ニュース
» 2019年04月11日 19時50分 公開

チキンラーメンの卵が“ぐでたま”に変身! Twitterで人気のコラボ、やってみたら想像以上のやる気のなさだった

ぐでたま「あー…、だりぃー……」

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 チキンラーメンの上で“ぐでたま”が「ほっといて……」などと、ぐでっとしている、こんな画像がSNSに複数投稿されています。か、かわいすぎるぞー! わが家のチキンラーメンにも召喚したいのであります。早速、やってみましたー。

グデチキ画像 めちゃんこかわいいんですけどー

期間限定で“ぐでたま”のデコシールが手に入る

 あの“ぐでたま”は“食べられるデコシール”で作られています。そのデコシールはというと、キャンペーン中のみ限定販売されている特別パッケージの「チキンラーメン5食パック」もしくは「焼チキン5食パック」を買うと入手できます。

パッケージ画像 ぐでたまキャンペーンバージョンの焼チキン5食パック

 なぜ、「チキンラーメン」ではなく、「焼チキン」を買ったのか。

 買えないんだよぉー!

 筆者と編集部合計で10店舗くらいを探しましたが、見事に売っていませんでした。日清のオンラインストアでも、2019年4月8日現在売り切れです。

 日清食品に問い合わせたところ、売れ行きは大変好調で、当初の見込みよりも早いペースで出荷がされているそうです。購入希望の問い合わせも寄せられているということなので、これは本気で売り切れているに違いない

 そのためチキンラーメンをあきらめ、日清オンラインストアで在庫があった(2019年4月8日現在)「焼チキン 5食パック ぐでたまキャンペーン」を購入したのです。焼チキンに入っているシールを使って「ぐでたま on the チキンラーメン」を作るのだー!

パッケージ画像ぐでたまアップ デコシールが入ってますっ!

チキンラーメンに“ぐでたま”を乗せてみよう

 「焼チキン5食パック」の中には、焼チキン5食とデコシール1袋が入っていました。デコシールを卵の黄身の上にそっとオンすれば、卵が“ぐでたま”化します。

パッケージ画像「ぐでチキの楽しみ方」 卵にデコシールをのせれば、“ぐでたま”になるっぽい

デコシールの袋・表 デコシールが1袋入っていました

デコシールの袋・裏 シールを手でつまんで乗せるだけでできるっぽい

 デコシールは1シートに5種類の顔と文字が印刷されています。「たべれば〜?」「おさまりがいい……」「3分まてない」など、めっちゃかわいい。

デコシールの中身 ああ、かわいい

 さて、チキンラーメンを別途買ってきました。まずは通常通りにチキンラーメンを作ります。

チキンラーメン お湯を入れて3分待った

 デコシールを乗せました。

グデチキ画像 「ほっといて……」って、お前……

 ほっとけないだろー。

 こんなかわいい生き物を、どうやってほうっておけと言うのでしょう。写真を撮りまくるに決まってます。もっといい顔して―、はい、かわいく撮らせてねー。

 と、5分後……。

5分後のグデチキ画像 5分で字がよれてきた

 5分後には崩壊が始まりました。すでに文字がよれています。もう少しがんばってくれよ。やる気出せよ。そんなふうに声をかけても「崩れてるくらいのがRTされるしー」とか言われそう。ああ、もうちょっと、もうちょっとでいいので、シャッターチャンスをちょうだいー!

 10分後、崩壊はかなり進み読めない字も出てきました。おまけにラーメンの汁も少なくなってきたので、撮影はあきらめ食べることにしました。麺を箸で持ち上げると、“ぐでたま”が「ほっといて……」となすがままに変形しました。かわいい。

麺を箸で持ち上げるところ 「ほっといて……」

焼チキンにも“ぐでたま”をたくさん乗せてみた

 「ぐでたま on the チキンラーメン」が無事成功したので、「ぐでたま on the 焼チキン」にも挑戦します。みんな思ってたでしょ?「焼チキンって何?」って。焼チキンとは汁なしチキンラーメンでした。お湯230mlをフライパンで沸かして、そこに麺を投入。水がなくなるまで炒めます。普通においしかったです。

焼チキン これが、焼チキンなのだ

 卵を豪勢に四つ乗せてみました。

焼チキンに卵を四つのせてみた 卵をのせてみた

 デコシールをオーン。

卵を四つがぐでちきに “ぐでたま”だらけー

 たまらん。かわいい。すごくかわいい。おさまりもいいー。

ぐでたまのアップ これはかわいい

 かわいすぎて激写しまくりです。しかし、そのかわいさが伝わるインスタ映えまくりの写真がなかなか撮れません。ピント合わないなー、絞りを大きくするかー、ああ、シャッタースピードが、いや、これはライティングを変えて、ISO感度変えて…。

顔が崩れ始めたぐでたまたち ん?顔がおかしくない?

 顔が壊れてる――――!

 3分もしないうちに顔が崩壊してきました。生卵だと崩壊がさらに早いようです。さすが、ぐでたま。だいぶやる気がない。

ぐでたまの顔面崩壊後 こいつら、やる気ないからゼロカロリー

 5分後には顔面崩壊がほぼ完了しました。“ぐでたま”が誕生した瞬間の感動に比べて、なんだろうこのシュールな絵は。

 食事後“ぐでたま”のやる気なさが伝染したのか、伝染したんですね、異様な睡魔に襲われ、原稿をきっちり書く気力など失ってしまいました。ですので、Twitterに投稿されている、とってもかわいい“ぐでたま”の写真を紹介して終わりましょう。ああ、今日は、ずいぶんがんばった(“ぐでたま”風に)。

「チキンラーメン×ぐでたま #ぐでチキキャンペーン」

キャンペーン方式:「チキンラーメン」と一緒に調理したたまごの黄身に、商品に封入されている "食べられるデコシール" を載せて写真を撮り、Twitterに投稿して応募するマストバイキャンペーン。「#ぐでチキ」のハッシュタグをつけた投稿が対象です。

キャンペーン応募期間:2019年4月1日(月)から2019年6月15日(土)

(【第1弾】4月1日(月)から5月15日(水)、【第2弾】 5月16日(木)から6月15日(土))

対象商品:キャンペーン特別パッケージの「チキンラーメン5食パック」「焼チキン5食パック」

※キャンペーン特別パッケージは全部で4種類です。

※"食べられるデコシール" は1種類のみで、どのパッケージにも同じシールが入っています。

※対象商品は2019年3月下旬から順次販売を開始します。

※通常パッケージの「チキンラーメン5食パック」「焼チキン5食パック」や、「チキンラーメンどんぶり」などのバリエーション商品は対象外です。

このキャンペーン限定の商品を試しました

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」