ニュース
» 2019年06月18日 15時24分 公開

東京オリンピック記念の500円硬貨、図柄をTwitter投票などで決定 財務省が受け付けスタート

Twitter投票でカジュアルに貨幣の図柄が決まる時代。

[ねとらぼ]

 財務省は6月18日、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックを記念し、500円貨幣を新たに発行すると発表しました。図柄は国民からの投票で選ぶことにしており、財務省の公式Twitterで投票受け付けが始まっています(6月24日まで)。貨幣の図柄を一般投票で選ぶのは初めてです。

photo 3案から投票で最多だったものを記念500円貨幣に採用(財務省のニュースリリースより)
photo 財務省公式Twitterアカウントが投票受け付け開始

 新発行する記念500円貨幣は、オリンピックとパラリンピック各1種類ずつ。21年度上期に刷新される新500円硬貨にも採用される2色3層構造の「バイカラー・クラッド貨幣」となります(関連記事)。2020年7月ごろに金融機関で引き換えできる予定です。

 図柄案は財務省と造幣局が作成し、(A案)日本を代表する芸術作品「風神雷神図屏風」、(B案)日本を代表する風景「富士山」、(C案)大会の象徴・関連施設「国立競技場」──の3案。最も投票数が多い案を記念500円硬貨に採用します。裏面は、大会エンブレムと競技のピクトグラム(絵文字)を配した図柄になるとのことです。

photo 記念500円硬貨の図柄「A案」
photo 記念500円硬貨の図柄「B案」
photo 記念500円硬貨の図柄「C案」

 Twitter投票は6月24日まで受け付け、はがきは7月1日消印有効で、東京都庁や造幣局博物館(大阪市)など現地投票は7月1日まで受け付けます。公平性の観点から、投票は1人1票としています。

 貨幣の図柄を決める初の一般投票。財務省は、「オリンピックとパラリンピックのより一層の機運醸成を図るため」と説明しています。

 東京オリンピック・パラリンピック記念貨幣は、一連のシリーズとして4回に分けて37種類発行する予定です。500円貨幣は第4次シリーズとして発行します。

photo 新発行される東京オリンピック記念貨幣
photo 新発行される東京オリンピック記念貨幣
photo 新発行される東京パラリンピック記念貨幣
photo 新発行される東京パラリンピック記念貨幣

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.