ニュース
» 2019年07月11日 19時30分 公開

ほろ酔いになると父がいつもしてくれた話 終戦後の食糧難の時代、孤児に食べものを分けた実話漫画に称賛

優しいお話にじーんと来る。

[林美由紀,ねとらぼ]

 終戦後の食糧難の中で、孤児に食べ物を分けた実話を描いた漫画「柿の木」が称賛を集めています。作者・泉福朗(@okaeri_eripiyo)さんのお父さんが体験したことを描いたお話です。


柿の木05 孤児に柿をあげて叱られた、その理由は

 終戦の年(1945年)の秋、当時8歳だった少年(泉さんのお父さん)の家は空襲の被害を免れ、広い敷地を利用して自給自足を行っていました。ある日、敷地内の柿の木に登って柿を食べていた少年は、塀の外で落ちている柿を拾って食べている孤児の姉弟を見つけます。少年は、落ちているのは渋柿なので食べてはいけないと声をかけ、木の上から甘い柿を投げてあげました。喜ぶ2人を見て少年は良い気分になり、それから毎日2人に柿をあげていました。


柿の木01 終戦後の秋の話


柿の木02 姉弟に家の柿をあげる少年

 そのうち甘柿のシーズンが終わり、あげられるものがなくなってしまった少年は、家の中の干し柿に目をつけます。しかし父親に見つかり、「大人たちが苦労して作った大切な食料は何もしてないお前が勝手に持ち出して良いもんじゃない」と叱られます。さらに、「毎日のように孤児に柿を投げてやってるというのは本当か」と問われ、それを認めるとゲンコツをされてしまいます。

 「人様に物を差し上げるのに上から投げ与えるとは何ごとだ! おまえはいつからそんなに偉くなったのだ」と父親は叱り、おわびに次からは家に入ってもらうよう少年に伝えます。その後、孤児たちは少年の家で一緒にごはんを食べられるようになり、冬になると親戚に引き取られて行きました。その女の子が初恋の相手だったと、泉さんのお父さんはほろ酔いになるといつもこの話をしてくれたそうです。


柿の木03 甘柿の季節は終わったので家の干し柿をあげようとして……


柿の木04 お父さんの教えが素晴らしい

 みんなが生きるのに必死だった戦後の時期に、柿をあげた泉さんのお父さん、食べものの大切さを教え、ふるまいを叱りつつも、孤児を受け入れたお祖父さんの教えがステキです。泉さんによると「早世した祖父は慈悲や慈愛が人の基本と考えていたそうで、その考えを、次は父が私に伝えてくれました」とのことで、とても温かい考え方ですね。

 漫画の読者からは「この時代に、わが子にこういう教えをなされたお父上(作者の祖父)が素晴らしい」「孤児の姉弟に食べ物をあげるお父様も、人としてやってはいけない事を叱りながらも孤児を受け入れるお爺様も本当に素敵」「無関係の人を施しではなく助け合う精神を説き実践されたおじい様の心意気に打たれました」「職場なのに泣きそうになりました」など、胸を打たれたというコメントが寄せられています。

 作者の泉さんは、『海王ダンテ』『ポセイドンの財宝』の原作を担当。Twitterでは毎週木曜日にエッセイ漫画を公開しており、「柿の木」もその一環として投稿されました。

画像提供:泉福朗(@okaeri_eripiyo)さん

泉福朗さんの書籍(Kindle Storeで配信中)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」