ニュース
» 2019年03月19日 08時00分 公開

マシーナリーともコラム:「ホフホフ熱い……」 『美味しんぼ』1〜111巻から海原雄山がかわいいシーンを独断で選ぶ

おじいちゃん、『美味しんぼ』の話はこの間やったでしょ。

[マシーナリーとも子,ねとらぼ]

 バーチャルYouTuber、マシーナリーとも子による不定期コラム第7回(連載一覧)。今回は漫画美味しんぼから、至高のツンデレこと海原雄山「カワイイシーン」について語ってもらいました。おじいちゃん、『美味しんぼ」の話はこの間やったでしょ


マシーナリーともコラム 初期のおちゃらけてない山岡いいよね

ライター:マシーナリーとも子

マシーナリーとも子 プロフィール

徳で動くバーチャルYouTuber(サイボーグ)。「アイドルマスター シンデレラガールズ」の池袋晶葉ちゃんのファンやプロデューサーを増やして投票してもらうために2018年4月に活動開始。前世はプラモ雑誌の編集をしていたとも言われているが定かではない。現在はBOOTHでグッズを売ったりLINEスタンプ(123)を売ったりしている。スマホアプリ(iOS / Android)、合同誌作りました。お仕事募集中。

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/barzam154



たまに立ち回りをミスってカワイくなっちゃう雄山

 オヒョーオヒョー。マシーナリーとも子よ。最近なにやってたかっていうと、労働したり、仕事辞めたりしてた。ウワッ! 仕事辞めちゃったよ。参ったね。これからはしばらくプータロー……もといフリーランサーとしてやっていくからこれを読んでいるそこの君や御社。仕事くれ


マシーナリーともコラム 仕事くれ

 さて給料がもらえなくなったということで当面金がない。読者のみんなも「お金がないぜ〜!」と毎日悩んでるクソカス貧乏がけっこうおると思う。そんなときにうれしいのが最近にわかに流行ってるマンガの期間限定読み放題だよな。最近ではなぜかスキマで将太の寿司を全巻読み放題になった結果やたらTwitterで話題になって割とバズるなんて謎の現象もあったよな……ってまだ読み放題やってるのかよ!

 こういう読み放題サービス、マンガという文化の安売りにつながるんじゃないの? なんて危惧もあるけど単純にやっぱり広告としての効果が高いらしくいろんなところが実施してるよな。期間限定にすることでみんなでワイワイイベント的に読める楽しみ方みたいなのもあるんだと思うわ。かくいう私も以前、『月下の棋士』を無料キャンペーン中に10巻くらい読んだらドハマりして、その後全巻定価で電子書籍買っちゃったりしたこともある。残高が泣いてるぜ。

 そんなマンガの期間限定一気読み配信をやってくれないかな〜と思ってる作品があるんですけど、それはなにかって言うと『美味しんぼ』です。



 ハイ、そこ『美味しんぼ』の話は前にもやっただろとか言わない!!!

 いや、じつはこのマシーナリーとも子、美味しんぼ大好きです!! ってふうなこと言っておきながら、単行本を1から10まで全部集めてキチンと読んだことってないのよ。いわゆるコンビニ本は何十冊も持ってて、それで読んだんだけどさ。だから意外と知らないエピソードが多かったりするんだよな。一応ちょこちょこと30冊くらいKindleで持ってはいるんだけどなんせ100巻超えのマンモス作品だ。全巻ゲットするのは骨も折れるしお金がいくらあっても足りないぜ。

 というわけで今回はもし『美味しんぼ』の読み放題キャンペーンが催されたとしたら、話題になるに違いないであろう「海原雄山のカワイイシーン」を独断でチョイスして紹介していきたいと思う。美味しんぼの象徴ともいえるこのおっさん、たまに立ち回りミスって異常にかわいくなっちゃう回があるんだよな。例えば有名なハンバーガーの回とか。


マシーナリーともコラム 美味しんぼ9巻「ハンバーガーの要素」より。あさましい食い物のハンバーガーの食べ方が分からない雄山

 今回はそんな雄山のチャーミングさに注目して『美味しんぼ』の読みどころをピックアップしていきたいと思う。いまのところ美味しんぼのコミックスは買って読むしかないので気になった回があったら諦めて買って読め。わかったか。



マナー講師モードなのにマナーがなってなかった雄山


マシーナリーともコラム 第6巻「究極の作法」より 脈絡なくいきなりキレだす雄山

 第6巻収録の「究極の作法」は、料理そのものではなく食器である箸をテーマにしたお話。

 この回の雄山は箸に興味を持つフランス人や食通と一緒にメシを食うことになっただけで、本当に特に、まったく山岡と対立する必要性がない立場なんですが、突然食後の山岡に対して「その箸を見てなにか気付かないのか……?」と問いかけ始めます。どうした?

 言われた山岡も突然の問いの趣旨が分からないようで「赤杉でできた箸だろ……?」と材質の話をし始めてしまうんだけど雄山はニヤニヤするだけで「それだけか?」と煽った揚げ句についにはキレ始める。怖いって。


マシーナリーともコラム

 言われて箸の先を見ると箸の濡れ具合が違う! 雄山は山岡の、マナーのなってなさを指摘していたのだ!

