ニュース
» 2019年06月15日 15時23分 公開

Photoshopで加工した顔写真を見分けるAIツール、Adobeが開発

もとに戻すこともできる。

[ねとらぼ]

 米Adobe Systemsは、Photoshopで加工した顔写真を見分けられるAIを開発しました。加工した部分を特定して、もとに戻すことも可能です。

加工された顔

 開発はカリフォルニア大学バークレー校の研究者と共同で行いました。同社は過去の研究ではツギハギや複製などによる画像加工を対象にしていましたが、今回は顔のパーツを調整するPhotoshopの「Face Aware Liquify」機能を使って加工した写真を特定できるツールにフォーカス。この機能が人気があるためとしています。

検知された加工部分

 研究ではConvolutional Neural Network(CNN:畳み込みニューラルネットワーク)に、多数の加工写真と元の写真をディープラーニングで学習させました。その結果、開発されたツールは99%の精度で加工された写真を特定できたといいます。一方人間では53%の精度でした。

 またこのツールは加工された部分や手法も特定し、実験では加工前の写真を計算することもできました。その結果は研究者たちを感心させたといいます。

AIが計算した元の顔
本物の元の顔

 Adobeがこうした研究を行っている背景には、フェイクコンテンツが問題になっていることがあります。「ある種の画像加工を検知できるようになる重要な一歩だ。加工をもとに戻す機能も驚くほどうまくいった」とAdobeの研究者。「このような技術以上に、最高の防御策は、コンテンツが操作されている――多くの場合は人々を喜ばせるために、時にはあざむくために――可能性を分かっている賢明な人々だ」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.