インタビュー
» 2019年08月20日 18時00分 公開

連載「わが青春のインターネット」:「2ちゃんねる」誕生から20年 名無しさんたちに聞いた“昔ながらの匿名掲示板”の魅力と今なお存続する理由

SNS全盛の時代に、なぜ巨大掲示板群は生き残っているのでしょうか。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 ある程度の年代の人なら、かつて巨大掲示板群「2ちゃんねる」が、かなり“あやしい”存在だったことを覚えているでしょう。独特なネットスラングが飛び交い、リンク先はブラクラ、書き込んでいるのは匿名のユーザーばかり。「殺伐」「アングラ」などと形容されていました。

 しかし、当時の“名無しさん”たちに取材したところ、返ってきたのは「自分に友達が少なかった理由を教えてくれた場所だった」「いろいろなことに長けた人たちが集まった『サーカス』に見えた」「『個』が求められない心地よさがあった」。一般に根付いているイメージとは大きく異なるものでした。

 令和元年を迎えた2019年は、2ちゃんねる誕生20周年の年。Twitter、InstagramといったSNSが台頭した今でも使われ続けている“匿名掲示板の魅力”とは何なのでしょうか。


2004年時点の2ちゃんねる入り口(Webアーカイブより)



※“分裂騒動”により、2ちゃんねる関連サイトの名称はややこしくなっています。本記事ではかつての「2ch.net」を「2ちゃんねる」、そこから発生した「5ch.net」を「5ちゃんねる」、「2ch.sc」を「2ちゃんねる(sc)」と表記します

「ハッキング」から「今晩のおかず」まで

 話を伺った名無しさん3人(女性2人、男性1人)が、初めて書き込みをしたのはいずれも2004年前後。“2ちゃんねるの第一印象”について聞いたところ、その答えは三者三様でした。

 「『私ブスだから』という女子同士のよくある会話に『写真出せ』『ブスは来るな』と言っている人がいて、リアルでは考えられないヒドい世界にドン引きした

 「いろいろなことに長けている人たちの集まり。『サーカス』『びっくり人間大集合』のようなイメージ

 「あまり覚えていませんが、sage進行(※)とかの独自ルールに困惑した覚えがある

※sage進行:スレッドの表示順位が上がらない投稿の仕方を推奨すること

 「『ハッキング』から『今晩のおかず』まで」というキャッチコピーの通り、この巨大掲示板群はいくつもの「板」、その中に膨大な「スレッド」を抱えています。有益な情報が得られるところもあれば、誹謗中傷の温床になっているところもあり、笑える投稿が集まるスレもあるという、極度に雑多な空間。

 どの板を利用していたのか尋ねてみても、ある人は「生活の変化に合わせて化粧→メンタルヘルス→株式と変わっていた」、またある人は「10年以上、男性向けゲーム、漫画を見ている」とバラバラ。同じ2ちゃんねるでも見る場所や見方が違えば、抱く印象が大きく変わってしまうのは当然のことでしょう。


ニュー速VIPのスレッド一覧ページ(5ちゃんねる)。見ていると目がチカチカするほどズラーっと並んでおり、話題もバラバラ


3人の名無しさんが初めて書き込みをした2004年前後は、ちょうど「電車男」が注目を集めていたころ。関連の過去ログをまとめたWebサイト(キャプチャー画像)が作られたほか、書籍化、テレビドラマ化なども。当時の筆者には「会ったこともないオタク青年の恋路を、名無しさんたちが応援する」というポジティブな2ちゃんねる観が新鮮でした

名無しさんと関わるということ

  それでも、あえて“2ちゃんねるらしさ”を考えるなら、まず挙がるのは「匿名性の高さ」。正体不明の誰かと関わるなかで生まれる出来事もまた、一口に説明できるものではなかったようです。

 「気になる人ができて美容系スレを見ていたら、整形相談で『(手術するお金がないから)自分でエラを削りたいけどどうしたらいい?』『自分で脂肪溶解注射を打ちたい。注射器はどこで買える?』みたいなヤバい質問に即座に真面目なレスがついていて、2ちゃんの深さを思い知った

 「ノリでクソスレ立てたり(まとめサイトに取り上げられた)、ネタ投稿したりして遊んでたんですが、あるとき、VIPの年代スレで馴れあってみたら『漏れ女きめえ』(※)って言われて、ショックで半年ROMってました(※)

 「自分では知りえないようなゲームやマンガの情報が書き込まれていて、『こんなに詳しい人たち、実際には会えないんだろうな』と思ってました

※漏れ:「俺」を意味する、いわゆる「2ちゃんねる用語」。女性が用いることもあったといいます

※ROM:ROMは「Read Only Member(書き込みはせず、読むだけの人)」のこと。動詞化すると「ROMる」


SNSが国民的に広まった今では当たり前のことですが、1人で向かい合っているモニターの向こう側にも“誰か”がいました

 リアルの対人関係では起こりそうにないことも、2ちゃんねるでは起こりえます。取材時にはショックな出来事を聞くことも多かったのですが、それがある種の荒療治として、人間的な成長につながることもあったようです。