 が、そもそもこの食事の席では「メシがうまい」「箸を使う文化って素晴らしいね」という話をしていただけで、誰も、ひとことも「箸を使うときの作法」の話はしていないんだよな……。なのに突然雄山が場を支配して「今回の教訓は食のマナーです」という方向に誘導していきます。なんなんだよ。

 もはや完全に偶然出くわした山岡にケチをつけたいだけ、大目に見ても不肖の息子をしつけたいだけにしか見えないのですが、さらにこの回で白眉なのはいきなり箸の使い方でマナーを問い始めた雄山自身が……。


マシーナリーともコラム

 入室時は廊下をデカい足音立てて歩いていたこと。人類のマナーについてはサイボーグの私は分からないけど、「箸の先端を多めに濡らしてしまう」よりも「廊下をドスドス歩く」ほうがマナー悪いように感じるんですけどどうなんですかね。でもそんなところもカワイイよ雄山。

 ちなみにこの話が収録されている第6巻は、美味しんぼ随一の珍エピソードとして有名な「超能力者にタイムスリップとテレポーテーションさせられる回」も収録されており、おトクなので取りあえず1冊買うのにオススメ。



起承転結が1ページで完璧な雄山

 この雄山は第1巻収録、海原雄山が2回目の登場を果たす「ダシの秘密」に登場。

 この完璧に美しい流れを見てくれ。


マシーナリーともコラム 第1巻収録「ダシの秘密」より。雄山のハイスピード心変わりを軽妙なテンポで描いた名ページ

 いや、マジですごいな。全美味しんぼでいちばん構成が美しい1ページなんじゃないだろうか。

 いいダシを飲んでご機嫌で厨房にやってくる雄山(起)→互いの存在に気付き、声もなく愕然(がくぜん)とする山岡と雄山(承)→意外な遭遇に大慌てする一同(転)→そしてダシを取ったのが山岡と知った途端に毒づき始める雄山(結)……と流れが完璧すぎるんだよな。完成度が高すぎる。山岡相手だとまっっっっったく素直になれない雄山がカワイイを通り越してもはやオモシロの域に達しています。

 いやあこのページを見るだけで初期の美味しんぼは食文化の風刺なんかしなくてもマンガとしてとても完成度が高かったのが伺えるな……。


マシーナリーともコラム

 次のページのこのコマの大原社主ハイスピード脱会も両者の表情の違いとかじーっと見つめてるとジワジワ来て面白い。すき。



飲茶が美味しくてニコニコになってしまう雄山

 第8巻第1話の「飲茶」は美味しんぼ劇中でも屈指といえるほど海原雄山がごきげんになる回で、そもそも今回の「海原雄山のカワイイところを紹介する」という趣旨は、この回の話をしたいがために無理やり立ち上げたといってもいいくらい雄山がカワイイ回です。

 華僑の大物で食通の周大人に招かれた雄山が飲茶を堪能する、という話なんだけど……。


マシーナリーともコラム 第8巻「飲茶」より、料理2品目でもうニコニコしてしまっている雄山

 あまり食べた経験がないのか、普段の触れるもの全て粉砕するかのような荒くれ者だった初期の雄山からは想像できないほどの穏やかな表情を見せてくれます。カワイイ。


マシーナリーともコラム

 ワクワク状態で食い気味に具の話をし始めたり、パクチーの香りに「ああ……」とか漏らしてしまう雄山。カワイイ。


マシーナリーともコラム

 ゴマ団子を前に完全にご機嫌になって「ホフホフ熱い…」とか言い始める雄山。カワイイがすぎるでしょ。もはやリアクションが栗田さんとあまり変わらなくなってきてるじゃねーか。

 初期の雄山は本当に場を荒らしてドラマを引っかき回すだけの暴れん坊だし、巻が進むごとに聖人化が進んでいって表情があまり崩れなくなってくるので、これだけ「喜」の感情を満開にしている姿はほんとうに珍しい。海原雄山について範馬勇次郎みたいなイメージがついてる人にこそ読み直して欲しいお話だね。激オススメ。





 というわけで独断で海原雄山のカワイイシーンをちょこちょこピックアップしてみました。とはいえなにせ全111巻もある『美味しんぼ』。先述した通り全巻読んだわけではないし、まだマシーナリーとも子が見ぬカワイイ雄山がいるのかもしれない。のでこの記事を読んで「浅いぜマシーナリーとも子! まだカワイイ雄山はほかにいるだろ!」と思った人類がいたら教えてください。頼んだぜ。

 っていうか100巻超えの漫画なんておいそれと読破できないよな。ほかにも『ゴルゴ13』とか『こち亀』とかも100巻超えてるしさ……。でもたまにいるんだよな「ゴルゴのあの話って何巻だっったっけ」って聞くと「○巻だね」って即答できる生き字引が。コワイ。私がそういう返しができるのは『アイドルマスター シンデレラガールズ』の池袋晶葉ちゃんくらいのもんだね。と、無理やり池袋晶葉ちゃんにつなげたところで今回は終わりにしましょう。それじゃあな。仕事くれ。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.