ニュース
» 2019年04月20日 19時00分 公開

パパとママのためのプラレール構築術(4):子どもの知育にも効果的 実在する路線や駅をプラレールで再現してみるとめっちゃ楽しい (2/2)

[空転,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

イメージが固まったら、いよいよプラレールで再現

 レールの分岐やホームの配置といった線路の様子も調べて、イメージが固まってきたところで、いよいよプラレールを使って再現していきます。

 とはいえプラレールの部品には種類に限りがあり、45°単位でしかカーブが作れないなどの制約もあるので、全く同じように作ることは難しいです。

 そのため風景をデフォルメして「それらしく見える」ことを目指していきます。

パパとママのためのプラレール構築術

 最初はJR線の再現から始めていきましょう。手持ちの部品から再現したい風景に合う部品を選んでいきます。歌舞伎では、あるものを他の何かになぞらえて使うという意味の「見立て」という手法があるそうなので、これも「見立て」と呼ぶことにします。

 中央快速線と総武線のホームに見立てて、「街の駅」を2つずつ並べてみました。新宿方面には「地下レール」や「切り通しレール」を置いて、赤坂迎賓館の下を潜る御所トンネルの入口に見立てます。

パパとママのためのプラレール構築術

 プラレールで「島式ホーム(線路と線路の間にあるホーム)」を作る場合は、複線レールの幅では駅が置けないので「複線幅広ポイント」などを使って間隔を広げます。本来は存在しないポイントができてしまいますが、細かいことを気にしてはいけません。

 次に東京メトロの丸ノ内線を作っていきます。先ほど作ったJR線ホームの上に、45度の角度で交わるように高架駅を作っていきましょう。

パパとママのためのプラレール構築術

 両側には地下への入口として「地下レール」、駅部分は「都会の駅」を使ってみました。これも実際とは形や位置関係が少し違いますが、うまくデフォルメしていきましょう。

 さらにこだわる場合は駅舎や周囲の道路、街並みなども再現してみましょう。もちろんプラレールの部品に限らず、他の玩具や身の回りの物でそれらしいものを探しても見立てられます。ブロックやペーパークラフトなどで作っても面白いでしょう。 

パパとママのためのプラレール構築術 車両を並べてみました。特徴を捉えてさえいれば、それらしい風景を作れます。

 さて、駅の再現そのものは完成ですが、せっかくなので電車を走らせられるように線路をつなげてみましょう。

 これまでに紹介した「Uターンレール」やリバース線を使って路線ごとにぐるぐる走らせるのも面白いですが、今回は全部のホームをつなげて1つの路線にしてみましょう。

パパとママのためのプラレール構築術 再現した四ツ谷駅を電車がぐるぐると回るレイアウト
パパとママのためのプラレール構築術 今回は雰囲気を重視して、一部をレールの柔軟性に頼った「なじませつなぎ」でつなげています

 最初は基本ルールにしたがってレールをつないでいって、うまくつながらない所は1/4レールを使うなどで調整。レールには少しのズレであれば問題なくつなげる「あそび」があり、この柔軟性に頼る「なじませつなぎ」をする時は、強引につなぐのはやめておきましょう。

パパとママのためのプラレール構築術 うちの息子には駅長遊びはちょっと早かったようですが、行き交う列車を眺めてご満悦

 完成した大きなレイアウトで駅を前にすれば、気分は駅長さん。ポイントやストップレールを操作して列車を止めたり、特急を追い越させたり…とリアルに遊べます。

 子供たちは「見立て」が得意です。普段から日常の中にらしさを探し、それを使ってごっこ遊びをしています。風景も大人とは違う見え方をしていたりしますので、一緒に相談しながら使えるものを探せば、見なれた街にも新たな発見があるかもしれません。ぜひ親子で色々な風景を再現し、遊んでみてください。

 最後にお知らせです。2019年5月4日、5日に東京・府中市にある「ルミエール府中市民会館(コンベンションホール飛鳥)」で、恒例のプラレール運転会「鉄道模型広場inルミエール」を開催します。

パパとママのためのプラレール構築術 2018年に開催された運転会のもよう
パパとママのためのプラレール構築術 広々とした会場に巨大なレイアウトを展示。ほか企画も用意!

 会場には過去最大規模の巨大レイアウトを用意するほか、お気に入りの車両を走らせられるコーナー、京王公式グッズの販売などの企画を用意。みなさんの来場を心からお待ちしています!

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.