 「上京して友達ができなくて、とにかく暇で2ちゃんを見ていたころ、一度メチャクチャたたかれたことがあって(笑)。『スレの雰囲気に合わない発言してるぞ。空気読め』みたいなことだったんですけど、リアルではそういうことを怒られたことがなくて。

 自分のコミュニケーションのまずさに気付いて、友達が少なかった理由が初めて理解できたような気がしました。20年以上生きてきて面と向かって言われなかったことを、指摘されたのは大きかったです

 また、現実世界では難しいこのような匿名性は、「TwitterやInstagramといったSNSと、2ちゃんねるの違い」という観点でもキーになるようです。ここについては、取材対象3人の意見が比較的似ている印象を受けました。

 「SNSは自分自身を発信する場所、2ちゃんねるは共通のテーマを発信する場所だと思います。興味のベクトルが自分なのか、話題なのかという差

 「SNSは現実世界に近くて、社交辞令もモラルも建前もある。だから、モラルに反する投稿は全力で炎上するし、多少空気を読まない発言をしても、リアルな世界同様うやむやになってしまう。『建前無用で好きなことが書ける』という点では、2ちゃんの方が面白かった

 「2ちゃんでもコテハン(※)やスレ主(※)は目立ちますけど、基本的には『個』が求められない場所だと思います。匿名で使えたり、掲示板特有の口調で話すと自分ではないみたいに振る舞えたり。反対にSNSでは『個』が求められるので、ある意味、逆かなあ

※コテハン:固定ハンドルネームの略称

※スレ主:スレッドを立てた人のこと


電車男関連スレッドの一部。電車男が話題の中心になり、名無しさんたちの投稿が集まっています

“昔ながらの匿名掲示板”が生き残っているワケ

 誕生から20年が過ぎ、2ちゃんねるに始まる掲示板群の存在感は以前ほど強くありません。次から次へと新サービスが現れるインターネットの変化の速さを考えれば、これだけの期間、生き残っているだけでも驚くべきことでしょう。“昔ながらの匿名掲示板”はなぜ今なお存続しているのか、取材対象の1人はこう話してくれました。

 「私は現在、ボランティアとして5ちゃんねるの運営に関わっています。全体を把握しているわけではないのですが、私の分かる範囲だけでもボランティアスタッフは30人くらいいます。あれだけ『板』があるとけっこうな管理維持費がかかるでしょうから、人件費に予算を割くのが厳しいのかもしれません。

 5ちゃんねるを閉鎖させようとする人もいるんですけど、それでも維持できているのは皆の善意というか。運営側に金もうけのためではなく、『楽しむ場所を作りたい』という気持ちがあるから存続しているのだと思います

 強い愛情を感じさせる説明ですが、その一方で「同掲示板群がいつまで続くか」という話題になると、彼は俯瞰(ふかん)的な態度を見せました。

 「掲示板で新しいタイプのスレが現れたら、その影で古いスレが消えていく。新しいカテゴリーが現れれば、古いカテゴリーが消えていく。諸行無常というか、新しいものが定着すれば、古いものは廃れていくものだと思います。

 インターネット全体でもこういったサイクルは起こるので、2ちゃんねるから始まった掲示板群もいつかは廃れるんでしょうね


 2ちゃんねるを揶揄(やゆ)した表現に「便所の落書き」というものがあります。書き込み内容のヒドさなどが由来とされていますが、トイレで他人との交流を楽しんだり、情報交換したりする人はまず考えられませんから、あくまでも匿名掲示板の特徴を“部分的に捉えた”表現でしょう。

 2ちゃんねるをあえて比喩するならば「居酒屋などに置かれている、来店者が自由に書いていいノート」の方が実態に近いのではないか、というのが筆者の印象です。居酒屋のノートは不特定多数が開けますが、関わり方は人それぞれ。読むだけの人もいれば、熱心に書き込む人もいます。良いことを書く人もいれば、酔い方が悪いのか、そもそも性格が悪いのか、ヘンなことを書く人もいます。

 ですが、ある日、店主が「長年ノートを置いてきたが、もう撤去しよう。今はSNSが流行っているのだから、書きたいことがあるならそっちを使ってくれ。似たようなことができるだろう」と言い出したら、利用者たちはどう感じるでしょうか。

 FacebookにはFacebookの雰囲気が、TwitterにはTwitterの雰囲気があるように、今回取材に応じてくれた名無しさんたちは、SNSとは違う匿名掲示板の雰囲気、そこだから書き込めることを肌で理解しているようでした。

 もしも、その“昔ながらの匿名掲示板”がなくなってしまったら―― ちょっと大げさかもしれませんが、「ネット上の居場所」「表現したいことを表現する自由」を喪失したような感覚を覚える人が、少なからず現れるのではないでしょうか。


連載「わが青春のインターネット

この記事は、ねとらぼとYahoo!ニュースの共同企画による連載記事です。平成時代とともにに生まれ、育ってきたインターネット。これまで約30年、さまざまなWebサービスや出来事、有名人が生まれては消えていきました。かつて一世を風靡した「あのサービス」を振り返り、同時に今のネットの問題点を考えることでWebの栄枯盛衰や怖さを伝えつつ、失われることのないネットの楽しさの本質に迫っていきます。そして、令和時代のインターネットの将来について考えていきます。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.