いつからゴミだと思っていた? ストロー袋の写真ばかりを集めた同人誌が一種のアート作品司書メイドの同人誌レビューノート

あなたは取り出した後のストロー袋をどうしていますか?

» 2019年02月24日 12時00分 公開
[シャッツキステねとらぼ]
シャッツキステ

 このあいだ小雪混じりの風に首をすくめていたと思ったら、ここのところにわかに暖かくなってきました。このまま春に向かっていくのでしょうか。冬の間は温かい飲み物ばかりを飲んでいましたが、ぽかぽか陽気になると、ひんやり冷たい飲み物も急に目につきはじめたり。今回は、冷たいお飲物のお供、ストローについての同人誌です。いえ、もっと詳しくお伝えすると、こちらの同人誌は「飲み物」でもなく「ストロー」でもなく、ストローの「袋」しかも「ストローの袋のゴミ」ばかりを集めた同人誌です。

今回紹介する同人誌

『ストローの袋のゴミのかたち図鑑』A5 20ページ 表紙・本文カラー

作者:ふねこあみ


同人誌 シャッツキステ ストローの袋のゴミのかたち図鑑 ストローの袋だけが載った同人誌です

出会って、気付いて、収集して。きっかけはお父さんの喫茶店

 この同人誌は、著者さんがお父さまの経営する喫茶店でアルバイトをされていたのがきっかけだそうです。ある日お客さんが帰った後に残されたストローの袋に目をとめ、そこから興味を持って集め始め、2017年4月から10月までの7カ月間に渡る収集の成果がいまここに!

同人誌 シャッツキステ ストローの袋のゴミのかたち図鑑 あああ、あるある! と言いたくなる「イモムシ」型などおなじみの形

ちょっぴりアート? ゴミから見える形の面白さ

 ご本の中にはたくさんのストロー袋の写真が掲載されています。なにげないストロー袋のゴミ。それに「ヤブル」「ネジネジ」「クシュクシュ」など、著者さんが名付け、近しい形ごとに分類してあります。並べてある名前を見るだけで、ストロー袋のゴミには「開ける」「ストローを取り出す」「そのあと加工する」のアクションが発生していることに気付きました。これは多彩な!

 とはいえ、きっとこのストロー袋が卓上にあったら「あ、ゴミね」と思って片付けてしまうでしょう。それなのにこうして分類され、並べられると急に一つ一つの形の面白さにも目がとまります。無造作に丸めてあるもの、ねじったり、折り込んだり。人の手わざとは、限られた材料でありながらこのようにさまざまな姿を作り上げるものなのか! と感嘆さえ湧いてきました。

 それらを黒の背景で並べることにより、ストロー袋の白さが際立ち、一種のアート作品のたたずまいです。最終的にはリサイクルのロゴがワンポイントのアクセントにすら見えてくるほど。

同人誌 シャッツキステ ストローの袋のゴミのかたち図鑑 「別名Xポーズ」とも呼ばれる、という解説にストロー袋界の奥深さを感じます

ストローの袋に過ごし方が反映される。あなたはどの形?

 「イモムシ」にあるあると思ったり、結び目をわざわざ2つも作っている袋にはなぜ? と興味が湧いたり……暇だったのでしょうか。そんな風に思いをはせて、いつもの間にか残された物の形から、使った人の過ごした時間を想像していました。

 著者さんも「無意識のうちに行われる何気ない行動が『かたち』となって現れていることにとても魅力を感じるようになりました」と書かれているように、ストローの袋はほとんど記憶に残りません。先週飲んだオレンジジュースのストロー袋をどんな風にしたか覚えてる? と聞かれても、自信をもって答えられる気がしません。そんな通り過ぎてしまう喫茶店の一瞬を、ストロー袋はその体めいっぱいを使って記録しているんですね。しかも「ストロー袋」という本体の付属品という宿命ゆえのはかなさと、使った人の癖が見えるような見えないような……という不確かな情報具合が絶妙のバランスです。

 巻末のごあいさつは「日常に溢れる些細な違いを少しでも楽しんでいただければ幸いです」と結ばれています。「ちょっと違う」が並べてみるとこんなに面白くなるんですね。明日、冷たい飲み物を飲んだら思い出してしまいそうなご本です。

同人誌 シャッツキステ ストローの袋のゴミのかたち図鑑 ただ取り出すだけにも個性が。あなたはどんな風に開けます?

サークル情報

サークル名:ねみみみみず

Webサイト:https://nemimi.sss-fc.com/

Twitter:@funekoami

note:https://note.mu/funekoami

参加予定のイベント:おもしろ同人誌バザール(4月6日開催)


今週のシャッツキステ

シャッツキステ メイド 同人誌 本棚の背を整えるときは、指の甲でそろえる派です。ちょっとした動作にも「自分流」ができていたりしますね

著者紹介

シャッツキステ メイド 同人誌 司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

関連キーワード

同人誌 | 面白い | 芸術


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」