「感動ポルノ」だけじゃなく、「炎上ポルノ」もあるよね―― ねとらぼ編集部員に聞く「お前の原体験はなんだ」 〜たろちん編〜ねとらぼの中の人インタビュー(3/4 ページ)

» 2019年07月07日 18時00分 公開
[イッコウねとらぼ]

「感動ポルノ」なんて言葉もあるけど、「炎上ポルノ」もあるよね

――炎上のハードルはどんどん下がってるように感じますね。

たろちん:多くの人がインターネットを使うようになった弊害だなと思う。僕らも含め、みんなゲスな話って好きなんですよ、太古の昔から。SNSでの失言とか、芸能人の不倫とか逮捕とか、そういう分かりやすいものに対して、「ダメだろ」「何やってんだよ」ってみんな言いたいと思うんです。明らかな正義側に立つことってすごく安心感のあることでもあるから。

――今のインターネットは“正しいこと”を発信すれば、いいねがもらえる、拡散される……みたいな空気がありますが、同時にたとえ内輪ノリであっても「正しいこと以外は言ってはいけない」という圧力も感じます。

たろちん:分かる。道徳の授業みたいだよね。「先生の前では言えないようなことを校舎裏で言える」みたいなインターネットだったのに、今は現実世界よりインターネットの方がよっぽど言動に気を付けないといけないじゃない? リアルもネットも含め、全然知名度が無い人でもインターネットでうかつな発言をしちゃうと“強い正義を持つ人”に叩かれちゃうし。

 そういう人って、とても強い正義感を持っていて「悪を正して何がだめなんだ」と思ってるから加減を知らない。過剰制裁っていうか……みんなで袋叩きにしたがるよね。

――「ポリコレ棒」なんて言葉もありますが、ネット上における罪と罰のバランスの悪さは多くの人が感じているでしょうね。

たろちん:適切な罰を与えて欲しいよね。軽い罪にはデコピン1発、とかさ。


たろ

――難しいですね。拡散されると「1人が1回デコピンする」で済まなくて、何千人がデコピンするような例もありますし。

たろちん:そうなると軽い罪なのに額に穴あいちゃうからね(笑)。

 でもホント、正論を言うのって気持ち良いからさ。本能に近いというか、「感動ポルノ」なんて言葉もあるけど、「炎上ポルノ」「正義ポルノ」もあるよね。そういうのって強烈な魅力があるから難しいんだよね。

――……なんかこういう話をしてると終わらないですね。

たろちん:いや、こんな話ばっかになっちゃうんだよ。っていうか、ずっとそういうこと思ってたんだよホントに!(笑)


「友達が欲しいです、リアルに!」と思って大学へ

――このまま進めると記事にできなくなっちゃいそうので別なこと聞きますね。なんで「たろちん」って名乗るようになったんですか?

たろちん:大学5年生(?)のときに……あ、まぁ順番に話していくと、中学生のときに「クラスの奴らとは話が合わん!」と思って、高校にも行かずインターネットばっかやってたら、「寂しい……」ってなって……。


たろ そうか、寂しかったのか

――(笑)。

たろちん:「友達が欲しいです、リアルに!」と思って大検を取って大学いってたんですよ、でも勉強する気なんてないからサークルばっか行ってたら、仲間に恵まれてちょっとリア充になれた。4年生になった時に仲間と一緒にサークルも卒業するんだけど、勉強してないから留年するじゃないですか

――当たり前みたいに言わないでください。

たろちん:で、友達がみんな卒業していって暇だったからインターネットに帰ってきて、ニコニコ動画でゲーム実況を始めたんだけど、そのときに「たろちん」って名前でゲームやったのがきっかけです。僕、本名が正太郎って言うんですけど、漫画の『バガボンド』で城太郎ってキャラが「たろちん」って呼ばれてて、まあそこからきてます。

 酒飲んで喋る友達がいなくなったからかわりにインターネットに向かって喋ってただけなんだけど、なんかそれがきっかけでライターを始めることになって、当時フリーのゲームライターやってた池谷さん(ねとらぼの副編集長)と知り合って、今につながってるんですよね。

――ところで、これはウチの編集長がどうしても聞いて欲しいと言ってたので聞きますが、たろちんさんの「ちん」にはどういう意味があるんですか? やっぱりなんか卑猥な意味が込められてるんですか?

たろちん:全然込められてません。


たろ 全然込められてなかった

ゲーム実況のパイオニアから見る最近のゲーム実況

――たろちんさんといえば、ゲーム実況のパイオニアだと思うんですけど、昔と比べてゲーム実況も変わりましたよね。

たろちん:まずパイオニアでもなんでもないということは強調しておきますが、まあめちゃくちゃ変わったと思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  2. /nl/articles/2405/26/news042.jpg 「これはヤバい」 ハードオフに6万6000円で売っていた“まさかの楽器”に仰天 「安すぎない?!」「家に欲しい」
  3. /nl/articles/2405/26/news008.jpg ビオトープを立ち上げて1カ月半後、衝撃的な生き物が住み着いていた! 「生命の力に感動」「聞いたことない……」と驚きの声
  4. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. /nl/articles/2405/26/news002.jpg 1歳息子、乗っている車が洗車機に突入した瞬間…… かわいすぎる反応に「愛おしい!」「何回も見ちゃった」
  6. /nl/articles/2405/25/news034.jpg 「号泣しちゃう」 引きこもり気味の男子が“垢抜け” → その大変身に「おおお!」「凄い」と驚きの声
  7. /nl/articles/2404/28/news005.jpg 「とんでもないものが売ってた」 ハードオフに“33万円”で売られていた「まさかの商品」に思わず仰天
  8. /nl/articles/2405/26/news005.jpg 生後1週間の三毛猫4姉妹が1年後…… “女優”のような風格への変貌に「すご〜い!」「すっかりレディ」
  9. /nl/articles/2405/23/news182.jpg ごみ箱上の微妙なスペース→“100均材料”でおしゃれな棚が爆誕 630万再生の神アイデアに「やってみたい」「天才」
  10. /nl/articles/2405/25/news022.jpg 432の平方根を求めよ 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【番外編・中3数学】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評