ニュース
» 2019年02月07日 12時30分 公開

まね“された”側の「ティラミスヒーロー」にも商標問題浮上 海外のイラストレーターがキャラの類似を指摘

経営者のペギーさんは影響を受けていることについては肯定。

[コンタケ,ねとらぼ]

 シンガポール発の既存チェーン「ティラミスヒーロー」(現ティラミススター)に対し、アメリカで活動するイラストレーターGemma Correll(ジェマ・コレル)さんが、「ティラミスヒーローのロゴはオリジナルではなく私の作品をトレースしたものだ」とTwitterに投稿し話題になっています。被害者と思われていた“ヒーロー”のオリジナルは、一体どこなのでしょうか。






ティラミスヒーロー ロゴ 商標 HEROS 上がティラミスヒーローのロゴで下がジェマさんの作品(画像はジェマさんのTwitterから)




ティラミスヒーロー ロゴ 商標 HEROS 左がティラミスヒーローの公開したイラストで右がジェマさんの作品


ティラミスヒーロー ロゴ 商標 HEROS こちらも同じ



 ジェマさんはTwitterで、「自分のオリジナル作品と『ティラミスヒーロー』のロゴの類似について、多くの人から問い合わせがあった」とのこと。ロゴ以外でも多くのイラストについて、作品がコピーされていると述べています。また、「ティラミスヒーロー」と「HERO'S」の問題について触れ大きく拡散された日本語のツイートに対し、「ティラミスヒーローのロゴはオリジナルではなく私の作品をトレースしたものです」と返信しています。



 「ティラミスヒーロー」のイラストを描いていると思われるPeggy Chang(ペギー・チャン)さんは、自身のブログで読者からの「あなたのイラストはジェマ・コレルさんからインスピレーションを受けたものですか」という質問に対し、「その通りです、彼女の作品はとてもかわいい」と回答しています。


ティラミスヒーロー ロゴ 商標 HEROS ペギーさんはジェマさんのイラストに影響を受けていることを認めています(画像はペギーさんの公式ブログから)

 影響を受けていることを認めているため、これらのイラストはオマージュやインスパイアともいえるかもしれません。しかし、ジェマさんは「この件についての法的見解をお聞かせいただけるシンガポールか日本の弁護士はいませんか」ともツイートしており、今後なにかアクションを起こすつもりなのかもしれません。



 「ティラミスヒーロー」は2012年8月に「The Tiramisu Hero」の名前でシンガポールで創業したティラミス店で、2013年8月から日本でも「ティラミスヒーロー」の名前で販売を開始していました。「世界一おいしいティラミスをつくる事に命をささげる猫がヒーローとなって瓶入りティラミスを販売する」というブランドコンセプトです。



 そんな「ティラミスヒーロー」が最初に大きく話題になったのは、2019年1月半ば。国内のティラミス専門店「HERO'S」が「ティラミスヒーロー」やキャラクターの商号・ロゴを取得しているしていることが判明。

 これにより、先行していたシンガポールの「ティラミスヒーロー」は、日本で従来のロゴや名前が使用できなくなってしまいました。現在は「アントニオヒーロー」と「ティラミススター」の2つの商品名に変更し日本展開中です。

 「HERO'S」のやり方について日本国内から批判的な声が多数上がっていましたが、ここにきて「ティラミスヒーロー」にも商標関連のトラブルが発生する可能性が出てきました。

※ジェマさんはイギリス出身で、米カリフォルニア州・オークランドで活動中のイラストレーターですが、当初ニュージーランド・オークランドのイラストレーターと紹介していました。訂正の上、お詫び申し上げます(5月7日追記)



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響