萌え4コマ作家の生態を描いた萌え4コマ『がんくつ荘の不夜城さん』 作者が語る「きらら」作品の魅力(2/4 ページ)

» 2018年11月27日 15時00分 公開
[ましろねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

お色気要素は、きららベースでは多め、雑誌では抑えめ?

――『がんくつ荘の不夜城さん』は、ニコニコ静画の「きららベース」でも描き下ろしマンガが連載されています。これも編集側の提案だったのでしょうか?


鴻巣


はい。担当さんに、ネットでも描いてみないかと言われて。


がんくつ荘の不夜城さん ニコニコ静画の「きららベース」でも連載中

担当


先ほども話した通り、前作の売上が芳しくなかったので、なるべく人の目に触れる機会を作らなきゃいけないと考えていました。内容的にもニコニコの読者さんに受けそうだと思いましたし、その2つが理由ですね。


――その読み通り、どのエピソードにもたくさんのコメントがついています。鴻巣先生は、コメントを読まれていますか?


鴻巣


もちろん、全部読ませていただいています。こういう試みは自分も初めてだったんですが、読者さんの反応がすぐに見られるのはモチベーションにもつながっていいなと思いました。


――雑誌に載せる話ときららベースに載せる話で、構成は変えられていますか?


鴻巣


話の作り方は変えていないつもりですが、きららベースではお色気要素が多めになる気がします。雑誌ではどうしても抑えめになるので。


担当


きららベースでは、とにかく腋を描こうとしますよね、鴻巣さんは。



鴻巣


自分としては、描きたいものを描いているだけなんですけど……。


担当


読み手の反応がコメントとしてダイレクトに返ってくるので、それに応えようとする意識が鴻巣さんの中にあるんじゃないかと。


――際どい描写もありますが、ギャグとのバランスの取り方が絶妙だなと思います。あまりきつすぎると引かれてしまうかもしれませんし。


鴻巣


むしろ、いつも引かれがちなので(笑)。そこら辺は、担当さんにうまく手綱を引いてもらっています。


担当


やりすぎなときは抑えるように言うこともありますが、最近は割とほったらかしですよ。特にきららベースと、単行本の購入特典に関しては。


――きららベースの羊ヶ丘さんのコメントは、全て担当さんが考えているんですか?


担当


はい。勝手に(羊)とつけて書いています。


鴻巣


前に羊ヶ丘さんへの質問コーナーというのをやったんですが、あの回答は自分が考えました。


がんくつ荘の不夜城さん 羊ヶ丘さんへの質問コーナー。際どい質問がちらほら

連載中に掲載誌が休刊。それすらも作中のネタに

――連載の途中で、ミラクが休刊してきらら本誌に移籍することになります。休刊を知らされたのはいつごろですか?


鴻巣


休刊した号(2017年12月号)の前号の打ち合わせをしたときに担当さんから聞いたので、2カ月前だったかなと。作中でも不夜城さんの掲載誌が休刊するんですが、そのネームを考えるくらいには余裕がありました。


――休刊というデリケートな話題もネタにしてしまうあたり、さすが『がんくつ荘の不夜城さん』だなと思いました。


鴻巣


ただ、休刊の話を聞いたときは本当にびっくりしましたよ。自分のデビューはフォワードでしたが、前作からずっとミラクで連載していて思い入れもありましたし、好きな作品も多かったです。


がんくつ荘の不夜城さん 休刊を告知する羊ヶ丘さん

――ちなみに、ミラクが休刊した理由などは?


鴻巣


自分もあまり知らないんですよね。


担当


まあ、何となく察してもらえれば……


――お察しいたします。移籍に伴って、きらら本誌の読者層にあわせてマンガの描き方を変えられたりはしましたか?


鴻巣


いえ、ミラク時代そのままです。自分も、きらら本誌の雑誌カラーを考えたほうがいいのかなと思ったんですが、そんなに意識しなくていいよと言ってもらったので。


――ミラクっぽい作風の作品が別の雑誌に載っている、というネタも作中にありましたね。きらら編集部としては、各雑誌の特色をどのように考えられているのでしょう?


担当


雑誌ごとに考えている方針は当然ありますが、あくまでも方針でしかありません。例えば、MAXなら『ご注文はうさぎですか?』が人気だから、その読者さんに受けそうな作品をMAXで始めよう、と思ったとしても咀嚼(そしゃく)の仕方は作家さんも編集者も異なりますよね。雑誌のカラーに作品をあわせるというよりは、結果的に作品やそれをプロデュースする編集者が雑誌のカラーになっているように思います。



自分には、編集者の存在が絶対に必要

――鴻巣先生は「まんがタイムきららフォワード」でデビューされたとのことですが、詳しい経緯を教えてください。


鴻巣


もともと漫画家になるつもりはなくて、編集者かデザイナーになりたいと思っていました。大学生活の後半に就職活動を始めたんですが、全然うまくいかなくてどうしようと途方に暮れていたら、趣味でネットに上げていたマンガを見た担当さんに声をかけていただいたので、じゃあそれでって。今思うと、適当で情けない話です。


――学生時代にデビューというのも、不夜城さんと同じですね。マンガは子どものころから描かれていたんですか?


