連載
» 2019年02月10日 00時00分 公開

目付き悪いのを気にしてる所がかわいいの!! 「かぐや様は告らせたい」5話(1/2 ページ)

本心ダダ漏れかぐや様。

[たまごまご,ねとらぼ]

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (C)赤坂アカ/集英社

 恋愛は告白した方が負け! 「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」(原作アニメは、相手から自分に告白させるためにあらゆる知力体力を用いて戦うエリートたちを描いたラブコメディー。とっても愛しくてとっても面倒くさい少年少女の、青春の無駄遣い物語。


かぐや様は告らせたい


「好き」ってどんな感覚なんだろう

 財閥の令嬢にして生徒会副会長、四宮(しのみや)かぐや。努力家の生徒会会長、白銀御行(しろがね・みゆき)。2人は自らの意地とプライドにかけて、自らは告白しない、相手に告白させる、と心に決めて戦い続けている間柄。

 全く恋愛経験のない2人。でも整った容姿と才能ゆえに、経験豊富だと思われがち。2話では御行が男子生徒に告白の相談を持ちかけられ、よくわからないまま勢いで壁ドンもどきを伝授。なぜか成功、カップルが誕生しました。

 今回はそこで付き合い始めた彼女側から、かぐやへの相談。内容は「円満に彼氏と別れる方法が知りたいんです」。重いよ。

 かぐやが考えたのは、相手の良い所を認識することで、自分が本当に相手を好きなのか確認するというもの。意外とまっとうでした。

 かぐやが「好き」を考えたときの解答でもあります。彼女は好きな人のことを考えると、良い所がどんどんわいて出てきてしまうから。


かぐや様は告らせたい ほっとくとすぐダダ漏れになる(3巻P121)

 かぐやはどうにも、恋愛関係の話をしていると自分の「会長が好き」の思いにシンクロしてしまって、気持ちがダダ漏れになりがち。

 目付きの話題になった時も「違うのっ! 目付き悪いのを気にしてる所がかわいいの!!」と反論するかぐや。会長の話をしていない、という意識がスポーンと抜けてしまう。なお目付きについては、彼女の「フェチズム」の部分として原作でさらに語られています。

 かぐやは恋愛の話を、自分に仕えている早坂以外に話したことがありません。学校での恋バナ体験は皆無です。そこに引け目を感じていることはないですが、「話したい」思いはどこかしらある。だからなのか、恋愛の話になると、隠しているつもりの自分語りが混じってしまう。

 感受性自体は豊かな彼女、今はそれをあらわにするのを抑え込まれている部分があるけれども、御行のことを話す時に押さえきれず、彼女の顔は赤らみ、ほころんでいきます。

 これが、恋なんだなあ。


かぐや様は告らせたい ラブ探偵チカ参上(3巻P122)

 それに対して、恋バナさせろと言わんばかりに踏み込んでくるのが、藤原書記。自称ラブ探偵チカ

 大変ふざけた格好なんだけれども、恐ろしいことに彼女の言うこと、割と的を射ていました。

 相手がほかの女とイチャコラしている所を想像してみる。その時わいた感情が相手への好意の指標になる。

 これがかぐやにクリティカルヒット。会長と藤原書記がいちゃついている様子を想像して、マジギレ。あなた一応、藤原書記の友人でしょう。


かぐや様は告らせたい 時々鋭いから困る(3巻P124)

 藤原書記がこの回で起こしたまともな助言と、ミラクルな解決策。結果、別れ際だったカップルは修復されました。

 もっとも藤原書記も、恋愛経験豊富だとは描かれていません。結構モテるらしいけど断っているらしい。ただ、彼女は最強レベルのコミュニケーションモンスター。人と人との関係を、自分のフィールドに巻き込んで解決していく。この術は、テクニックではなく経験として身体が覚えているようです。

 それに対して、かぐやは現時点では、会長を中心とした生徒会メンツ(というか御行)しか見えていません。生徒に対して公平に手助けしようとはしているようですが、御行へのひいきはちらほら見える。

