ニュース
» 2018年10月27日 11時30分 公開

なぜシャープペンに初期装備されている芯の固さは「HB」なのか?

他の硬さを使う人にはかなり不便だよね。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 みなさんも、文房具店や雑貨屋でシャープペンシルを買ったことがあると思います。購入時に既に芯が入っているのが非常にありがたいですよね。買ったときに充電されていない電気製品なども、シャープペンシルを見習ってほしいです。



 ところで、この購入時に入っている芯は、大体「HB」です。筆者は「HB」派なのでありがたいのですが、≪「HB」以外派の人々にとってはどうでしょう。例えば「B」を使っている人は、買ってきたら芯を毎回入れ替える必要があります。

 シャープペンの購入時に入っている芯が、「HB」となっているのはなぜでしょうか。


文具メーカーに聞いてみる

 大手の文具メーカーに理由を尋ねてみました。

――初期装填(そうてん)の芯をHBとしているのには、何か理由や根拠があるのでしょうか。

パイロットコーポレーション:長年HBが最もたくさん販売されていて、普及しているといえる硬度です。そのため、出荷時の芯にはHBを入れています。

トンボ鉛筆:シャープ芯中で最も販売量が多い『HB』を装填しております。弊社は芯経0.3mm、0.5mmを販売していまして、硬度は2B、B、HBの3種です。この中でHBの販売量(=消費量)が約5割を占めます。そうしたことから、広くユーザーさんに受け入れられている硬度と判断し、この硬度を事務学習用のシャープペンシル販売時に装填しております。


 要するに、「HB」が圧倒的主流だから、「HB」を入れていますという回答でした。

 ただし、一部の高価格商品や特殊な商品には、「HB」以外を装填していることもあるとのこと。例えば三菱鉛筆さんは、グリップの部分がやわらかくなっている「アルファゲル」というシリーズには「B」の芯を装填しているというご回答でした。


なぜHBが主流なのか

 では、どうして数ある濃さのなかで、「HB」が最も使われているのでしょうか。

 「これが正解だ」と言い切れる答えではありませんが、パイロットさんのご回答で、こんなお言葉がありました。

パイロットコーポレーション:日本工業規格(JIS)では、中心硬度をHBに設定しています。HBを中心として、そこから、濃くて軟らかいほうは6B、硬くて薄いほうは9Hまであります。

 どうやらJIS規格に「中心硬度」という概念があり、それが「HB」を最も一般的な濃さ・硬さにしているらしいと考えられます。JIS規格も調べてみると、

硬度記号(hardness degree)

6Bから9Hに至るまでしんの硬さが増加し、9Hから6Bに至るまで線の濃さが増加していくことを表す区分記号。中心硬度はHBである。

出典:JIS S 6005 シャープペンシル用しん


 と書かれており、わざわざ「全区分のちょうど真ん中」では決してない「HB」を中心に定めています。



 推測ではありますが、

  1. JIS規格が「HB」を中心硬度と定めた。
  2. ビジネスシーンや学校など社会全体で、人々が「HB」をよく使うようになった。
  3. 各メーカーが「HB」を初期装填するようになった。

 という流れがあったのではないでしょうか。


おわりに

 最近では技術の進歩により、「B」や「2B」の柔らかめの芯も従来より折れにくくなっているそうです。こうした流れで「B」や「2B」のユーザーが大幅に増えれば、「HB」以外が初期装填される未来もあるのかもしれません。

 ただし、JIS規格がどんな経緯で「HB」を中心としたのかははっきりしませんでした。海外の規格をそのまま仕入れたのか、JISで定まる前から「HB」が主流だったのか。このあたりは継続して調べていければと思います。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」