ニュース
» 2019年04月17日 11時45分 公開

和スイーツもりだくさんの3段ハイティースタンド! 浦安ブライトンホテル東京ベイの新作アフタヌーンティーレポ

テーマは「和と洋のマリアージュ」!

[あかいけまい,ねとらぼ]

 春になると食べたくなる抹茶スイーツ。浦安ブライトンホテル東京ベイのロビーラウンジ「シルフ」では、和スイーツが盛りだくさんの“和と洋のマリアージュ”をテーマにしたアフタヌーンティーがスタートしています。3段のハイティースタンドに和スイーツプレートと豪華絢爛なアフタヌーンティーセットを実食レポートします。(写真は2人分です)

浦安ブライトンホテル東京ベイ

期待が高まる初めの一皿

 Small Appetizerとしてまず提供されるのがコンビーフとジャガイモをパテ風にしたブルスケッタです。マッシュされたジャガイモにコンビーフの脂が混ざりあい、滑らかな口触りとなっています。トマトの酸味が食欲をそそる、空腹で来店した1皿目にちょうどいいサイズ感と塩味です。これからの3段+和プレートを迎え入れる胃の体勢をつくってくれます。

浦安ブライトンホテル東京ベイ 初めの一皿

フィンガーサンドイッチは味わい楽しい3種類

 下段のサンドイッチプレートはキュウリのマリネとチーズ、スモークサーモンとアスパラガスのサンドイッチ、シューサレ 生ハムとリコッタチーズです。伝統的なアフタヌーンティーらしいキュウリのサンドイッチがついているのはうれしい!(豆知識:イギリスにおいては、キュウリを栽培し、新鮮な状態で提供するというのは財の象徴だったそうです)

浦安ブライトンホテル東京ベイ 丁寧なつくりのサンドイッチ

 そんな伝統を守りつつ、シューサレといった新しいものも一皿に並んでいます。こちらはプチシューのほんのり甘い皮に生ハム、リコッタチーズ、フレッシュトマト、ドライイチジク、キュウリ、ブラックオリーブが添えられています。口に入れるとチーズのクリーミーさ、トマトの酸味、イチジクのプチプチとした甘味が次々と感じられますが、お互いの味を一切邪魔をしないのが不思議なおいしさです。一口で食べるにはもったいないくらいでした。

浦安ブライトンホテル東京ベイ もっと食べたいシューサレ

スコーンとシフォンケーキは手作りイチゴジャムとホイップで

 中段はスコーンとほうじ茶のシフォンケーキです。カップにふわふわのホイップクリームが添えられています。別皿の手作りイチゴジャムとバターを付けても相性抜群です。

浦安ブライトンホテル東京ベイ ほうじ茶は香ばしいのに苦味は一切ありません

 シフォンケーキはほうじ茶の香ばしい風味が豊か。甘すぎないホイップと一緒にいただくとさらに風味が増しておいしい!

いちごとさくらの春らんまんなスイーツ

 上段のスイーツは、いちごや桜の風味が春を感じさせてくれるプレートとなっています。見た目は完全に洋スイーツですが、なんとここにも和の香りがあるのです。

浦安ブライトンホテル東京ベイ 上段のスイーツ4種

 真ん中、グラスに入っているのはゆずとショコラのクープです。ゆずとショコラという間違いない組み合わせ! ゆず風味がさわやかなムースと、カカオを感じられるショコラ、それぞれをすくって食べても混ぜて食べてもおいしく1カップで3倍楽しめます。

浦安ブライトンホテル東京ベイ 上がゆず、下がショコラのクープ

 左側、てんとう虫がかわいいさくらモンブラン。タルト生地にホワイトチョコムース、さくら色のモンブランクリームにちょこんと止まったてんとう虫のチョコは、まるで満開の桜の山の風景そのもの。ブッフェレストランカシュカシュのデザートコーナーでも食べることができますが、こっちの方が見た目かわいい!

浦安ブライトンホテル東京ベイ レディバグ(てんとう虫)がかわいい!

