ニュース
» 2019年01月16日 09時00分 公開

架空絵本ネタ「どーなっつ文庫」、名物読者のボブが絵本の世界に吸い込まれる超展開の末に感動のフィナーレ

絵本のタイトルや読者の感想に仕込まれていた仕掛けが、全て折り重なってつむがれる壮大な結末。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 架空の出版社「どーなっつ文庫」のアカウントで展開されてきた一連の絵本ネタが、超展開の末に壮大な結末を迎えました(関連記事)。絵本の感想紹介コーナーにやたら出てくる名物読者「ボブ」や、絶版絵本のキャラクター「ぱんだくん」など、ちりばめられてきた謎が次々と解明され、物語をつむいでいく流れに圧倒されます。


どーなっつ文庫 フィナーレの一節。ものすごく壮大な物語だった……

 どーなっつ文庫は、手錠と足かせのついた犬の絵が表紙に載った「あしを あらおう!」など、ブラックジョークを織り込んだ絵本を紹介するアカウント。架空出版社としての世界観を補強するため、絵本に寄せられた感想を紹介するツイートも投稿されており、そのたびにボブの名が見られました。


どーなっつ文庫 どーなっつ文庫アカウントで最初に紹介された絵本「あしを あらおう!」(悪事から)

どーなっつ文庫 同作への感想紹介で、「I can't read.」と投稿していた、コネチカット州のボブ。これがまさか、壮大な物語の始まりとは……

 序盤に掲載されたボブの感想は「I can't read.」ばかりで、当初は「日本語が読めないのにわざわざ買って文句を言っている」というネタに思われていました。ところがある時期から、投稿に異変が。「ボブの家へ絵本が勝手に送られている」「ボブは日本への留学経験があったはずなのに、その記憶が消えている」など、感想コーナーで謎だらけのストーリーが展開されるようになったのです。


 ボブは留学した当時の荷物を調べているうちに、どーなっつ文庫の作家「嶋戸奈津音」に会ったことを思い出します。そして、失われた記憶の鍵を求めて日本へ。どーなっつ文庫の社長との対談を実現し、謎の糸口をつかみます。


どーなっつ文庫 嶋戸奈津音がデビュー前に書いた絵本「ありがとうの おくりもの」が全ての発端?

どーなっつ文庫 社長が口にした「はとのゆうびんやさん」が謎の糸口に


 ボブはしばらく日本に留まり、どーなっつ文庫で起きている怪現象の解決に協力することに。ところが、彼は突然絵本の中に閉じ込められてしまいます。犯人はぱんだくん。絶版となった寂しさから闇落ちし、絵本から飛び出して暴走していたのです。


どーなっつ文庫

どーなっつ文庫

どーなっつ文庫

どーなっつ文庫 寂しいあまりに暴走し、絵本から飛び出したぱんだくん


 ぱんだくんは絵本の人気投票を操作して、ボブや他のキャラクターの絵本を下位にし、代わりに自分が返り咲こうともくろみます。このままでは、最下位となった者はいずれかつてのぱんだくんのように絶版とされ、キャラクターとしては消されてしまいます。ところが、どーなっつ文庫の主要キャラクター、こいぬのワンきちがボブを救おうと対抗Twitterのアンケートでボブがビリにならないよう投票してほしいと、読者に呼びかけます。物語は架空出版社の状況と絵本の世界、ツイートを閲覧している我々が入り交じった異常な様相に。


 さらに、ワンきちは「こいぬのワンきち 匿名掲示板で自演したりヘイトを書き込んだりするのまき」という、自分を下げるような絵本を制作。自身が最下位となることで、ボブを救います。それでもぱんだくんは諦めずにすぐさま次の人気投票を実施しますが、熱烈にボブを推す読者の抗議を受けて、なぜかアンケートの選択肢は全てボブに。ボブは窮地を救われます。


どーなっつ文庫 ワンきちが犠牲となることで、ボブの最下位を阻止


どーなっつ文庫 過去のあやまちを償おうとする「埼玉県のおかあさん」が猛抗議


 もくろみが崩れたぱんだくんは、他のキャラクターにこらしめられることに。「あとかたづけ できるかな?」「ごめんなさい できるかな」など、過去に紹介された絵本のタイトルに責められ、最後に「あしを あらおう!」に取り押さえられます。最初に紹介された絵本がフィニッシュに使われるとか、グッと来すぎて鳥肌やばい。


どーなっつ文庫 アテが外れて途方に暮れるぱんだくん

どーなっつ文庫

どーなっつ文庫

どーなっつ文庫

どーなっつ文庫 絵本たちが協力してぱんだくんをこらしめる

どーなっつ文庫 一部の絵本が、元のタイトルのままぱんだくんを責めていることに注目

どーなっつ文庫 あらためて、「あしをあらおう!(悪事から)」

 結局、「嶋戸奈津音」とは何者で、なぜボブを巻き込み怪現象を起こしていたのか――それは、脱出したボブから語られます。怪現象が去ったことで、不穏な内容だった絵本たちも普通に。「絵本のキャラクターとは何か」を語りつつ、壮大な物語は幕を閉じました。


 「めでたしめでたし」と言いつつも、考察の余地や少しの謎を残しつつ終わったどーなっつ文庫。作者のマスティ(@DoughnutsCinema)さんも「最後のアレも一応意味はあるのですがまだ内緒です」と、含みのある言葉を残しており、もう一波乱あるかもしれません。


画像提供:マスティ(@DoughnutsCinema)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.