コラム
» 2018年11月05日 11時00分 公開

【マンガ】フグだって“自分の毒で死ぬ”可能性がある

青酸カリをはるかに上回る毒性があるそうな。

[ねとらぼ]

 フグの持つ毒「テトロドトキシン」には青酸カリの500〜1000倍もの毒性があり、わずか数ミリグラムで人間を死に至らしめるといわれています。この毒は熱などにも強く、調理で分解することも難しいのだとか。

 ちょっと気になるのは「どうしてこんな猛毒を、わざわざ体内に持っているのか」という点。自分の毒にやられて困ったことに……なんてことは起きないのでしょうか。

解説

 テトロドトキシンには神経をマヒさせる作用があり、人間が摂取するとまず指先などがしびれ始め、次第に感覚や運動機能がマヒ。最終的には呼吸中枢にまで作用し、呼吸が停止してしまうといいます。

 フグはテトロドトキシンを自身の体内で作り出しているわけではなく、この毒を持つエサを食べることで体内に蓄積しているのだとか。それでも死なないのは「テトロドトキシンを吸収しない体のつくりになっているから」といわれていますが、正確には「他の生物に比べて効きにくい」だけで、量が多過ぎるとやはり死んでしまうそうです。

 ちなみに、かつて日本では、テトロドトキシンが痛み止めとして市販されていた時期が。毒も使いようによっては役に立つ、というわけです。

主要参考文献


おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する