ニュース
» 2019年01月10日 16時49分 公開

速すぎて見えねえ!? マツダ、「ロードスター30周年特別モデル」をチラ見せ (1/2)

2月のシカゴオートショーで披露。

[agar,ねとらぼ]

 マツダがオープンスポーツカー「MX-5(日本名:ロードスター)」の発売30年を記念した特別仕様車「MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」の投入を予告。2019年2月7日から米国で開催される「シカゴオートショー2019」で初披露します。

 この30周年記念モデルを“写したと思われる”ティーザー画像も公開しました。

「MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」ティーザー画像 「MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」のティーザー画像。速すぎて何も見えないが、じっくり見ると……(写真:マツダ、以下同)

 ライトウェイトオープンカーとして全世界でヒットしたロードスターは、思えば1989年のシカゴオートショーで発表されました。30年の節目に、思い出の同じ場で披露することになります。そして今回公開されたティーザー画像は、おいおーい、チラ見せどころか……速すぎて何かが分からねぇっす!!

 しかしじっくりとよーく見続けると、中央付近にロードスターの残像がうすぼんやりと見えてきます。現行ND型の「ロードスターRF」らしきハードトップボディーと、オレンジ系のボディーカラーを確認できます。

4代目ロードスター(ND型) (参考)4代目ロードスター(ND型)
ロードスター 30周年 限定車 (参考)ロードスターRF(ND型)
初代ロードスター(NA型) (参考)初代ロードスター(NA型)

 現行のND型ロードスターやロードスターRFには2019年現在、イエローやオレンジ系のカラーは用意されていません。しかし過去のモデルには、例えば初代NA型の限定車に使われた「サンバーストイエロー」、2代目NB型の初期のイメージカラーとなっていた「エボリューションオレンジマイカ」などがありました。30周年ということで、過去の特徴的なカラーや雰囲気を現代によみがえらせる趣向なのかもしれません。

 もう1つ、30周年記念モデルに装着されるであろう特別プレートのデザインも公開しています。「0000/0000」とある4桁の数字から、少なくとも台数限定車であることが分かります。1000台単位となればかなり多そうですが、どうなることでしょう。ともあれ、登場が楽しみですね。

photo 30周年記念モデルに装着される特別プレート
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」