ニュース
» 2019年01月12日 17時00分 公開

受け継ぐASIMOの魂 ホンダがロボティクスに注力する理由CES 2019(1/2 ページ)

ホンダが新しいロボットをCES 2019で披露。

[太田百合子,ねとらぼ]

 本田技研工業(ホンダ)のロボットといえば、思い浮かぶのはASIMO。人型のロボットが二足歩行する姿に世界中の人が度肝を抜かれました。

ASIMO ヒト型二足歩行ロボット「ASIMO」(画像:ホンダ)

 そんなホンダが、ASIMOの開発を止めていたというニュースを聞いたときはとてもがっかりしたものですが、このほどASIMOで培ってきた技術を生かした新しいロボットを開発したとのこと。それが「Honda P.A.T.H. Bot(パスボット)」です。

 話題のロボットはどんなものか。早速、お披露目の場とした世界最大規模の家電見本市「CES 2019」の会場へ見に行ってきました。

CES ホンダ パスボット ロボティクス ホンダが開発した、ASIMOに次ぐロボット「Honda P.A.T.H. Bot(パスボット)」
CES 2019 ホンダ ロボット CES 2019のホンダブース。多くの人が足を止めて、ロボットを見ていました

 楕円のフォルムを描く物体……これがHonda P.A.T.H. Botです。え? 想像していたのと違う? そうなんです。このパスボットはASIMOのような「人型」のロボットではありません。

 でも人型ロボットよりもスムーズに動けて、小回りがききます。名称は「Predicting Action of Human(人の行動を予測する)」の頭文字を取りました。AI(Artificial Intelligence:人工知能)を駆使して人の動きを予測して行動できます。例えば、ショッピングセンターのような混み合う場所で、人や障害物にぶつからずにスムーズに移動できる能力を持ちます。

 高さは1メートル5センチ(1050ミリ)、重量は約21.5キロ。最大時速6キロで移動可能。足元は球体で、倒れないようにバランスをとりながら前後左右斜めと360度自由に動けます。上部の2つの広視野角カメラと各種センサーで周囲の状況を認識し、また、人の行動をAIでリアルタイムに予測しながら目的地まで最適ルートでたどり着けるとのこと。展示会場でも、まったく動いていないように見えて、実は小刻みにバランスを取りながら自立していました。

CES ホンダ パスボット ロボティクス パスボットの足は1つの球状。バランスを取って倒れないだけでなく、前後左右斜めへと自由自在に動ける。ASIMOで培われたバランス制御技術を生かした
CES ホンダ パスボット ロボティクス 背面はこんな感じ。つるっとしていて無機質ですが、どこか愛嬌のあるフォルム
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」