ニュース
» 2018年11月28日 18時00分 公開

「あしをあらおう!(悪事から)」 ファンシーでブラックな架空絵本を生み出す「どーなっつ文庫」とは何だ

「のみもの(背景にラーメンの写真)」や「がっきであそぼう!(DTMソフト)」など、とがった絵本が続々。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 架空の絵本出版社「どーなっつ文庫」のアカウントが注目されています。ツイートの内容は主に刊行物の紹介で、当然それも虚構。初公開の「あしをあらおう!」は、タイトルこそ普通にありそうな「道徳もの」風ですが、表紙には手錠と足かせがはめられた犬のイラストが……「足を洗う」って、「悪事から」かっ!


あしをあらおう 絵柄と内容のギャップがひどい

 ほかにも、「ないしょだよ!(相手に紙幣を握らせながら)」や、3つ目の要素が全てを台無しにする「うさぎくんと おおきなおうち と日照権訴訟」など、ファンシーな絵柄や柔らかいタイトルにブラックジョークを忍ばせた絵本が多数。ウサギとカメの競争に「不公平だ」とクソリプが飛んでくる「たのしいむかしばなしシリーズVol.1 うさぎとかめとアイコン未設定アカウント」のように、ネットのパロディーもあります。


ないしょだよ 紙幣のせいで笑顔の意味がゆがむ

おおきなおうち 要素が1個余計

うさぎとかめ 余計だってば

中面 話が進まねえっ!


中面 右手がパーで、左手もパーで……?

中面 世界を作り直すのやめろ

 実在の絵本でもよくある、「ずかん絵本」や「しかけ絵本」も。しかし、前者の「のみもの」は表紙の写真がラーメンですし、後者の「がっきであそぼう!」の内容はDTMソフト「Toxic Biohazard」です。体裁と内容が、あきれるくらいマッチしない。


のみもの カレーも載っていそうだと思うと、おそらくタイトルは「しるもの」が妥当

がっきであそぼう こんな感じで、簡単な電子音が鳴る絵本、よくありますよね

中面 高度っ! 対象年齢に対して楽器が高度っ!

 このような「あり得ない」絵本の数々は、いかにして生まれたのか? どーなっつ文庫をこっそり(?)運営している、マスティ(@DoughnutsCinema)さんに話を聞きました。一連の絵本ネタは、かつて個人アカウントで公開したネタ画像「おばけなんかこわくない! ただ目的もなく何時間も働いていつしか自分が本当にやりたかった事すら忘れてしまう日がくるほうがよっぽどこわい!」が原型なのだそうです。シビアなサブタイトルが一番怖いよ!


 さらに、この画像を「さも実在する絵本のように編集したら面白いのでは?」と実験してみたところ、ものすごくシュールなできばえに。これを利用して、普段からよくやっていた「子ども向けの絵柄でやるカオスなネタ」に絞ったアカウントを作ろうと思い立った結果が、どーなっつ文庫だそうです。コンセプトは「だれもしらない、ふしぎな絵本」で、「大人も楽しめるような絵本」が目標。


 なお、公開している絵本は実物として作り込まれているわけではなく、中身はおろか表紙すら存在しないとのこと。無印良品で販売されている無地の絵本型ノートを撮影し、イラストと合成して印刷物に見せかけているのだそうです。「あり得ない絵本」というか、「ありもしない絵本」だった。


かくれんぼ 冬の新作「かくれんぼ」の中面。合成が巧妙

 ツイートに見られる「出荷しました」といった表現は「絵本画像の投稿予約が完了した」意味にすぎず、実物の製作や販売、展示といった予定はなし。「読んでみたい」との反響もしばしばあるので、検討の余地はあると考えているそうです。ただし、本当に子どもの目に直接触れる危険性を鑑みて、実現するとしたら刺激の少ないネタのみにするとのことでした。

画像提供:マスティ(@DoughnutsCinema)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響