。費用もこの種類で算出します。

 検査手数料は、全長25フィートまたは26フィートの船の定期検査で2万4300円、中間検査で1万4900円です。このほかに、検査のたびに使用期限がある「信号紅炎」の部品代5400円も必要です。検査を受けて交付される書類を郵送で受け取る場合には、その郵送費の実費も発生します。

 ともあれ車検ほどひんぱんにはなく、基本費用もそこそこ安価です。

これがその“南限の島”となる「御蔵島」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. /nl/articles/2407/19/news030.jpg 母「TOEIC800点取れたら800万貸したげるわ笑」→800点取った猛者が現る その後のやりとりに「つ、強い……」「母かわいすぎんか?」
  3. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. /nl/articles/2407/18/news050.jpg 若者「新札の5000円札貰いましたよ!」→まさかの正体にツッコミ殺到 「どこに眠ってたんだ」「逆にレア」
  5. /nl/articles/2407/19/news014.jpg 父に大好物、“金目鯛の頭”を煮て出したら……ふと漏らした“言葉”が194万表示 「胸にじんわり、くる」「荒んだ心に刺さった」と反響多数
  6. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  7. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  8. /nl/articles/2407/19/news018.jpg 1歳赤ちゃん、大好きすぎるパパを見送ろうとしたが…… 130万再生のけなげな姿に「涙が出た」「お仕事行けなくなるやつや」
  9. /nl/articles/2407/18/news167.jpg 妹が「実はモビルスーツだった」 兄の衝撃(?)投稿にネタ返信続々 ガンダムオタク過ぎるレスに「詳しすぎ」「好きになったわwww」
  10. /nl/articles/2407/19/news109.jpg おかもとまりの夫、妻の看病が続き「僕の気が滅入ってしまいます」 5年間服用のピルを辞め体調不良続く
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」