レビュー
» 2018年12月23日 12時00分 公開

「必ずゴーグルを着けること。失明します」 200万年前のロマン感じる同人誌『打製石器を作る』が難易度ベリーハード司書メイドの同人誌レビューノート

難しそうだけど……作ってみたい!

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 1年、早いものですね。2018年はどんな年だったでしょうか……と、これまでを振り返る年末。どうせ振り返るなら、思い切って200万年くらいさかのぼってみませんか!

今回紹介する同人誌

『打製石器を作る』

A5 24ページ 表紙1色刷り・本文モノクロ

作者:林三知代


同人誌 シャッツキステ 打製石器を作る 博物クリスマス コート紙に銀一色で刷られた表紙は、その艶(つや)で黒曜石を思わせます

あなたは尖頭器形? 矢じり形? 鹿角を片手に打製石器を作る

 打製石器は、旧石器時代に使用されていた道具。石を削ることでとがらせ、武器やナイフのように使用していたようです。こちらの同人誌は、そんな打製石器を自分で作るためのガイド本です。

 まず、主な材料となるのは黒曜石。おお、黒曜石。そのかっこいい言葉の響きと、石なのに透明感のある輝きを持っていて、歴史の教科書に載っていたのを覚えています。そして、次に用意するのは鹿の角。こちらは黒曜石を削るハンマーの代わりに使用するので、大きめのものが良いようです。

 ……ここまで読んで、「無理じゃない!?」と早々に諦めがよぎりかけます。黒曜石と鹿の角、現在、これをいきなり準備できる方は、相当に恵まれた打製石器作りの環境にあると言っていいでしょう! しかし、手に入らなくても大丈夫。ちゃんと「鹿角を手に入れるのが難しい方に」というページもあり、市販の銅の棒などを使って代用できることが紹介されています。黒曜石については、ガラス瓶の底でもいいのですって。実は打製石器作りは各地の歴史資料館などで体験イベントとして催されたり、意外と身近に体験できる機会もあるようです。

 教科書から抜け出してきたような打製石器。けれど、このご本は歴史の通りに作ることを目指してはいません。あくまで、21世紀の今、できるところは便利に、打製石器作りに取り組みます。

皮手袋(しても手は切る)。読み解くだけでハードな作業がひしひしと迫る

 しかし、現代であってもなお……いや、これは現代だからこその注意事項が本文1ページ目から掲げられます。

 「必ずゴーグルを着けること。失明します」。

同人誌 シャッツキステ 打製石器を作る 博物クリスマス けがに気を付ける注意文と、基本の道具さえ入手が難しそうな雰囲気に、少しばかりの戸惑いが……

 石器を削った破片はとても細かく鋭いので、とにかく要注意と繰り返し語られます。その他、準備物の解説に「皮手袋(しても手は切る)」とコメントがあったり、「ソフトハンマーが左足にめっちゃ当たるのであざだらけになる」と記されており、さらにその横に「が、むしろ足ごと叩く勢いで割る!」と続いているあたりで、慎重さと大胆さの共存が必要な、ダイナミックかつハードな作業なのではと、ものすごく淡々とつづられる打製石器作りページを見ているだけで、なんだかどきっとしてきましたよ……。

 こちらのご本は、図も文字も全て手書きです。内容は打製石器の作り方を紹介されているのがメイン。白と黒のシンプルな作りながら、打製石器について丁寧なレクチャーがなされます。

 しかし、実のところ私のように、今まで打製石器について考えたこともなかった人間が、これ1冊でいきなり完璧な打製石器を作るのは難しいかもしれません。けれど、例えば「失敗図」だけでなく、「大失敗図」が並んでいたり、とにかく1回自分でやってみて、そのあとに読んだら「そうそう、ここでつまづいた!」と激しくうなずけるタイプのご本ではないでしょうか。

同人誌 シャッツキステ 打製石器を作る 博物クリスマス同人誌 シャッツキステ 打製石器を作る 博物クリスマス 周到な準備と、実際にやっている方だからこそのアドバイスが光ります

美とロマン。自らで作り出す200万年前とのつながり

 作者さんは「実際に使用できる石器、現代の道具も使用しながら素人がなるべく使用に耐える石器を作ることを目標とした」と書かれています。とはいえ、現代生活のなかで、わざわざ石器を作らなくても、その代用になるものはたくさんあります。それでもあえて、こんなにも手間暇と、時に文字通り身を削って打製石器作りに取り組んでいらっしゃるのを読むうち、私はいつのまにかその解説の一つ一つの向こうに、200万年前の生活を思い浮かべていました。

 黒曜石と鹿角はきっと昔だってなかなかレアな素材だったんじゃないかしら。細く石を剥ぐ技術を駆使して、自分の思い通りに仕上げたら、とっても愛着のわく道具になったでしょうね。そして作者さんのTwitterででき上がった打製石器を拝見すると、なんと美しい! 実用的で美しく、しかもそれを、打って石を削ぐというランダムな要素の高い工程を経て自ら作り出すなんて。

 教科書で出会ったときにはただ「掲載された写真」と感じた打製石器が、同人誌として作り方を読むことで、いま打製石器を作っている方を通して、はるか昔の人とのつながりを感じているような気分にすらなりました。

 小さな切片と向き合う姿から、過去に思いをはせて。そして、2019年は猪さえ狩りさばけるような、ダイナミックな年になるかも!? なんて未来も想像してしまったり。少しばかり気が早いですが、どうぞみなさま良いお年を。

同人誌 シャッツキステ 打製石器を作る 博物クリスマス 「石器にしたい形の都道府県」その発想で都道府県を見たことが無かったです!おまけページからも作者さんの打製石器愛が伝わります

同人誌 シャッツキステ 打製石器を作る 博物クリスマス 作者さんが実際に作ったもの

同人誌 シャッツキステ 打製石器を作る 博物クリスマス カラフルで目にも楽しいですね

サークル情報

Twitter:@lunba240

現在入手できる場所:博物クリスマス(2018年12月23日まで)、ウェブメディアびっくりセール(DOGUPOTA、2019年1月19日開催)、大阪市立自然史博物館ミュージアムショップで販売予定


今週のシャッツキステ

シャッツキステ メイド 同人誌 当館の蔵書からご縁のありそうな資料をトーヤちゃんが探してくれました。倒したマンモスをおいしくいただくときなどに石器を使っていたかもしれませんね!

著者紹介

シャッツキステ メイド 同人誌 司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

関連キーワード

同人誌 | 歴史 | 作り方


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/15/news049.jpg 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
  3. /nl/articles/2201/14/news024.jpg ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  4. /nl/articles/2201/15/news053.jpg 「こんないいものがあるんですね!」 吉川ひなの、第3子次女の“ベビーヘルメット使用”明かし反響
  5. /nl/articles/2201/16/news007.jpg 子猫「パパー!」父猫「よーしよし」 甘えにきた子猫をギュッと抱きしめる父猫が愛情たっぷりでほほえましい
  6. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  7. /nl/articles/2201/16/news027.jpg 「お綺麗すぎる」「ママそっくり」 倖田來未&misono、テレビ初歌唱で称賛の母親と“歌姫3ショット”公開
  8. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  9. /nl/articles/2201/16/news029.jpg 宮里藍、0歳娘を見つめる“ママ姿”が幸せいっぱい 初めての親子ショットに「ママの表情」「なんか泣けてくる」
  10. /nl/articles/2201/16/news016.jpg 「ルールを破れば容赦しない」 いじめを絶対に許さない先生の漫画に「こんな先生に出会いたかった」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」