ニュース
» 2019年07月06日 12時30分 公開

「おしゃれって他人のためじゃなくて、自分のためにするものなんだ!」と気付いたときのお話 (4/6)

[てんもんたまご,ねとらぼ]

 去年の話なのですが、相方さんの急病と手術で毎日がめまぐるしいくらいに忙しい時期がありました。朝早く起きて仕事をこなし、毎日午後か夕方に病院に行き面会と必要な手続きをこなして、夜に帰ってくる頃にはぐったり。

 正直どんどん体力と気力が奪われていったのですが、どうしても私がふんばらなければいけない事情があったのです。

 そんなころ、だんだん「お部屋の模様替えがしたいな……」と感じるようになりました。オレンジやパステルイエローなどインテリアで、見るだけでちょっと元気がもらえるお部屋にしたいなー、などと考えていたのですが、いざ家に帰るとそんな力は出ません。



 考えた末にたどり着いた結論が「爪先をパステルイエローにしたらいつでも自分の目に入ってきて元気が出るのではないか!?」でした。これなら帰りに薬局に寄り道して、マニキュアと除光液を買うだけなのでお手軽です。



 早速実行してみました。自分でマニキュアを塗るのは初めてだったので、失敗も多く、塗っては除光液で拭き取り、塗り直して……を何度か繰り返してようやく、つやつやでかわいいパステルイエローの爪が完成しました。

 次の日の朝、眠たい目をこすって起きあがると、最初に目に入ったのが、パステルイエローの指先でした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.