ニュース
» 2018年11月12日 20時00分 公開

笑撃サバイバルグルメ漫画『僕は君を太らせたい!』が面白い! “ミドリガメの鍋”がおいしそうに見える魔性の魅力【第1話まるごと試し読み】(1/2 ページ)

ビッグコミックスペリオールで連載中の人気漫画。第1巻が11月12日に発売されます。

[Kikka,ねとらぼ]

 原因不明の感染症によって崩壊した世界で、「愛する人を守り抜くこと=愛する人を太らせること」と勘違いした男が、都会で手に入るものを駆使した“野食”に挑む笑撃のサバイバルグルメ漫画『僕は君を太らせたい!』の第1巻が11月12日に発売されます。これを記念して第1食「食べないと死にますよ」が、ねとらぼでまるごと出張試し読みできます。


僕は君を太らせたい! サバイバルグルメ漫画『僕は君を太らせたい!』

第1食「食べないと死にますよ」

 都田貿易の部長でフランス帰りの都田エリは、お昼休みにフランスから取り寄せた鴨肉を食べるほどの美食家。ルックスも抜群で女性社員からもあこがれのまなざしを集めています。


僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

 一方、同僚で本作主人公の木野耕一は、昆虫食などの“野食”を愛する平社員。弁当箱に詰めてきた昆虫食について「オオモモブトハムシの幼虫は甘い香りがしてジューシー」「羽化直後のセミを唐揚げに」などと丁寧に解説し、冒頭から都田さんをドン引きさせます。


僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

 さらにその説明を聞いて思わず嘔吐してしまった都田さんの吐しゃ物を吟味した木野はニッコリしながら、「鴨のコンフィですか? いいもん食ってますねー!」と衝撃の一言。都田さんを早退に追い込んでしまいます。これは新しいタイプの主人公が出てきたぞ。


僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

 そして翌日、「今度お詫びになにか持って来ますんで……」と昨日のデリカシーの無さを謝罪する木野ですが「何を持ってこられるか分かったものではないので……」と遠慮する都田さん。2人の溝は深いようです……。


僕は君を太らせたい!

 そんな中、なぜか誰も出社してこない社内に違和感を覚える2人。心なしか騒がしい外を見てみると暴徒と化している人々の姿が見えます。

 驚きを隠せず「なになに何かのイベント……!?」とテンパリMAXの都田さんに対し、「あんまり窓近づかない方が……」と冷静な木野。なんでそこで落ち着いちゃってるんだよ……と思ったのもつかの間、「日本全国で原因不明の感染症が発生」との報が入り、2人は会社を後にすることに。自宅へ帰ろうとする都田さんに、「危ないですよ 送りましょうか?」と声を掛けた木野。「では途中まで」と熟考の末に返した都田さんとともに、暴徒だらけの町へ繰り出すのでした。


僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

 しかし町は橋が落ちているなど想像以上の孤立状態。「……も、もうダメ、疲れた 動けない、お腹すいた……」とすっかり意気消沈気味な都田さんと共に、偶然発見した中華料理店に逃げ込んだ木野は「川、行ってきます」とたくましく食材調達宣言。


僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

 ざばざばと川に入っていく木野に「こんな状況でよくそんな楽しそうにできますね……」とあきれ顔の都田さんですが、木野は「子どもの頃から野のモノを採って食べるのが好きで……それにこんな状況だと警察にも通報されないし!」とすがすがしい笑顔。確かに大人がパンツ一丁で川にいたら通報されるわな。


僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

 こうして集まったのが、ミツバ、セイヨウタンポポ、スベリヒユ、エノキの実、そしてミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)です。ニッコニコの木野とは対照的にドン引き状態の都田さんは、子どものころに、「エリザベス」という名の亀を飼っていたというエピソードを話し始めますが、それを聞きながらお構いなく「ダン!!」とミドリガメの首を落とす木野。サイコパスかよ……!


僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

 都田さんの猛抗議もよそに「フランスでもウミガメとか食べるじゃないですか?」とクッキングを継続し、あっという間に「スベリヒユとタンポポのギリシャ風サラダ」と「ミドリガメの鍋」の2品を作り上げました。こいつやべぇ(ほめ言葉)。


僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

 しかしお腹はすいているものの、ミドリガメはどうしても受け入れられない都田さん。すると木野は「……いいですか都田さん。こんなことになってしまってショックだろうし実感もまだできないでしょうけど、食べないと死にますよ」「カメのお頭付きです! 美味しそうでしょう! さあ!」と力説。都田さんは「(わかりあえない……)」と感じつつ、「今回だけですよ!」と鍋のおだしを口にする決心をするのでした。

 すると「食べられる……!」と予想外のお味に驚き、「これ美味しいです」「ミドリガメ……味が濃くてプルプルして臭みもない……」と箸が進む都田さん。もくもくと食べ進め、「スベリヒユとタンポポのギリシャ風サラダ」も絶賛するのでした。


僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

 その姿に木野は「(やっぱり素敵だ!! 都田さん!!)」とトキメキまくり。以前から昼食をとる姿を見て「(なんて素敵に食事をする人なんだ)」と気になっていたようですが、乾いた目でじーっと食事する様子を見つめてくる木野に対して都田さんは警戒心を強めておびえている様子。

 すると、なんとかしなくてはとテンパった木野はハァハァと息を乱しながら、「ぼ、僕は!!」「僕は君を太らせたい!!」と興奮気味に宣言。かくして「愛する人を守り抜くこと=愛する人を太らせること」と勘違いした男の戦いが始まるのでした。


僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

僕は君を太らせたい!

 漫画の原作を担当しているのは、人気ブログ「野食ハンマープライス」主催の茸本朗さん。街の中でも見つけられるおいしいキノコや、潮干狩りでワラスボ(活魚)を捕まえて一夜干しにしたりと、楽しい野食生活をつづっています。

 そんな茸本さんとタッグを組んでいるのが作画の横山ひろとさん。テンポの良さが持ち味で、ワイルドなレシピでも食事シーンがおいしそうに見えるので、だんだんと「食べてみたいな……」と思わせる展開が楽しいです。

 漫画『僕は君を太らせたい!』「ビッグコミックスペリオール」(小学館)は絶賛連載中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい