コラム
» 2018年11月05日 11時00分 公開

【マンガ】フグだって“自分の毒で死ぬ”可能性がある

青酸カリをはるかに上回る毒性があるそうな。

[ねとらぼ]

 フグの持つ毒「テトロドトキシン」には青酸カリの500〜1000倍もの毒性があり、わずか数ミリグラムで人間を死に至らしめるといわれています。この毒は熱などにも強く、調理で分解することも難しいのだとか。

 ちょっと気になるのは「どうしてこんな猛毒を、わざわざ体内に持っているのか」という点。自分の毒にやられて困ったことに……なんてことは起きないのでしょうか。

解説

 テトロドトキシンには神経をマヒさせる作用があり、人間が摂取するとまず指先などがしびれ始め、次第に感覚や運動機能がマヒ。最終的には呼吸中枢にまで作用し、呼吸が停止してしまうといいます。

 フグはテトロドトキシンを自身の体内で作り出しているわけではなく、この毒を持つエサを食べることで体内に蓄積しているのだとか。それでも死なないのは「テトロドトキシンを吸収しない体のつくりになっているから」といわれていますが、正確には「他の生物に比べて効きにくい」だけで、量が多過ぎるとやはり死んでしまうそうです。

 ちなみに、かつて日本では、テトロドトキシンが痛み止めとして市販されていた時期が。毒も使いようによっては役に立つ、というわけです。

主要参考文献


おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声