レビュー
» 2019年06月10日 11時55分 公開

“東京で生きる”男子の迷いと変化 「東京独身男子」最終回、あえて結婚しない男子たちが辿り着いた答えとは?(2/2 ページ)

[むらたえりか, イラスト:たけだあや,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

「“東京”独身男子」という設定

 駿河湾の母・寿美代の登場で改めて気がついたが、AK男子たちはみんな地方出身者だ。

 公式サイトで確認すると、太郎は静岡県静岡市、三好は石川県金沢市、岩倉は長崎県長崎市出身という記載がある。どこも県庁所在地なので、田舎というよりは地方都市か。

 「東京独身男子」というタイトルだが、彼らは東京出身ではない。地方から東京に出てきて、「東京で生きる」人たちなのだ。

 地方で暮らすことに比べて、東京には多くの選択肢がある。誘惑も多い。ある程度までは、どんな選択肢でも選べて、一人でもずっと生きていけるような気がしてしまう。だからAK男子たちのように何を選ぶか迷う。

 地方にいれば、「何歳までに結婚する」「何歳までに家を買う」などの社会通念的なものに、良くも悪くもある程度乗っかって生きていくことも可能だ。和雄はきっと、地方でそうして生きてきた世代だろう。AK男子たちはそれができない。だから戸惑い、失敗しながらも「アジェンダ」という新たな自分たちだけの通念を作ろうと試み続けてきた。

 太郎「結婚してもしなくても、今の自分に納得することが幸せのはじまり」

 最後のアジェンダに、太郎はそう書き込んだ。誰かと比べたりレールに乗ったりするのではなく、自分の納得できる地点を自分で丁寧に探していくこと。それが、AK男子たちがたどり着いた答えだった。

 別々の選択をしたAK男子たち。最後は、脚立から落ちて腰を打った三好のピンチに、岩倉と太郎が駆けつけるシーンで終わる。自立して生きていくことと、人と助け合って生きていくことは何も矛盾しない。

 太郎「どんなときでもこうやって、家族であってもなくても、ひとりひとりが寄り添えば、きっとやっていける。思いがつながり笑い合う。そんな暮らしが続けばいい。この街のどこかで」

 東京スカイツリーができてもいまだに「東京のシンボル」であり続ける赤い東京タワーを中心にした景色が映る。変わるものと変わらないものを象徴するような、きれいなラストシーンだった。

これまでの「東京独身男子」振り返り

むらたえりか

宮城県出身のライター・編集者・ハロヲタ。 

Twitter

たけだあや

イラスト、粘土。京都府出身。

Twitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」