 手前の定番いちごショートは上品な生クリームがケーキの王者の貫禄をみせてくれます。このタイプのショートケーキって実は日本発祥のスタイルなのである意味和スイーツといえるのでは…?

浦安ブライトンホテル東京ベイ フレッシュいちごが上品な生クリームとマッチ

 その隣は、2層のチーズがぜいたくなガトーフロマージュです。チーズのムースとニューヨークチーズの食感と味に差のある2つのチーズが混ざりあって口の中はまさにチーズの天国……! クッキー生地がチーズのうまみを引き立ててくれます。このガトーフロマージュはロビーに併設されているスイーツショップ「レーンズ」でカットケーキとして購入できます。気に入ったら自宅や客室で楽しめるのもうれしいですね。

浦安ブライトンホテル東京ベイ クリーミー+濃厚でおいしさ倍増

荘厳さ漂う気品ある和プレート

 金紙に折り鶴、それぞれのスイーツが凜と佇む和プレートが今回のアフタヌーンティーの主役です。それぞれが和と洋のマリアージュを体現しています。

浦安ブライトンホテル東京ベイ 豪華絢爛の和プレート

 左側、ひときわ目立つ升は抹茶ティラミス。とろける滑らかなマスカルポーネに上には抹茶パウダーがふんだんにかけられたホワイトチョコプレートが乗っています。スプーンでパリパリと割りながらいただきます。中からはカットされた栗も顔を出し、3つの食感が混ざります。

浦安ブライトンホテル東京ベイ ホワイトチョコの崩し方もポイントになる抹茶ティラミス

 コロンとかわいいのは黒ゴマのマカロン。ごまの香ばしさがぎゅっとつまった濃厚なクリームがおいしい。一口で食べると「もっとゆっくり食べればよかった……!」と後悔するおいしさです。

浦安ブライトンホテル東京ベイ 折り鶴はスタッフの愛情こもった手作業

 うらうら抹茶ロールは、惜しまれつつ販売終了した大人気メニューがリバイバル登場したもの。抹茶クリームに混ぜられている小豆がアクセントに和の風味を引き立てます。人気スイーツだったことに納得の上品なロールケーキです。

浦安ブライトンホテル東京ベイ しっとりクリームいっぱいの抹茶ロールケーキ

 白玉と栗のカップは濃厚な抹茶の生チョコがそれぞれセットになっています。串の形状でダントツの食べやすさですが、これも絶対に一口でいくと後悔するので、串から外して食べてもいいかもしれません。濃厚すぎるといっても過言ではない抹茶の生チョコは少しずつゆっくりたのしみたい1品です。

浦安ブライトンホテル東京ベイ 豪華に金箔ものってます

お茶はおかわり自由

 セットのドリンクはおかわり自由。アフタヌーンティーはゆっくり楽しむからこそ、飲み物は気にせず頼みたいですよね。紅茶やハーブティー、コーヒー15種類以上。カフェインレスのデカフェもあります。

浦安ブライトンホテル東京ベイ 高級茶葉のムレスナティー

 中でもおすすめは今期限定の「ムレスナティー京都四条の香り」です。あまり聞きなれないムレスナティー、実は紅茶のシャンパンといわれる高級茶葉です。関東でもムレスナティーを楽しめる店舗は限られている中、こちらのアフタヌーンティーでは飲み放題!

 ティーポットからカップで注がれると、トルキィシェ・ローズとジャスミンのブレンドの芳醇な香りが漂います。和スイーツとの相性も抜群です。1杯目に選択してほしいおすすめのお茶です。

浦安ブライトンホテル東京ベイ 平日限定10食の貴重なアフタヌーンティー

 浦安ブライトンホテル東京ベイ、ロビーラウンジ「シルフ」の「和と洋のマリアージュアフタヌーンティー」は2019年6月28日までの平日14時〜17時で10食限定の提供。ティーセットは3800円、シャンパンセットは5000円です。事前予約も可能です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.