ニュース
» 2019年02月06日 21時00分 公開

ラブホの壁一面に寿司、照明にも寿司、床にも寿司 奇抜な寿司コンセプトの部屋に「逆に行きたい」の声

なぜこんな部屋が……? 経営するSARAグループ担当者に取材しました。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 ラブホテルの一室にもかかわらず、壁一面に寿司盛りのサンプルが飾ってある。ベッドに寝っ転がるとペンダントライトの中にぎっしり寿司のフィギュアが……! そんな寿司をコンセプトにしたラブホ部屋があった、という写真がTwitterで人々の好奇心をくすぐっています。ムードとかいいからレジャー感覚で入ってみたくなる。

ラブホテル 寿司 部屋 SARA 寿司屋みたいだろ……ラブホテルなんだぜ、これ。(写真提供:SARAグループ)

ラブホテル 寿司 部屋 SARA 壁には寿司桶と寿司(サンプル)がずらり

ラブホテル 寿司 部屋 SARA ベッドから見上げた先のペンダントライトの中にも、寿司が

 注目を集めているのは、関東圏を中心に展開しているラブホテル「SARA」グループの1つ、「SARA川越」(埼玉・川越)にある部屋「江戸前SU・SHI ラグジュアリー」。

 和風モダンな一室の壁には、マグロ、エビ、サーモン、イカ、玉子、鉄火巻などさまざまな寿司のサンプルが寿司桶とともにずらり。ソファ前のガラステーブルの中にも、寿司下駄と寿司1人前のサンプルが1セット、ご丁寧にお椀とおしぼり付きで配されています。ベッドに寝転ぶと、今度は吊り照明の中に大量の寿司ネタが並んでいる……というか照明の傘も、よく見ると寿司桶。床のはめ込みガラスの中にも寿司が。和がテーマとはいえ、ラブホテルの本質まで壊しかねない、というかおそらく破壊しきっているコンセプトの振り切りっぷりが痛快です。

ラブホテル 寿司 部屋 SARAラブホテル 寿司 部屋 SARA ガラステーブルの中は、完全にいただきますしたくなる

ラブホテル 寿司 部屋 SARA 床のはめ込みガラスの中も、寿司桶が。全方位に寿司

 Twitterではあるユーザーが室内の写真を「コンセプトのラブホ意味分かんなすぎてクソ笑ったわ!」と投稿したところ、2000件近くリツイートされるなど一部で話題に。「行ってみたいですw」「お茶吹きました」「お寿司好きにはたまらないww」と、共感や興味を抱く声が寄せられています。

 どうしてこんなとんでも部屋をデザインしたのか――SARAグループの広報担当者に取材しました。

ラブホテル 寿司 部屋 SARA 「SARA川越」

 ホテル「SARA川越」は2017年6月に“小江戸川越”をテーマにオープン。川越は江戸時代に栄えた城下町の1つとして知られており、同ホテルでもその歴史的背景に沿って、「茶の道」「書の道」「招き猫」「枯山水」「古伊万里」「大正パンク」など和をコンセプトにした部屋を29種類備えているのだといいます。

ラブホテル 寿司 部屋 SARA 「茶の道」

ラブホテル 寿司 部屋 SARA 「書の道」

ラブホテル 寿司 部屋 SARA 宿場「KAWAGOE」

ラブホテル 寿司 部屋 SARA 「大正パンク」

ラブホテル 寿司 部屋 SARAラブホテル 寿司 部屋 SARA 忍刀や手裏剣などのオブジェを配した「忍者の里」なんて部屋も

 ガラステーブルに忍刀や手裏剣などのオブジェを配した「忍者の里」、遊郭の豪華絢爛さをイメージした「花魁」など、奇抜な部屋はいろいろありますが、中でも特に異質なのが「江戸前SU・SHI ラグジュアリー」だったと担当者。

ラブホテル 寿司 部屋 SARA 壁の寿司桶ディスプレイは、下にも寿司がびっしり

 「そもそもSARA川越は外国人客もターゲットにしているので、『江戸前SU・SHI ラグジュアリー』のように和に振り切ったお部屋も存在しているところがあります。日本人のお客様からすると驚くかもしれませんが、海外のお客様には人気ですし、帰国後に、日本でとても良い思い出と体験ができたとお礼のはがきを数多く頂戴しております。ラブホテルとして使う際、果たしていいムードになれるかはこちらとしても疑問ではありますけど……(笑)」

 そもそもSARAグループでは他のホテルがやらないような飛び抜けたデザインを探求してきたとのこと。3年前に東京・錦糸町にオープンした「SARA錦糸町」は、「教室」「電車」「診察室」「セレブキッチン」など斬新なコンセプトルームを43種類そろえてオープン。講談社の英会話教材に日本のラブホテルカルチャーの一例として掲載されたり、イタリアの国営放送や、NHKをはじめとする各テレビ局から取材を受けたり、画期的なラブホテルとして取り上げられてきました。

ラブホテル 寿司 部屋 SARAラブホテル 寿司 部屋 SARA 「教室」「電車」

ラブホテル 寿司 部屋 SARAラブホテル 寿司 部屋 SARA 「診察室」「社長室」

 「その攻めの姿勢から生まれた1つがお寿司のお部屋です。今回SNSを通して国内外で反響をもらえるのはうれしいですね。SARAホテルではこのように驚きや遊び心を提供していますが、一方で沖縄やバリをイメージした『バニラリゾート』など、癒やしやくつろぎ空間に特化したホテルも展開しています。それぞれ好みにあったホテルを楽しんでいただけたら幸いです」

 ちなみにSARAグループで特に人気のコンセプトルームは、「教室」「診察室」「社長室」などシチュエーションがわかりやすいものだそうです。

ラブホテル 寿司 部屋 SARA 「栗とリスの部屋」という不思議な名前の部屋もあった

ラブホテル 寿司 部屋 SARAラブホテル 寿司 部屋 SARAラブホテル 寿司 部屋 SARA どうしてこんなコンセプトルームがあるのか尋ねたところ、「部屋に、栗と、リスのオブジェが置いてあるからです」と説明を受けました

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/24/news131.jpg 「マジでかわいい!」「試合で見れない表情」 石川佳純、メイクアップしたショットに大反響
  2. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  3. /nl/articles/2109/24/news037.jpg 道路にうずくまっていた子猫を保護→2日後…… モフモフな抱っこ紐から顔を出す姿がたまらなくいとおしい
  4. /nl/articles/2009/13/news017.jpg 「ちょ、おまわりさんオレ達よりヤバいのおるやん!」 夜のコンビニに世紀末魔改造ミニカーが襲来、みんなびっくり仰天
  5. /nl/articles/2009/28/news112.jpg 「お姫様みたい」「モデルやん」 池江璃花子、成人式の前撮りでティアラ&深紅のドレス 振袖姿は「当日までのお楽しみ」
  6. /nl/articles/2109/22/news156.jpg 『らんま1/2』の「あかねの髪形変更」というイベントが割り込み展開のはずなのに自然な流れ過ぎてすごいという話
  7. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  8. /nl/articles/1907/02/news082.jpg 「美しすぎてクラクラ」「健康的な美ボディー」 吉田沙保里、下着モデル初挑戦の“最強の1枚”に反響
  9. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  10. /nl/articles/2109/24/news149.jpg 村田雄介先生による『ワンパンマン』短編アニメが国内外で大きな反響 「本当にすごい」「凄すぎてビビりました」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」