ニュース
» 2019年06月22日 10時00分 公開

インクなしで精密に印刷できる技術、京大が開発 素材を傷つけて光の反射を変える原理

プラスチックを曲げると折り目の色が変わるのと似た感じ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 京都大学の物質−細胞統合システム拠点(アイセムス)の研究グループが、精密な印刷をインクなしで実現する「OM技術」を開発しました。これを用い、葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」を横幅わずか1ミリのサイズで作製することに成功しています。


神奈川沖浪裏 北斎を再現した技術デモ

真珠の耳飾りの少女 フェルメール「真珠の耳飾りの少女」も、米粒のようなサイズで出力

 研究グループを率いるシバニア・イーサン教授は原理を説明するうえで、「クレージング」と呼ばれる現象に触れました。これは、ポリマー(高分子)が分子レベルで引っ張られて伸びた状態になったとき、「フィブリル」という細い繊維を結成する作用。フィブリルが視覚的に認識できるレベルでクレージングが起きると、視覚効果が得られるといいます。

 例えば、プラスチックを繰り返し曲げると折り目の色が変わる現象も、プラスチックがクレージングしてフィブリルができ、視覚効果が生まれたということなのだそうです。

 研究グループは、クレージングを調整してフィブリルを組織的に形成させることで、特定の色の光を反射する素材「OM(Organized Microfibrillation:組織化したミクロフィブリレーション)」を開発。フィブリル層の周期を調整し、青から赤まで全ての可視光を発色することに成功したそうです。

 OM技術を使えば、さまざまな柔軟で透明な素材へ、画像解像度14000dpiまでのカラー印刷ができるとのこと。シバニア教授は、肌に装着できるチップやコンタクトレンズにOM技術を組み込み、生体情報をクラウド経由で医療専門家へ送信するといった、高度な応用法も考えているそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.