コラム
» 2019年06月01日 12時00分 公開

これで遊べば「大富豪のローカルルール多過ぎ問題」が解消できるかも 大会に使われている“連盟公式ルール”とは

「大富豪しようぜ!」「いいぜ!」→「俺の知ってる大富豪じゃない」に陥りがち。

[ねとらぼ]

 「大富豪(大貧民とも)」はトランプゲームの定番。しかし、ローカルルールがとても多く、遊ぶのが意外に大変なことでも知られています。経験ありませんか? 「大富豪しよう!」「いいよ、11バックはアリ?」「階段革命は?」「何それ知らない」と、なかなかゲームが始められないという。

 また、どんなルールで遊ぶのが面白いのかが分かりにくいのも、大富豪の難しいところ。採用するルールは、「自分の地元にはこんなルールがあって〜」というような会話をしているうちに、何となく決まってしまうことが多いのではないでしょうか。

 こういったローカルルールの煩わしさを解消するヒントになりそうなのが、「日本大富豪連盟」が採用している「連盟公式ルール」。大富豪の大会を行っている組織で、連盟公式ルールは「数多くある地方ルールの中から厳選」した結果、生まれたものだとしています。一体、何がアリで、何がナシなんです?



五大公式ルール

 日本大富豪連盟が「五大公式ルール」として掲げているのは、以下の5つ。なお、解説はざっくりしたものなので、正確な内容は公式サイトからご確認ください。

  • 革命:(ジョーカーを含む)同じ数字のカード4枚を出すと、カードの強弱が逆転
  • 8切り:「8」を出すと場が流れ、自分からカードを出せる
  • 都落ち:大富豪より先にあがるプレイヤーが現れた場合、大富豪は自動的に最下位になる
  • スート縛り:同じスート(スペード、ハート、ダイヤ、クラブのこと)のカードが連続で出された場合、場が流れるまでそのスートのカードしか出せなくなる
  • スペ3返し:通常、「3」は最弱のカードだが、1枚出しのジョーカーに対してスペードの「3」が出せる








 考案された経緯について日本大富豪連盟に話を伺いました。

―― 連盟公式ルールは、どのように決定されましたか?

 ローカルルールの内容確認と、認知度のヒアリングなどを行い、競技大会にふさわしいと思われるルールを考案しました。あまりにもマイナーなもの、運要素が強過ぎるものは除外。また、ゲームが複雑になり過ぎて、カードの出し間違いが発生したり、プレイ速度に悪影響を及ぼしたりする可能性にも考慮しています。

 具体的に言うと、ヒアリングの結果、使ったことがあるという人がほとんどいなかった「オーメン」「7渡し」などは不採用。「階段革命」はスート縛りが複雑になることなどから、使えなくなっています。

 なお、「11バック」は、採用を希望する声が多いため、現在も検討を進めています。

―― この手のトランプゲームで気になるのは“運要素の強さ”。連盟公式ルールではいかがでしょうか?

 イメージとしては「将棋(ほぼ実力のみ)と麻雀(運の要素が相当ある)のあいだ」だと思います。詳細なデータがあるわけではありませんが、短期決戦だと運と実力が半々くらいになることもありますが、試合を相当数こなすと実力が約7割まで上がるのではないかと。

 大会では現在、1セット4ゲームの3セットマッチが主流で、席替えなどで公平性を保つ配慮もしています。この場合だと、実力的に格上の相手に対する勝率は、2〜3割程度まで落ち込むかと思います。

 実力のある方はカードカウンティング(他プレイヤーの手札などを読むこと)をしたり、相手の考慮時間や手札の並べ方、席順などを考えたりしながらプレイされているようです。


 ちなみに、日本大富豪連盟が主催する「天下一大富豪大会」のもようは一部YouTube上で公開されており、連盟公式ルールのゲーム展開をつかむことができるはず。また、2019年には第五回大会が開催される予定で、その関東予選は7月21日に行われるそうです。

ガチでプレイするとこんな感じに

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」