今夜HTBで最終回。ドラマ「チャンネルはそのまま!」は、「自分はバカだ」と悩んだことがある人の心にしみる

Netflixでも独占配信中。

» 2019年03月22日 21時20分 公開
[芦屋こみねねとらぼ]

 ローカルテレビ局の仕事をリアルに描いた名作『チャンネルはそのまま!』が北海道テレビ放送開局50周年記念ドラマとして実写化、3月18日〜22日に5夜連続放送されている。このドラマ、仕事や仕事での自分の存在意義に悩んでいる人にメチャクチャしみる作品だ。

チャンネルはそのまま!

 原作は同名漫画で、2008年から2013年にわたって『週刊ビッグコミックスピリッツ』で連載。作者は『動物のお医者さん』でも知られる北海道札幌市在住の漫画家・佐々木倫子さんだ。北海道テレビ放送の全面協力のもと、佐々木さんの世界観が二次元から三次元になっている。

 舞台はHTB(北海道テレビ放送)……をモデルにしたHHTV(北海道★テレビ)。主人公の雪丸花子は「バカ枠」として採用された新人記者だ。HHTVでは、時折「バカはエースストライカーになるかもしれない」との思いから「バカ枠」採用を行っていた。雪丸はその枠にふさわしく、天然ボケでおっちょこちょいなドタバタっぷり。

 雪丸を演じるのは、ドラマ「表参道高校合唱部!」や映画「累-かさね-」での演技も印象的な芳根京子さん。猪突猛進で、何度も失敗するが、不思議と周囲を巻き込む魅力をもった雪丸を好演している。

チャンネルはそのまま!

 The・新人の雪丸だけでなく、雪丸の世話係として奮闘する記者・山根や、放送の枠組みを決める責任に悩む編成・北上にもスポットライトが当たる。それぞれが任された仕事に悩み、自分なりにブレイクスルーする――という“お仕事もの”だ。

チャンネルはそのまま! 優秀な同期記者の山根。演じるのは飯島寛騎さん(男劇団 青山表参道X)

“壁を乗り越える力になる”雪丸の魅力

 1話は、同期のアナウンサー・花枝まきがぶつかった“壁”を、期せずして雪丸が壊すことになるエピソードだった。新人アナウンサーの登竜門「初ニュース」を控えた花枝は、「フレッシュさが足りない」という壁にぶつかる。そつがない彼女は、先輩からなかなかアドバイスを受けられず、また新人の典型のような雪丸を見習うこともできない。

 ついに初ニュース直前。読む予定だった2本目の原稿が手元に来ず、花枝は焦る。実は2本目の原稿は、ギリギリまで取材していた雪丸の原稿だった。結局雪丸の書いた原稿が手元に渡ったのは、生放送のニュース番組がスタートしてから。誤字脱字だらけで、しかも北海道独特の難読地名にミスで一切ルビが振られていない雪丸の原稿を、初見で読まなければいけない……。緊張で手が震える花枝は、カメラに映らないテーブルの下で足を開いて踏ん張る。「ここからが勝負!」

チャンネルはそのまま! 雪丸が与えた“試練”を、花枝は乗り切ることができるのか――

 次から次へと出てくる難読文、誤変換、わかりにくい表現、字が汚くて読みにくい書き入れを、花枝はクリアしていく。ひとつ乗り越えるたびに、花枝は“覚醒”していく。最後の最後で起こる“あるトラブル”も機転で乗り切り、初ニュースをノーミスで伝えきった。拍手が響き渡る局内、ガッツポーズを決める花枝。花枝に試練を与えたともいえる雪丸が、感動して花枝に駆け寄る。花枝はのちに「(壁を乗り越えられたのは)意外と、雪丸さんのおかげだったりして」と語るのだった。

「自分はバカだ」と悩んだことがある人へ

 雪丸はバカだが、ただのバカではない。花枝だけではなく、誰かが壁を乗り越えるきっかけを与えていく。しかし、雪丸本人はそれに気づいていない。彼女はただ目の前の仕事に一生懸命で、自分が人にきっかけを与えているなどとみじんも思っていない。

