コラム
» 2018年11月08日 11時00分 公開

【マンガ】「たまごっちはイグノーベル経済学賞に選ばれたことがある」って知ってた?

受賞理由が斜め上。

[ねとらぼ]

 ユーモラスな研究などに贈られる「イグノーベル賞」。受賞するのは科学者ばかりではなく、実は約20年前、「たまごっち」の企画者らが経済学賞に輝いていることをご存じですか?

解説

 初代たまごっちが発売されたのは、1996年11月。爆発的なブームが起こり、2年間で4000万個が販売されたといわれています。その人気は日本だけではなかったようで、1997年には同玩具の生みの親として知られる横井昭裕氏、真板亜紀氏がイグノーベル経済学賞を受賞しています。

 受賞理由は「膨大な労働時間をバーチャルペットの飼育に費やさせた」というもの。経済学賞でこのコメントはちょっと皮肉な感じがしますが、これもまたイグノーベル賞ならではといったところでしょうか。当時は飼育要素を取り入れたゲームが珍しかったといわれており、不思議なゲームに見えたのかもしれません。

 ちなみに、このたまごっちブームはわずか数年で終了。一時は生産が間に合わないほどの人気ぶりだったものの、99年には過剰在庫となり、発売元のバンダイが大赤字に陥ったとか。何というか、経済って難しいんだなあ……。

主要参考文献


おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する