 でもその特別扱いですら不器用。経験不足で視野が狭く、家庭環境のせいで動きが取れない。モヤモヤを抱える彼女が御行から、ポジティブに物事を考えることを学んで、成長していくのも、この作品の魅力。


かぐや様は告らせたい 本当に芯が善良な会長(3巻P132)

 「好き」とはどういう気持ちなのかを描いたこの回。御行の努力を見たときの、理屈を超えたかぐやの表情に、その答えは出ています。


相合い傘攻防戦

 ラブコメの王道イベントといえば、相合い傘。かぐやも憧れを持ってはいるようですが、まずは分析から入ります。


かぐや様は告らせたい ギスギスしてるなあ(3巻P10)

 かぐやとしては、相合い傘はマーキング行為という認識のようです。相合い傘をすることで、つばつけてますよ、とアピール。ほかの人の恋愛品定めから除外されるように牽制(けんせい)する、ということらしい。いきなり恋の駆け引きに飛んでっちゃったか……わからんでもないけど。


かぐや様は告らせたい このマンガの真価が発揮されるページ(3巻P17)

 この話は、「かぐや様は告らせたい」という作品の心理戦、ミステリー要素を含む詰将棋感覚が、存分に味わえる展開になっています。かぐやVS御行の「どっちが嘘つきだと暴露されるか」「どっちから相合い傘に誘うか」バトルが勃発。

 かぐやが、御行のアリバイを順序立てて考察し、御行の嘘をもりもり暴露していく様子は、かなりスピーディーでスリリング。まるで検事。


かぐや様は告らせたい 勝ち誇った顔をすると大体藤原書記が出てくるフラグ(3巻P19)

 今回のかぐやの下準備は、狂気的な領域に達しています。天気図はまだしも、自宅の車のタイヤを千枚通しでパンクさせるのは実力行使が過ぎる。

 でもそんな努力は、バランスブレイカー藤原書記の前では何の意味も持たない。作戦を立てる時、先に「藤原書記が出てくる」というのは計算に入れないと、永遠に計算は成立しない……けどそれを考えたからといってどうすればいいのか。なお御行の藤原書記対策は、今連載されているマンガで実行されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

 相合い傘、というか男女の付き合いの行動は、「したいから、する」という単純なもの。どうにも頭でっかちになりがちな2人からは、恋愛イベント性の理屈が重視されて、抜けてしまう部分です。理由がないと動きづらいんでしょう。

 とはいえ、今回のラストを見ると「一緒にいたい」というシンプルな気持ちを、ちゃんと感じはじめています。


かぐや様は告らせたい 今回運動できない話が入った分、その他がイケメンな会長(3巻P23)

 5話では超絶運動音痴なところを見せた御行(藤原書記おつかれ様)。その反動のごとく、決めるところで決める様子が見られます。

 相合い傘で「半分 借りる」というセリフ、どっちが上とか有利とかという、普段のやりとりを飛び越えている。はんぶんこにして一緒に歩むという、一歩進んだ恋愛観がちらっと見えるシーン。

 恥じらいがキュートな2人の相合い傘。案外、明確な線引きって付けなくてもいいのかもしれない。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/15/news049.jpg 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
  3. /nl/articles/2201/14/news024.jpg ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  4. /nl/articles/2201/15/news053.jpg 「こんないいものがあるんですね!」 吉川ひなの、第3子次女の“ベビーヘルメット使用”明かし反響
  5. /nl/articles/2201/16/news007.jpg 子猫「パパー!」父猫「よーしよし」 甘えにきた子猫をギュッと抱きしめる父猫が愛情たっぷりでほほえましい
  6. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  7. /nl/articles/2201/16/news027.jpg 「お綺麗すぎる」「ママそっくり」 倖田來未&misono、テレビ初歌唱で称賛の母親と“歌姫3ショット”公開
  8. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  9. /nl/articles/2201/16/news029.jpg 宮里藍、0歳娘を見つめる“ママ姿”が幸せいっぱい 初めての親子ショットに「ママの表情」「なんか泣けてくる」
  10. /nl/articles/2201/16/news016.jpg 「ルールを破れば容赦しない」 いじめを絶対に許さない先生の漫画に「こんな先生に出会いたかった」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」