コラム
» 2018年12月13日 11時00分 公開

【マンガ】「しあさって」には“めちゃくちゃややこしい方言”がある、って知ってた?

予定調整などのときには、使わない方が無難かも。

[ねとらぼ]

 今日の1日後は「あした」、2日後は「あさって」。では、3日後は何でしょうか。

 実は、ここには“ややこしい方言”があり、「しあさって」と答えると日付を勘違いされてしまう可能性があるのだとか。

解説

 あさっての翌日(3日後)の言い方は地域によって異なり、「しあさって」「さあさって」「やのあさって」「ささって」などが知られています。このうち、共通語は「しあさって」といわれています。

 しかし、ややこしいのは、このしあさってを「あさっての翌々日(4日後)」として使う方言があること。つまり、「しあさって=3日後」「しあさって=4日後」と理解がズレたまま通じてしまう可能性がある、というわけです。

 ちなみに、気象庁が定める「予報用語(天気予報などで用いる用語)」では、使ってよいのは「あす」「あさって」まで。「しあさって」以降は、使用しない方が無難ということかもしれません。

主要参考文献


おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.