日本と台湾で異なる文化 異国で出会った2人が描くそれぞれの国の同人誌即売会司書メイドの同人誌レビューノート

合作「AYO&HINATA 日本⇔台湾同人出展記」をご紹介。

» 2017年08月06日 12時00分 公開
[シャッツキステねとらぼ]
シャッツキステ

 日差しの強い日には「当日も熱中症対策をしっかりしなくては」と思い、涼しい日が続けば「当日もこんな気温がいいなぁ」と夢見て……何かにつけて思いをはせずにいられない。そう、年に2回の大きな同人誌即売会、コミックマーケットの開催が1週間後に迫ってまいりました。皆さまカタログは読みました? どんな方々がサークル参加されるかというサークルチェックの他にも、いろんな情報満載ですよ。準備万端整えて、もうすぐステキな同人誌との出会いを楽しみに……。

 今回は、異国の同人誌即売会で出会ったのをきっかけに、ついに日本と台湾の合同同人誌を出してしまった! そんな、海を越えた同人誌活動をつづった本をレビューします。

今回紹介する同人誌

「AYO&HINATA 日本⇔台湾同人出展記」 B5 52ページ 表紙カラー・本文モノクロ

著者:阿油/木野陽


同人誌「AYO&HINATA 日本⇔台湾同人出展記」 表紙も、ほのぼのした絵柄の阿油さんと、繊細なタッチの木野さんの合作です

海を越えた! 日本と台湾でタッグを組んだ合同誌

 近年、異国でも同人誌即売会が開催され、創作や二次創作など、活発に作成されていると聞きます。なかでも台湾の同人誌即売会は、「参加したよ」「イベントに合わせて台湾に行ってみた」という声もよく耳にします。

 この本の著者のお一人、木野陽(きのひなた)さんも、どきどきしながら初めて台湾の同人誌即売会にサークル参加します。申し込みなどに手間取るものの、会場に入ってみれば、机の上に自作の同人誌を並べて販売するのは一緒。準備OK。

 開場したら、台湾の参加者さんに同人誌を手に取ってもらえて……と、ここで立ちはだかったのは言葉の壁。せっかく自分の同人誌に興味を示してくれた人がいるのに、なんて言われているのか分からない! そんなとき、横から助けてくれたのが、この本のもう一人の著者、台湾のマンガ家である阿油(アヨ)さんでした。なんと阿油さんは、日本に留学経験もあるほどの事情通。「助かった……」と、こんな出会いを経て、日本と台湾でそれぞれに活動されていたお二人は出会ったのです。

同人誌「AYO&HINATA 日本⇔台湾同人出展記」同人誌「AYO&HINATA 日本⇔台湾同人出展記」 隣のサークルさんと運命の出会い

海外イベントに参加するってどんな感じ? 日本、台湾、それぞれからの目線

 本には、木野さんが台湾を旅して同人誌即売会に参加した様子、阿油さんが日本に留学していたときに参加した日本の同人誌即売会の体験などが、それぞれマンガで描かれています。台湾の同人誌即売会の様子が興味深いのはもちろん、異国の方から見た、日本の同人誌即売会との差異を発見されているのが面白い!「台湾の1スペースは机が大きい」とか「イベントの開催時間が違う」とか、本当に参加されてきた方だからこその、リアルな体験がエピソードのそこここに垣間見えます。

同人誌「AYO&HINATA 日本⇔台湾同人出展記」同人誌「AYO&HINATA 日本⇔台湾同人出展記」 同人誌即売会のことをあまり知らないのに、マンガ好きというだけでお手伝いにきてくれる日本語学校の先生。この方がまたいい味を出してらっしゃる

言葉の壁をクリアして、日本版、台湾版の2冊発行へ!

 そして、交流を深めたお二人は、なんと1冊の同人誌で、それぞれ日本版と台湾版を作ることになります。中身は各言語で翻訳されているとか。これで現地の人たちにも、本を楽しんでもらえる可能性がぐっと上がりますね。

 本を読んで、「すごい!」と思ったのは、異国の同人誌即売会にサークル参加するだけではなく、手に取ってもらった後のことを、お二人とも想像しながら活動されていることです。自分の大切な作品をいろんな人に届けようと、読んでもらえるように、作品を楽しんでもらえるように……と考えて、実行に移されているのは、本当にすごい!

 あともう少しで、日本で……いえ、世界でも一番大きな同人誌即売会「コミックマーケット」が開催されます。よき同人誌との出会いがありますように!

同人誌「AYO&HINATA 日本⇔台湾同人出展記」 読んでもらえるなら、ちゃんと作品を届けたい! という熱い思いを感じます


サークル情報

サークル名:油*楽園/辺境屋

次のイベント参加予定:

【日本】辺境屋で頒布 コミックマーケット92 日曜日東つ-11b、COMITIA121 か01a

【台湾】油*楽園で頒布 CWT46(台北)1日目、2日目 M12、CWT T18(台中)1日目 B30

購入場所:

【日本版委託】COMIC ZIN

【台湾版委託】台灣同人誌中心

Webサイト:http://www.etheric-f.com

Twitter:@hinata_k(木野陽)

連絡先:yutaka8637☆gmail.com(阿油、☆→@に)


今週のシャッツキステ

シャッツキステ 私設図書館でのメイド語り「眼鏡」夜話が無事に終了して、眼鏡で集うメイドの図。さてさて、もう少しで夏コミですね! 当日まで体調を整えるのも大切ですよ。サークルチェックをしたら、しっかり睡眠、しっかり休養してコミケに挑みましょうー。ご健闘を!

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

関連キーワード

同人誌 | 台湾 | 日本 | 漫画 | コミケ | イベント | 留学 | 海外


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  3. /nl/articles/2405/20/news009.jpg ドクダミを除草剤を使わず防ぐ方法3選 生態と対策がよく分かる解説に「待ってましたよ!」 「これは嬉しい!」と大反響
  4. /nl/articles/2405/20/news035.jpg 夫が男子トイレで発見した“幸運の虫”を妻に見せると…… 感動を呼ぶその正体に「蝶より綺麗」「素敵な旦那さんだ」
  5. /nl/articles/2405/17/news147.jpg 丸刈り男性が“1年間”髪を伸ばし続けたら…… 55週間の“大変身”の記録に「これはすごい!」「クールだね」
  6. /nl/articles/2401/18/news015.jpg 巨大深海魚のぶっとい毒針に刺され5時間後、体がとんでもないことに…… 衝撃の経過報告に「死なないで」
  7. /nl/articles/2405/19/news034.jpg 父が答えた「人生最後の日に食べたい物」に衝撃走る 思わず涙こぼれる回答に「泣かせないでください」「心に沁みた」
  8. /nl/articles/2405/20/news034.jpg 生後6カ月の赤ちゃん、ママと目が合ってニコッ!からの…… 無敵のかわいさに「撃ち抜かれた……」「癒しをありがとう」
  9. /nl/articles/2405/20/news068.jpg カスハラなど客の迷惑行為で「もう限界」 老舗銭湯が閉店を決意した理由に「一番心折れるパターン」「見ていてつらい」
  10. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評