 ドラマの世界だけでなく、実際の世界でもそうだ。きっと誰しもが、他人に影響を与えている。何かを突破するきっかけになったり、ちょっとしたことで他人を救ったりする。雪丸のように、それに本人は気付かない。

 「仕事のできなさ」や「自分の存在意義」に悩むことは、社会人なら誰にでもあるだろう。周囲に迷惑を掛けて落ちこんだり、情けなくなったりすることもある。自分がどうやって仕事と向き合っていくべきか自覚することは、ベテラン社会人でも難しいことだ。「今日目の前の仕事に取り組むことで精いっぱい」だという人は多く、それを気に病むこともあるだろう。

 でもきっと、優秀な人間だけに存在意義があるわけではない。雪丸は優秀ではないし、落ち込み、しょぼくれることはある。でも、すぐに次の仕事へ向かって全力で駆け出していく。人に助けられてなんとか頑張っている。「できません」「わかりません」と人の助けを借りて、少しずつ成長していく。

チャンネルはそのまま! 今夜放送の5話場面カット。雪丸は人に助けられて成長し、そんな雪丸に感化されて周囲も成長していく

 一番大切なことは、委縮しないことなのかもしれない。「できない」「わからない」自分に落ち込むだけではなく、そんな自分がどうすればできる、わかるようになるのか考えること。雪丸は「人の助けを借りる」という方法で前に進み、時に信じられないような活躍を見せる。

 誰もが雪丸のようにあっけらかんとしていられるわけではない。けれど、必要以上に気に病んでも何も生まれない。バカにも新人にも存在意義はある。「バカは時々きっかけをくれる」という作中のセリフは、「自分はバカだ」と悩んだことがある人の心に染みる。フレッシュマンでも、ベテランでも。

今夜HTBで最終話放送!

 今日3月22日の23時10分から北海道テレビで放送される最終話では、物語のクライマックスとして、雪丸が前代未聞の生中継に挑む。「TEAM NACS」の大泉洋演じるNPO団体代表・蒲原と雪丸が語り合うシーンは、まさに今生中継を見ているかのような緊迫感。雪丸は蒲原の思いを引き出すことができるのか? それを放送することができるのか――?

チャンネルはそのまま!
チャンネルはそのまま!
チャンネルはそのまま!

 「チャンネルはそのまま!」は、Netflixで全5話が独占配信中。3月21日からは、全5話同時に190カ国以上でのグローバル配信もスタートしている。メ〜テレ、テレビ埼玉等の放送局でも順次放送予定だ。

 ちなみに、北海道テレビ放送は2018年9月に社屋移転を行ったが、ドラマでは旧社屋をそのままセットとして撮影した。撮影の直前まで社員が働いていたというだけあって、建物、設備の雰囲気は抜群だ。半世紀にわたって北海道の報道を支えてきたテレビ局の社屋が、この記念ドラマ撮影をもって役目を終えるというのも感慨深い……。建物にも注目してみてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  2. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  3. /nl/articles/2407/22/news048.jpg 宿題にイラつく9歳長男→部屋から出てきたら…… “まさかの気分転換”に「すばらしい」「いずれ大成するでござる」
  4. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. /nl/articles/2407/19/news171.jpg 「なに目指してんねんw」 ギャップが激しい“JAL職員の理想と現実”が160万再生! 「おもろい」「意外すぎ」と反響続々
  6. /nl/articles/2407/19/news096.jpg ママが寝ている横で……? 赤ちゃんによる早朝の“秘密の遊び”に39万いいね「かわいい」「良い子すぎる」
  7. /nl/articles/2407/21/news008.jpg 大雨の直前、迷子の子猫を急きょ保護→家に連れ帰ったら…… 大胆なギャップに「大笑いしました」「これからが楽しみ」
  8. /nl/articles/2407/18/news017.jpg 知っていると一目置かれる“旅館浴衣のキレイな着方”に「これ知りたかった!」「わかりやすい」 一級着付け技能士が解説
  9. /nl/articles/2407/22/news115.jpg 橋本環奈「立ち直れそうにない」トラブルにいたわりの声続出 「絶望感ハンパない」「ほんとに号泣案件」
  10. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」