ニュース
» 2019年05月14日 12時00分 公開

【展覧会ができるまで】まさかの借用料! 世界的美術作品を借りるにはいくらかかるのか?

モナリザとか、いくら払ったら借りられるんだろう。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 日本では毎年多くの展覧会が開催されていますが、実はそれら展覧会の観客動員数は世界でも有数だということをご存じでしょうか。

 『The Art Newspaper』というロンドンの専門誌の発表によると、2017年の“世界”展覧会入場者数ランキングは1日に1万1268人を動員した興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」(東京国立博物館)がなんと第1位。ほかにもトップテンまでに、日本の国立新美術館で開催された「ミュシャ展」と「草間彌生 わが永遠の魂」がそれぞれ3位と5位にランクインしています。

 また美術手帖が発表している「2018年美術展覧会入場者数 TOP10」によると、2018年だけでも日本国内で30万人近い入場者を動員した展覧会がこれだけあったことが分かります。

 仏像や絵巻物といった日本古来の美術はもちろんですが、展覧会として人気を博すのはやはり「印象派展」や「ゴッホ展」といった、高い評価が確立された海外の人気作品を集めた展覧会です。普段は国内で見ることのできない作品が集うだけあって、1枚の絵を見るためだけに美術展に訪れるような方もたくさんいます。

 しかし、そういった海外の人気作品を、どうやって日本に集めて展示しているのでしょうか。莫大な借用料を海外の美術館に払っているのでしょうか。

 今回は、そんな展覧会の裏側について解説します。


まずどうやって企画するの?

 国立新美術館のような一部の例を除けば、多くの美術館はその美術館の収蔵品としてのコレクションを所蔵しています。これら収蔵品を展示した展覧会はその美術館の「常設展」であったり「コレクション展」と呼ばれます。それとは別に期間やテーマを定めて特別に催されるのが企画展です。


東京都・六本木にある国立新美術館は、コレクションを持たない

 例えば何か企画展を開催しようとすると、1つの美術館のコレクションだけではテーマに沿った作品を十分に取そろえることは難しくなります。その場合には、日本または海外のほかの美術館、美術品を収集するコレクターなどから作品を借りてくる必要が生じます。

 そうした作品貸し出しの交渉に加えて、「展示をどういった意義のあるものにするか」というコンセプトの設定、作品に合わせた展示環境の設計など、1つの美術展を実現するまでには多くの時間が必要になります。もちろん美術館によってそれにかかる時間には差がありますが、東京都・上野の国立西洋美術館の場合には、1つの美術展の開催まで平均しておよそ4年もの月日がかかるそうです。


さて、いくらかかるの?

 貴重な絵画が並ぶ展覧会、どうしても気になるのはそこにかかるお金です。印象派の作品をはじめとして日本には毎年多くの貴重な美術品がやってきますが、そうした名画と呼ばれる作品を借りてくるのには、やはり莫大な借用料が必要になるのでしょうか

 この答えは実は「ノー」です。

 借りる相手が公立の美術館である場合、作品の借用料はゼロ、つまりタダであるケースが多いです。それを聞くと「じゃあモナリザでも借りてきて家に飾ろうか」とでも思うかもしれませんが、そう都合よくいくものではありません。


借用料ではなく保険料がかかる

 借用料がタダであるのは美術館が作品の持つ文化的価値を独占せずに、展覧会の際にはお互いに作品を貸し合おうという国際的な理解の下だからこそ成り立つルール。もし突然名画を借りようとしても、信頼がなければ取り合ってもくれません。

 そして借用料自体ががタダであったとしても、作品を借りる際には莫大な「保険料」がかかることになります。名画と呼ばれる美術品の多くは代えの効かないものですから、万が一作品が破損や盗難にあった場合の修復費用・損害賠償金を保証する制度がどうしても必要になるのです。保険料率は国際的な事情に応じて変動しますが、近年ではテロや大規模な災害を理由として、作品評価額に対して約0.25%程度の保険料が課せられます。


例:《サルバトール・ムンディ》

 2017年に美術品として過去最高額で落札された、レオナルド・ダ・ヴィンチ作とされる《サルバトール・ムンディ》を例にとって考えてみましょう。この作品はおよそ4億5000万ドル、日本円にして500億円超で落札されました

 落札額と評価額とは正確には異なるのですが、この価格から考えるともし《サルバトール・ムンディ》を借りてくるならば保険料だけで1億2500万円の費用がかかることになります。もっとも、このレベルを保証してくれる保険会社はそうそうないでしょうからあくまでもしもの話ですが。


レオナルド・ダヴィンチ作とされる《サルバトール・ムンディ》 現在はルーブル・アブダビが所蔵している

 ほかにも重要な作品の場合、美術品の輸送に立ち会ってその展示作業を監督する「クーリエ」と呼ばれる専門のスタッフを雇う必要もあります。保険料に関しては2011年以降、展示作品の総評価額が50億円以上であれば国からの補償が受けられるようにはなりましたが、これにまた別途で輸送費、展示会場の設営費、宣伝などの広報費もかかるわけですから、展覧会1つ開催するのには多大なお金が必要となります。


おわりに

 費用もさることながら、美術館で働く学芸員や作品に関わる多くの人の力によってでき上がる展覧会。上野の森美術館の「フェルメール展」では作品がルイ・ヴィトンのトランクでやってきたことが話題になるなど、展示そのものだけでなくどのように展示ができあがるかにも物語はあります。

 展覧会に足を運ぶ際には、目にした作品が自分の前にやってくるまでどんな道をたどったのか、ぜひ想像してみてください。


おまけ:展覧会に行こう!

 さて、2019年5月26日まで、兵庫県立美術館で「不思議の国のアリス展」が開催中です。

 『不思議の国のアリス』の挿絵をはじめ、世界中のあらゆるクリエイターが手がけた「アリス」に関する創作物など、たくさんの展示品があり、『不思議の国のアリス』の「不思議な魅力」を感じられる展覧会となっています。

 こちらの展覧会で、筆者が所属するQuizKnockが「会場限定オフィシャルブック」「音声ガイド クイズ・バトル編」を制作いたしました。


こちらの書籍が各会場で販売中です!

 7月からは長野県・松本市美術館で開催。今後も各都市を巡回、全7会場での開催となっております。ぜひ、お近くの会場に足を運んでください。



制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」