ニュース
» 2019年07月05日 20時00分 公開

人はどれだけテレビから離れてゲームできるのか―― 画面からめっちゃ離れて戦う格ゲー大会「距離餓狼」レポ漫画

勝利のカギは「強い技」だそうです。そりゃそうか……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「人はどこまでテレビから離れてゲームができるか」がテーマの実験的格闘ゲーム大会「距離餓狼」が面白そうです。画面から数十メートル離れて戦うこの過酷な競技は、なぜ始まったのか? 発端から本番の様子まで、レポート漫画で明かされています。


アイキャッチ 確かに“餓えた狼”が遠くから獲物をうかがうような距離感ではある(そういうことではないが、種目が「餓狼伝説」限定というわけでもない)

 漫画の作者は、「THE KING OF FIGHTERS XIV」(KOF14)の「明天君」や「SAMURAI SPIRITS」(2019年版)の「呉瑞香」を演じた、声優にして漫画家の劉セイラ(@kkryu_k)さん。親によく「ゲームをするときはテレビから離れなさい」としかられていた子ども時代、「どれくらい離れればいいのか?」と疑問に思っていたそうです。それから時を経て2018年、不思議な縁でかつての疑問を検証するイベント「距離餓狼」に招かれることになりました。


1P

2P

 事の発端は2017年に開催されたKOFのイベント。劉さんが自ら明天君を操作し、来場者と同キャラ対戦をする企画で会ったのが、のちに距離餓狼を主催するコロッサス(@nameneko21)さんだったといいます。


3P

4P

 それから半年後にイベントは実現し、劉さんは招待されて見学へ。会場の広々とした体育館では、テレビとプレイヤーの席が異様に離れた舞台が設営されていました。


5P

 対戦前に選手が各自クジを引き、画面との距離(5メートル刻みで15〜30メートル)を決めて戦うのが基本ルール。より短い距離を引けたほうが有利となる変則ハンディキャップマッチですが、第1戦は両者とも25メートルを引きました。


6P

 かくして、おそらく世界初であろう試みは始動したわけですが、肝心の試合がなかなか始まりません。というのも、画面が遠すぎて見えず、使用キャラクターの選択すらままならないのです。選択画面の記憶が勝利のカギになる対戦、画期的すぎる。


7P

 どうにか試合を始めてみると、キャラの服が背景に溶け込んでしまったり、自分がどこにいるか分からなくなったり、ゲームの難易度をむやみに上げる問題が次々と露見。それでも選手は蓄積された技術を頼りに戦い、勝負を決着させました。なお、勝利者インタビューの質問「距離餓狼で勝つには何が重要か?」の回答は「強い技」。おそらく画面が全然見えないので、当たり判定に優れる技を連発して暴れるのが有効なのでしょう。


8P

 大会ではまれに「スペシャルルール」も発動。対戦前に30メートル走ったり、ぐるぐる回ってふらついてから決勝戦を始めたりと、会場の広さを生かしたハチャメチャな試合が展開されたそうです。それでも劉さんは、真剣にやれば「いいゲームでいい運動でした」と振り返りました。


9P

 コロッサスさんはほかにも、銭湯で戦う「風呂餓狼」や猫カフェでモフモフしながら遊ぶ「猫餓狼」など、ユニークな大会を主催。直近では「サムスピ」新作リリースを記念して、会場が酒蔵の「SAKENOMI SPIRITS」を6月29日に開催しています。どれも楽しそうで、見学だけでも楽しめそう。


画像提供:劉セイラ(@kkryu_k)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」