レビュー
» 2019年07月19日 14時45分 公開

今夜スタート「凪のお暇」 自分がない主人公とモラハラ男とメンヘラ製造機、予想外のキャスティングはどうなる?(2/2 ページ)

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

キャスティングに不安を覚えた

 人間を美化せずに描くこの作品。決して現実離れした内容じゃない。だから、ドラマ化にあたってキャスティングはしやすいと思っていた。

 まず、凪について。正直言うと、原作を読んで黒木をイメージした人はいなかったと思う。全く予想外の人選。本音を言うと……心配だ。原作とは違う“実写版凪”を彼女がどう表現していくのか、見届けたいと思う。

 続いて、慎二について。彼は若くて勢いのある営業のホープ。ノリと地頭で結果を残す20代で、しかも「好きな女の子にキツく当たってしまう」という小学生のようなどうしようもなさを見せたりする。このキャラクターをアラフォーの高橋一生が演じるというのも驚きだった。慎二の持つ個性は若さで許されてる部分が大きいので……。やはり、少し不安だ。慎二の持つチャラさを高橋が表現できるかも未知数である。

 慎二に限らず、全体的にキャスティングの年齢層が原作より高めである。原作に寄せる気があまりなかったかのような印象さえ受けている。この違和感はいつか払拭されるのか、それとも最終回まで続くのか?

結構、重いストーリー

 人間は善悪の二極化で判断はできない。自販機の釣り銭を拾い集める老婆が豊かな日々を送っていたり、怖そうな八百屋の店員が実はすごく優しかったり。そして、慎二もゴンもなんだかんだ憎めない男たちだ。人には汚い部分がある。だけど、捨てたもんじゃない。そう思わせてくれる物語。毎週末、元気をもらえることも、逆に見ていて辛くなることもきっとあると思う。結構、重い話なので。

 人間を美化して描かない「凪のお暇」の第1話は今夜10時からスタート。初回15分拡大版だ。

寺西ジャジューカ

ライター

Facebook

まつもとりえこ

イラストレーター&ライター

Twitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む