「安全なパスワードは難し過ぎて自分さえログインできない」問題、どう対処するのが“正解”なの?

年々、「安全なパスワード」のハードル上がってません?

» 2019年02月14日 12時00分 公開
[ねとらぼ]

 インターネットが普及した現代社会では必要不可欠、でも、とにかく面倒くさいのがパスワード管理。メールやSNS、ネット通販、有料動画配信サービスなどでアカウントを作るたびに「パスワードを設定してください」、ログインし直すたびに「入力してください」と、何度も何度も入力が求められます。

 そのうえ、セキュリティに配慮した“安全なパスワード”には、「○文字以上にする」「アルファベットの大文字、小文字を混ぜる」などの条件があり、覚えるだけでも一苦労。“安全で、しかも、記憶力に優しいパスワード”の管理方法はないのでしょうか?



安全なパスワードの作り方、ちゃんと守ってます?

 そもそも安全なパスワードが必要だといわれているのは、不正ログインなどの被害を防ぐため。これにはさまざまな手口があり、流出したID、パスワードを利用する「リスト型攻撃」、パスワードに使われそうなフレーズを試していく「辞書攻撃」などが知られています。

 こういった攻撃はプログラムを使って行われるため、文字列の組み合わせを全て試していく「総当たり攻撃」のような力技としか思えない手口でも成立してしまう可能性があるといいます。大げさに言うならば、パスワードとは「人間 vs コンピュータの戦場」なのかもしれません。

 では、安全なパスワードは具体的にいうと、どのようなものなのか。その内容は団体などによって多少異なりますが、情報処理推進機構らの情報をまとめると、以下のようなものになります。

  • 最低8文字以上
  • 人名や辞書に載っている語、電話番号、文字の単純な羅列などは使わない
  • 誕生日、自分の名前なども避ける
  • アルファベットの大文字、小文字、記号、数字を混ぜる
  • 複数のサービスで使い回さない

情報処理推進機構による悪いパスワードの例。考えるだけでもけっこう大変そう


「覚えやすくて安全なパスワード」とは何なのか。Googleヘルプページでは、歌や本の一節を使う方法が紹介されています

 要するに「長くて」「複雑で」「他人から推測しにくい」ものを使うべきというわけ。さらに「使い回さない」という条件もありますから、そのようなフレーズをいくつも考えて、各サービスで使い分けなければならない、ということになります。

 何とかこの通りに安全なパスワードを作ったところで、忘れてしまったら元の木阿弥。悪意のある第三者ばかりか、自分までログインできなくなってしまいます。実際のところ、「推奨されているやり方は知っているけど、守っていない」という人がかなり多いのではないでしょうか。

「覚えられないから適当」ではなく「覚えなくてもいいから安全に」

 パスワードは強固なものを使うのが理想的。でも、人間の記憶力には限界があって、それは難しい。だから、良くないと分かっていても適当になってしまう―― こんな現実的な問題は、どうすればクリアできるのでしょうか。

 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が制作する「インターネットの安全・安心ハンドブックVer.4.00」で推奨されている方法の1つは「スマホのパスワード管理アプリを使う」というもの。「利用規約を守り、システムを最新に保っている限りは、スマホのセキュリティは十分に高い設計」で、紛失・盗難に対しては「3重4重のセキュリティ」が設けられているといいます。


専用のノートで管理するのもOKとされています(画像はインターネットの安全・安心ハンドブックVer.4.00より)


扱い方次第なところもありますが、スマホは○が2つ。この中なら、もっと評価が高いパスワードの管理方法といえそうです(画像はインターネットの安全・安心ハンドブックVer.4.00より)

 この方法を推奨する背景には「パスワードは適切に扱ってほしいが、記憶力頼みで管理するのは非現実的」という発想があるもよう。ツールに頼ることを認める一方、以下のように“すべきではないこと”がいくつも掲げられています。なお、詳細は同ハンドブックからご確認ください。

<パスワード管理の注意点(一部)>

  • 複雑ではないパスワード、使い回しなど安全“ではない”使い方は避ける
  • ブラウザの自動入力機能を使うのはNG
  • ノートなどに記録する場合は分からないように書く(それ専用のノートもある)
  • ソーシャルログイン、アプリ連携は避ける
  • 秘密の質問は、真面目に答えてはいけない(SNSなどから推測できてしまう可能性)
  • パスワードの定期変更は基本的に必要ないが、情報流出などがあったら速やかに変更

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  2. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/23/news012.jpg ママを後追いして号泣する赤ちゃんに、猫がまさかの行動を見せ…… あまりに尊い光景に「自分の子どもだと思ってるんですね」
  5. /nl/articles/2406/23/news017.jpg 抱っこで熟睡している赤ちゃん、ママの声が聞こえた瞬間……! 天使のような反応に泣けるほどの愛と幸せがつまっている
  6. /nl/articles/2406/04/news193.jpg リビングで“水のみ”使ってレタスを育てたら……? ぐんぐんと育ち大量に収穫する様子に「一生レタス買わなくていい」「やってみたい」の声
  7. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  8. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  9. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  10. /nl/articles/2404/28/news005.jpg 「とんでもないものが売ってた」 ハードオフに“33万円”で売られていた「まさかの商品」に思わず仰天
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」