ニュース
» 2019年04月22日 22時12分 公開

全国の鈴木姓のルーツ「鈴木屋敷」をよみがえらせよ 平安期の屋敷の再生プロジェクト始動

約182万人いるという鈴木のみなさん、力を……!

[ねとらぼ]

 日本における多い姓の代表格「鈴木」――このルーツになったといわれる史跡「鈴木屋敷」(和歌山県海南市)の再生・復元プロジェクトがクラウドファンディングサイト「Makuake」で始まりました。全国に約182万人いるといわれる鈴木姓のみなさん、立ち上がるときだ……!

「鈴木屋敷」復元イメージ

2018年7月時点の「鈴木屋敷」

 鈴木姓の直系の先祖にあたる鈴木一族が、海南市藤白の地に移り住んだのは平安時代末期。平安時代から鎌倉時代にかけ熊野三山を参拝する「熊野詣」が盛んに行われていましたが、上皇や法王が熊野詣する際は藤白神社の「鈴木屋敷」で一族が迎え、熊野三山の案内役を務めていました。熊野詣はその後武士や庶民に広がり、屋敷は人々のおもてなしの場として大きな賑わいを見せます。一族は紀州藤白鈴木家として繁栄を築き、熊野信仰の普及活動とともに日本全国各地に移り住みました。

江戸期の地誌「紀伊国名所図会」に描かれた鈴木屋敷

 1942年に海南市の鈴木一族122代目当主が没して以降、屋敷は空き家となり老朽化が著しい状況に。かねて屋敷の所有者である藤白神社と海南商工会議所を中心とした「鈴木屋敷復元の会」が再生・復元に向け取り組みを進めていましたが、2015年に屋敷を含んだ「藤白王子跡」が国史跡に指定されたことを受け、その機運が高まっているといいます。

 建物の解体調査や建物跡の発掘調査の結果、江戸期の地誌「紀伊国名所図会」に描かれた鈴木屋敷を参考に、2022年3月末に当時の面影を再生・復元する目標。しかし総工事費には約1億5千万円が必要です。国史跡に指定されたことで国・県・市の文化財関係の補助金約9千万円を活用できることになりましたが、所有者負担分はまだ約6000万円あるといいます。

 そこでクラウドファンディングでは、再生・復元の費用の一部に活用する寄付を募ります。和歌山県海南市が企業版ふるさと納税制度を活用したもので、寄付額は「ふるさと納税」と同様に寄附金控除の対象となります。目標額は100万円で、コースは3000円からです。

返礼品の紀州『藤白鈴木家系譜』

「鈴木証明書」

 返礼品では、鈴木一族の来歴を物語る系譜図「紀州『藤白鈴木家系譜』」を全員にプレゼント。この他5000円コースでは「紀伊国名所図会」で描かれた鈴木屋敷を蒔絵で表現した「鈴木証明書」などが用意されています。

 「『この試みが面白いと思った方』『鈴木さんを応援してみようと思った方』『鈴木さんと繋がりを持ってみたいと思った方』などなど……賛同いただけた全国のみなさんの思いを結集し、『鈴木屋敷』の再生・復元に取り組みたいと思っています」(海南市)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響