ニュース
» 2019年04月25日 19時30分 公開

「性格の悪い4番打者とそんな彼を信頼するエース投手の漫画」が熱い 「目から汗が」「青春っていいなぁ!」(1/2 ページ)

青春……!

[ねとらぼ]

 甲子園を目指す球児の熱い絆を描いた漫画「エースto4番」に、「泣いた」と感動する声があがっています。作者は漫画家の福井あしび(@makoXmako)さん。

 舞台は甲子園大会の地区予選決勝、ケガをしたエース投手、長谷川に代わって4番バッターの大場がマウンドに立ちます。チームメイトがケガをしたにもかかわらず「俺のマウンド」と喜び、長谷川のダイビングキャッチに「目立ちたいだけのプレー」ときつい言葉を投げるなど性格に難ありの大場ですが、投打の両方で並外れた実力を見せつけます。実は彼には、病気の母親のために投手の背番号「1番」を背負って甲子園に行くという目標があり、そのために練習を重ねてきたのです。

4番打者の大場。チームメイトの不調で回ってきた出番に喜ぶという性格の悪い一面もありますが……

 順調だった大場ですが、守備の乱れから調子を崩し、チームメイトとの雰囲気も険悪に。ついには9回表に打たれて逆転を許し、ツーアウトの場面で長谷川がマウンドに戻ります。

 悔しそうにマウンドを譲る大場に、長谷川が告げたのはここまでこられたことへの感謝。そして「絶対に次の打者を抑えてみせる。だから9回裏は絶対に打ってくれ!」――練習で大場の実力を見て、彼が打席に立つまで「耐えられる投手になろう」と思った長谷川の、絶大な信頼がうかがえる言葉でした。大場がその信頼に応えるラストは、2人の絆に目頭が熱くなります。

「絶対に抑える」「絶対に打ってくれ」信頼の強さが見える

 ごう慢な言動が目立つ大場ですが、彼のセリフからは、かなりの努力を重ねてきたことがうかがえます。投手用グラブで一塁の守備をするほど投手というポジションへ情熱を持っていることや、「ダイビングキャッチするやつは嫌い」と言いながらもダイビングキャッチで長谷川のピンチを助ける場面など、「実力はあるけど嫌な奴」というだけではないキャラクター描写がグッと来ます。そんな大場の本質を見抜いて信頼を寄せる長谷川もまた、エースにふさわしい器の持ち主といえるのではないでしょうか。

 漫画を読んだ読者からは「興奮して鳥肌たった」「目から汗が」「青春っていいなぁ!」などの感想が寄せられています。

 「エースto4番」は過去に雑誌に読み切りとして掲載された作品。福井あしびさんは現在『週刊少年サンデー』で2019年の高校球児が60年前にタイムスリップする野球漫画『アノナツ1959』を連載しています。

「エースto4番」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」