「自分の顔を直したい」という強い気持ち エッセイ漫画「自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話」インタビュー(2)

「『きれいになりたい』というより『直したい』という感覚」。

» 2019年08月13日 12時00分 公開
[直江あきねとらぼ]


 どうして私はこんなにもブサイクに生まれてしまったのだろう―― 整形の体験談を描いたエッセイ漫画「自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話」。なぜ“顔を変えよう”と思ったのか。それによって、内面的にはどのような変化があったのか。著者・愛内あいるさんにインタビューしました。漫画本編もあわせて掲載します。(聞き手:直江あき

漫画「自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話」とは?

 「整形して人生変えたい。自分を好きになりたい」

 幼少期から10年以上、ブサイクな顔に苦しんできた日々。そんな人生を変えるために選んだのが、「整形」だった――生きづらい人生の葛藤と解放を描いた、衝撃のノンフィクションマンガ。

著者プロフィール:愛内あいる(Twitter:@aiuchi_airuInstagram:@aiuchi_airu

漫画家。愛知県出身。「ブサイクなので整形に行った話」がTwitter公開後に反響を呼び、生きづらい葛藤と解放の記録を描いた『自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話』(KADOKAWA)を刊行、現在その後を描いた「結婚したいモンスターになった私の話」講談社漫画アプリPalcy(パルシィ)にて連載中。
























その他の一部エピソード、購入先などはWebマンガ誌「コミックエッセイ劇場」に掲載されています


「自分の顔を直したい」という気持ち

―― 今回は整形したいと思いながらも、不安を感じていたというエピソード。踏み切るには勇気がいるものなんですね。

 そのころ(約10年前)は整形に関する情報がほとんど出回ってなくて……。美容整形クリニックのWebサイトで手術のビフォーアフターをよく見ていましたが、それ以外は2ちゃんねるか、mixiか、知恵袋かという感じでした。

 結局、「埋没法」というまぶたを糸で縫う手術方法で二重にしてもらいました。金額も約10万円で私の用意できる範囲でしたし、切開せずに済むやり方だったというのもあります。切るのは怖かったので。

―― 整形に向けて準備などはしていましたか?

 親の同意なしの整形は20歳以上にならないとできないんですが、当時は19歳でした。相談したら確実に反対されると分かっていたので、「早く20歳になりたい」「それまでに手術費用をためよう」と思っていて。20歳の誕生日が来たら、すぐクリニックに予約の電話を入れました。

 整形は学生なら夏休みや春休み、社会人はお盆休み、転職のタイミングなどの長期休みに行うのが一般的らしいんですが、私は有給を1日だけ取得し、土日を含めた3連休を使いました。「とにかく早くやりたい」「自分の顔を直したい」という気持ちが強くて。

―― 顔を“直したい”ですか。

 うまく言えないんですけど「きれいになりたい」というより「直したい」という感覚でしたね。

整形で初めて“自分の人生を自分で決めた”

―― 「整形したいけど不安」から「整形したい」に変わった理由は?

 すごくきれいな友達がいて恋愛相談もしていたんですが、その子が私の好きな人と付き合っちゃったんです。それで「やっぱり顔を変えるしかない」と思うようになりました。

 まあ、今となっては「単純に友達の方がタイプだったんだろうな」と思うんですけどね(笑)。彼女は私と違っておしとやかな性格でしたから、外見以外のいろいろな要素も影響して、ああいう結果になったんじゃないかなあ。

 でも、当時はそんな風に考えられなくて「好きな人がかわいい子に取られた」という気持ちで頭がいっぱいで、その悔しさをバネに整形することにして。まだ若くて自分の世界や知識が狭かったから、全て自分の顔のせいにしてしまったところもあるのかな。

―― 整形して自分の中で変わったことは?

 私の場合、整形は「外見が変わる」とは別に“反抗期”のような側面があったと思います。

 というのも、それまでは親の言うことが絶対で「良い高校に行き、良い会社に入り……」みたいな感覚。地元のきちんとした会社の正社員になって、実家で親の目が届く範囲で生活してました。

 自分の意志で何かを決めた経験があまりなかったんですよね。だから、どうしても自分に自信が持てなくて。

 整形は自分でお金を稼いで、自分1人で同意書を書いて、全部自分の責任でやりましたから、私にとっては“自分の人生を自分で決める”という初めての体験だったんです。

(続く)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news019.jpg 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. /nl/articles/2401/26/news015.jpg スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  3. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  4. /nl/articles/2405/27/news066.jpg パンイベント中止で被害200万円以上も 出店者「本当に悔しい」「破棄せざるをえない」と強い憤り
  5. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  6. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
  7. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  8. /nl/articles/2405/26/news006.jpg 【今日の計算】「81÷9+31」を計算せよ
  9. /nl/articles/2405/27/news030.jpg 大型ワンコが必死で隠す「最愛の小さな友」 190万再生の友情に「なんて優しい組み合わせ」「心から信頼して甘えてる」
  10. /nl/articles/2405/23/news120.jpg 坊主頭を1年伸ばしたら……  “別人レベルの変化”に530万再生 「たった1年でこんなにも変わるんだ」【伊】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評