鴻巣


ちゃんとしたマンガを描くようになったのは、大学生になってからです。絵を描き始めたのは高校生のときで、某お絵描き掲示板に通っていた時期でした。そこにいらっしゃった『ゆるキャン△』のあfろ先生に憧れていて、ずっとあfろ先生っぽい絵をまねして描いていましたね。


『ゆるキャン△』 『ゆるキャン△』

――自分があfろ先生を知ったのはミラクでデビューされてからなので、ファンとしての年季が違う……。


鴻巣


あfろ先生は、あのころからもうべらぼうに上手かったですよ。当時もよくバイクの絵を描かれていましたが、めちゃくちゃハイセンスでかっこよくて。結局、あのセンスはまねできませんでした。


――そして、くしくも今、あfろ先生と同じきららグループでマンガを描かれていると。


鴻巣


そう考えるとすごいですね。今でも尊敬している作家さんです。


――鴻巣先生は、2011年のデビュー作『私がヒロインじゃない理由』と、2作目『やさしい新説死霊術』の間に2年ほど空白期間がありますが、その間はどのような活動をされていたのですか?


鴻巣


ソシャゲーのイラストを描いたりしていたんですが、納品した先に夜逃げされて……。20万円くらい振り込まれなかったこともありましたね。仕事もお金もないときだったので、勘弁してくれと。そうこうしているうちに、担当さんから久しぶりに連絡をいただいて、またウチで描いてみないかと誘ってもらいました。


担当


鴻巣さんは、自分が編集者になって2〜3年目の新人のころにスカウトした作家さんなので、機会があればとはずっと思っていました。ただ、デビュー作の連載中に担当が変わったこともあり、あまり出しゃばらないようにしていたんですが、新しい担当が特に動く様子もなく、じゃあこっちでやろうかなと。


――担当さんから見た鴻巣先生の長所は何だと思いますか?


担当


自身の原稿に妥協しない、手を抜かないところでしょうか。先ほど描き込みの話がありましたが、時間的に厳しいときでも描き込みが薄くなることはありませんし。とてもまじめな方だと思います。


――反対に、鴻巣先生から担当さんはどのように見ていますか?


鴻巣


毎回迷惑をかけっぱなしで、嫌われてるんじゃないかなと思っています。たまにどうしても原稿が間に合わないときがあって、無理を言ってスケジュールを調整してもらったりして……。


担当


いや、嫌ってはいないですよ(笑)。手遅れになる前にアラームを上げてくれるから、休載することもないですし。こちらから電話したら必ず出てくれますしね。本当にやばくなると出ない人もいるので。


がんくつ荘の不夜城さん 不夜城さんも鴻巣先生も、電話には出る

――『がんくつ荘の不夜城さん』は2人の良好な関係から生まれたんでしょうね。最近ネット上では「編集者不要論」などの意見がたびたび取り沙汰されますが、担当編集と一緒にマンガを描くメリットは何だと思いますか?


鴻巣


少なくとも自分は、1人ではたぶんマンガを描けないと思います。せっつかれないと永遠に描き始めませんし、描き始めた後も見張っていてくれないと変な方向に暴走するかも。あれこれ言われるのが嫌な人もいるかもしれませんが、自分には担当さんが絶対必要です。これからもお付き合いよろしくお願いします。


――不夜城さんと羊ヶ丘さんの作中コンビ同様、鴻巣先生と担当さんの今後のご活躍にも期待しています。本日はありがとうございました。


ましろ


出張掲載:第5話「重大なお話もありますので」

がんくつ荘の不夜城さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/03/news009.jpg 田舎道を車で走っていたら、白鳥がのんびりと…… 見送ったあとのまさかの出来事が100万再生「えっ?って声に出た」「なんて平和なんだ」
  2. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  3. /nl/articles/2403/03/news007.jpg 泣き出した1歳妹、理由を察した5歳兄が近づいて…… スマートなサポートに「優しくて良い子」「ホンマに素敵な兄妹やなー!」
  4. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  5. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  6. /nl/articles/2403/03/news019.jpg 犬「あやしいやつだ」→キツネに吠えてみようとした結果…… まさかの先制“口撃”に柴犬タジタジ「キツネの鳴き声初めてきいた」
  7. /nl/articles/2403/03/news010.jpg わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」
  8. /nl/articles/2403/02/news028.jpg □に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
  9. /nl/articles/2402/29/news183.jpg 少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
  10. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」