【サトシ超人説】「ピカチュウを肩に乗せて歩く」ってよく考えたらキツくない? → 検証してみたら肩こりどころじゃ済まなかった

良い子はマネしないでも分かると思います。

» 2019年07月18日 12時30分 公開
[オケモトねとらぼ]

 突然ですが、「サトシ超人説」をご存じでしょうか。

 テレビアニメ「ポケットモンスター」の主人公・サトシは、個性豊かなポケモンたちとともに冒険の日々を過ごしているのですが、ネット上では以下のような超人的なエピソードが出回っており、「スーパーマサラ人」と呼ばれることもあるようです。

  • ピカチュウの「10まんボルト」を食らっても死なない
  • リザードンが吐いた炎が直撃しても死なない
  • 数十〜数百キロのポケモンを軽々と持ち上げる
  • 「こうそくいどう」で走って、自動車に追いつく

 今回はスーパー一般人である筆者、フリーライターのオケモトが「サトシの肉体はどれほど強靭なのか」を検証してみたいと思います!

サトシの身体能力の高さを検証(マネできる範囲で)

 ……とはいえ、先に取り上げたサトシの行動をマネしたら、笑えない結果になること間違いなし。常人では不可能なことをしているからこその「スーパーマサラ人」なのです。

 サトシの相棒・ピカチュウは「モンスターボールに入りたがらない」という設定で、よくサトシの肩に乗っています。2人(1人と1匹)の仲の良さが伝わってくるちょっとしたシーンではありますが、通常の肉体しか持たない筆者は、たったこれだけでも不思議に思うことがあります。

 「肩、こらないの?

 公式情報によれば、ピカチュウの体重は6キロ。水の入った2リットルペットボトルに換算すると、3本分。持てない重量ではありませんが、これを肩に乗せて移動するって……一般人がマネするとどうなるのでしょうか。


ポケモンストア 東京駅店

 というわけで、今回は「ピカチュウ相当の重量のペットボトル」を肩に掛けた状態で、「ポケモンストア 東京駅店」から上野にあるサファリゾーン(上野動物園)まで徒歩移動。約4キロを歩くあいだに、筆者の体がどうなるのかレポートします。


これがピカチュウ(相当の重量のペットボトル)


これで「ピカチュウを肩に乗せて歩いたらどうなるか」をシミュレーション

10時20分ごろ:東京駅を出発



 実際にピカチュウ(相当の重量のもの)を肩に乗せてみたところ、「そこまで重くはないな」という印象。ただ片方の肩に負荷がかかり続けるため、バランスを取るのはけっこう大変。自然とガニマタになってしまい、非常に歩きにくいです。

 また、重量がかかる側の腕で携帯電話を操作するのは一苦労。ポケモン図鑑を見るときも、ピカチュウにはいったん降りてもらった方が良さそうです。



10時40分ごろ:神田駅に到着


神田駅

 歩き始めてから約30分。最初は「オレもこいつ(ピカチュウ)と旅に出られるんじゃないか」と思っていたのですが、肩に鈍い痛みが出てきて「なかなか、なかなか大変だけど……」と早くも弱気になってしまいました。

 少し痛みがあるとはいえ、肩こりの延長線上という印象。これ以上ひどくはならないだろうし、大丈夫かな。


「ほらピカチュウ、川だよ。きれいだね」とワケの分からないことを言う余裕もありました。……このころはな!

11時5分ごろ:秋葉原に到着



 ……と思ったら、肩の痛みが強まってきました。「ひどい肩こり」から「ハッキリした肩の痛み」に進化したような感じです。

 おまけに、股関節まで痛くなってきました。おそらくバランスをとって歩くことで、足腰にもヘンな負担がかかっているのでしょう。



 ちなみに、秋葉原のゲームセンターでライチュウのぬいぐるみを見掛けて思い出したのですが、ピカチュウ(6キロ)からライチュウ(30キロ)に進化すると、体重が5倍に跳ね上がるんですよね。「アニメ版でピカチュウが進化しないのは、サトシの体がアカンことになるからなのではないか」という仮説が頭から離れません。


ライチュウのぬいぐるみを見て、つい足が止まる筆者

11時30分ごろ:上野アメ横に到着



 すでに肩の痛みは限界に達しており、ことあるごとに「かた……いた……」とつぶやくようになっています。

11時40分ごろ:上野動物園に到着


上野公園に続く階段


さらに進むと、ゴールの上野動物園

 1時間20分ほどかかって、ようやく目的地の上野動物園に到着。冒険の旅をしているサトシならもっと歩けるかもしれませんが、常人の筆者はもう限界。“肩こりLv.99”のような痛みに耐えられません。

 短い旅路でしたが、相棒のピカチュウ(と同じ重量のペットボトル)には肩から降りてもらいましょう。

 よっこらせと地面に下ろすと、思わず漏れる「か、軽い!」。うひょー、肩が軽い軽い、いくらでも回せる! もしかして、これが……本当のオレの……力(パワー)!?


やっと解放される……


よっこらせ


肩が軽い、軽いぞ!


うひょー!


……あっ

 い、いや……やっぱり肩、痛いわ……。

 一瞬、未知の力に目覚めたかと思いましたが、それはただの錯覚。結局、この後2日間、強烈な肩こりに悩まされました。「6キロのものを肩にかけて1時間移動する」というシチュエーションは日常生活でもありうると思うのですが、体にこんなにダメージがあるとは……。

 何食わぬ顔でピカチュウを肩に乗せているサトシは、やっぱり超人だと思います。常人である皆さんがポケモンと旅をする際は、ちゃんとモンスターボールに入れましょうね。


企画とは無関係ですが、この日は上野動物園の休園日。どうりで人が少なかったわけだ……

オケモト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」