ニュース
» 2019年04月12日 04時00分 公開

美少女登竜門「ポカリスエット」新CMに14歳の茅島みずき 170センチの長身生かしたダンスで綾瀬はるか、中条あやみに続く

それぞれの感情を思いのままに表現した“青ダンス”が見どころです。

[Kikka,ねとらぼ]

 「ポカリスエット」の新CMヒロインに、14歳の現役中学生、茅島みずき(かやしまみずき)さんが抜てきされました。新CMでは170センチという長身を生かした激しいダンスを披露しています。

新CMに抜擢されたのは14歳の美少女・茅島みずき

 今回の新CMのヒロインに抜擢された茅島さんは、「アミューズ 全県全員面接オーディション 2017 〜九州・沖縄編〜」で3224人の中からグランプリを獲得グランプリを射止めた逸材。特技は幼少期から取り組んできたゴルフで、ベストスコアはなんと70。現在も地元・長崎県で暮らしています。


ポカリ ポカリスエット 茅島みずき ポカリスエットの新CMに出演する茅島みずきさん

 また大人びた雰囲気と抜群のスタイルを生かし、2019年3月30日には「マイナビ presents 第28回 東京ガールズコレクション 2019 SPRING/SUMMER」でモデルデビューも果たしました(TGCでに出演した際の関連記事)。

内面の感情が爆発した“青ダンス”が見どころ

 舞台はとある学校。新CMの主演を務める茅島さんと同CMに出演する萩原護(はぎわらまもる)さん、Miriさんの3人は、それぞれの感情を思いのままに表現した“青ダンス”を踊りながら広場を目指します。


ポカリ ポカリスエット 茅島みずき 同CMに出演する萩原護さん

ポカリ ポカリスエット 茅島みずき Miriさん

ポカリ ポカリスェット 茅島みずき 振り付けを担当したのは米津玄師さんの「LOSER」などの振り付けで知られる辻本和彦さん

ポカリ ポカリスェット 茅島みずき 監督は井口弘一さんが担当

ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

 それぞれが悩みを歌い、叫びながら、先生や生徒たちをくぐり抜けて最終的には3人を中心に760人ものダンサーたちが感情を爆発させた壮大な“青ダンス”を披露します。


ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

 近年のポカリスエットCMでは、“ガチダンス”や“鬼ガチダンス”など難易度に重きを置いた作品が続いていましたが、今回の見どころはなんといっても、10代の中高生の誰もが抱える不安や悩みなど、“内面の感情”を体現した“青ダンス”です。


ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

 本番3週間前から始まったダンスレッスンでは、ダンスが苦手で振り付けを覚えるのに苦戦していたという茅島さん。今回の振り付けを担当し、米津玄師さんの「LOSER」や映画「累-かさね-」などの振り付けでも著名なダンサー、辻本和彦さんから「ダンスのうまい、下手じゃない。自分をさらけ出すことが大事なんだ」と指摘されると、普段から感情を表に出すタイプではないという茅島さんは「どうしたら自分の感情をダンスで表現できるのか」について悩んでいたと言います。

 しかし共演する萩原さんやMiriさんと合流して練習を重ねるうちに、少しずつ自分をさらけ出せるようになり、ダンスも見違えるように表情のある生き生きしたものになっていったとのこと。


ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

 本番でラストを飾る「Pポーズ」が決まり、「カット!」の声がかかると会場は会場からは歓声の声と大きな拍手が沸き起こった他、茅島さんが会場を後にする際にスタッフから「がんばったね!」と声をかけられると、涙する場面もあったそうです。

茅島みずきさんインタビュー

――CM出演を聞いた時の率直な感想は。

茅島以前からお母さんとポカリスエットのCMを、すごくかっこいいねって話していて、今回のオーディションの話を頂いたときに絶対合格したいって思っていました。オーディションに向けてたくさん練習もして、うまくいかないところもあったんですが、全力でやりきりました。心配しながら結果を待っていたんですけど、結果を聞いたときは驚いたし率直にとってもうれしかったです。


ポカリ ポカリスェット 茅島みずき

――周りの反応はいかがでしたか。

茅島お母さんもお父さんも家族みんなで喜びました。

――今回撮影でダンスを披露されていましたが、どうでしたか。

茅島ダンスはあまり得意な方ではなくて、最初の練習のときからできるかなっていう不安はあったんですけど、今回、先生(振付師)やたくさんの方にアドバイスをもらって無事楽しくできました。

――1番難しかった点は。

茅島ダンスで、感情を思いっきり出さないといけないというところが1番難しかったです。

――今回はダンスに挑戦しましたが、これからどんなことに挑戦してみたいですか。

茅島お芝居に挑戦してみたいと思っていて、事務所のレッスンとかでお芝居をやって楽しかったり悔しかったり。今回の青ダンスと一緒でお芝居も表現が大事だと思うので今後も勉強しながら頑張っていきたいです。

――青春真っ只中だと思いますが、最近青春したなというエピソードはありますか。

茅島最近青春したなと思うことは、やっぱりこのダンスだと思います。練習で踊れなかったダンスも一生懸命目標に向かって頑張るというのは、「青春だな」って思いました。学校生活では友達と昼休みとかにドラマの話やテレビの話をしたり、友達の恋愛話を聞いたりするのが楽しいです。

――CMが放送されたらダンスの反響とかすごいと思いますが、青ダンスを友達に教えてと言われたりしたらどうですか。

茅島細かい振りは私では教えられないかもしれませんが、今回ようやく表現力というのが分かってきたかなと思うので、表現の仕方とかなら少しは教えられるかもしれません。

――今回のテーマが思いを感情で表現するダンスだったと思いますが、今実際に茅島さんが抱えている思いや悩みを教えてください。

茅島今年中学3年生になったんですけど、高校を東京に来るのか長崎にするのかすごく悩んでいて。やっぱり家族と離れるのも寂しいし、でも自分の夢をかなえたいので東京にも来たいし、というので悩んでいます。

――普段悩んだときや心配になったときとかストレス解消したいなというときにやることは何かありますか。

茅島最近は歌をよく歌ってます。今まではゴルフだったんですけど、最近は歌ったり聞いたり。Mrs.GREEN APPLEさんがすごく好きでよく聞いています。

――今回のCMの見どころを教えてください。

茅島ダンスができない人でも感情を出すと自然と動きが出てくると思うんです。今回自分なりに一生懸命不安や悩みなどいろんな思いを出せるように頑張ったので、そこを見て少しでも共感していただけたらうれしいです。


 ポカリスエット新CMは4月12日より放映開始です。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.